So-net無料ブログ作成
検索選択

「好き」と言うのに「付き合って」と言ってくれない男性の心理 [恋愛の悩み]

620100.jpg


2人でデートの機会が増え、恋人のような関係になった男性。いつ付き合ってもおかしくないような関係で「好き」と言ってくれるのに、付き合ってと言ってくれない…。


そんなお悩みを持つ人もいるのでは?ここでは、「好き」と言うのに「付き合って」と言わない男性の心理についてご紹介します。



●他に本命の人がいる


言葉で好きと伝えてくれることがあってもその先に繋がらないのは、他に本命の人がいる可能性があります。


彼の「好き」というのは、愛ではなく社交辞令だったり、ただ単にタイプだったりということなので重くとらえてはいけない場合も。


相手の「好きだ」という言葉を真に受けてこちらからアプローチしたものの、あまりいい思いをせず終わってしまった…ということがあるかもしれません。


まずは他の人にもそのような対応を取っているのか、しっかり知る必要があります。



●軽い感じで言いたくないと思っている


これは先ほどの軽い感じとは真逆で、深く考えすぎてしまっているパターンです。


好きだということは伝えられるけど、付き合うということを軽々しく口に出したくないと思っている可能性も。


真面目に将来のことを考えているからこそ、簡単に言い出せないのでしょう。時には真面目すぎ、シャイすぎて「付き合って」と言ってくれないパターンもあるのです。



●元カノと別れたばかり


彼女と別れたばかりで、周りの目が気になっているということも考えられます。


特に元カノと長く付き合っていて別れた場合、その直後にすぐ別の彼女ができたら周りの視線は必ずしも優しくはないでしょう。


すぐ彼女を作る軽い男だと思われるどころか、タイミングが悪いと浮気すら疑われかねません。


周りの目を気にして付き合いたいと思っていても、なかなか言い出せない可能性もあるでしょう。



●付き合う覚悟がない


付き合うことになりこれからの時間をカップルとして過ごすという覚悟がない場合があります。


当然付き合ったら相手のことを第一に考えないといけない時が多くなりますし、誠実な態度を見せなくてはいけませんが、それが嫌だと思っているかもしれません。


また年齢が上がるにつれ、結婚というものを考えるようになり、その覚悟がないということも考えられます。


付き合うより、好きという気持ちだけで遊んでいる方が楽でいいと考えてしまっている男性はいるものです。



●自分が傷つきたくない


これが1番大きい理由にあるでしょう。


好きだという気持ちを伝えたところでさほど自分が傷つくことはありませんが、付き合って欲しいと伝えてフラれた場合傷つくことを考えてしまうのは当然かもしれません。


まだお互いに想っていることがわかっていない状態での告白はリスクでもあり、それを恐れている男性はいるものです。


付き合ってと言ったことにより今までの関係が崩れるくらいなら、「好き」と伝えるだけでいいと思ってしまうのかもしれません。



いかがでしたか?軽い気持ちで「好き」と言ってくる男だけではないのかもしれませんが、いかなる時も注意は必要です。


相手の真意を理解して、自分が傷つくことがないようにしたいですね。



Original Design
  らちたるや 



nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました