So-net無料ブログ作成
検索選択

乾燥肌の原因と対策 [ボディケアの悩み]

344591.jpg


あなたの肌、カサカサと白く粉を吹いちゃったりしていませんか?そんな身体、男性には見せられませんよね。


乾燥は美容にとって一年中の課題ですが、特に酷くなるのが冬です。保湿クリームなどで毎日しっかりケアしているのに、全然肌が潤わないという悩みを持つ人も多いのではないでしょうか。


乾燥肌の原因には意外なものも色々あります。ここでご紹介するものの中に、あなたの肌が乾燥しちゃう理由も見つかるかもしれませんよ。



●寒さ対策ができていない


「寒さと乾燥は直接的な関係がないんじゃないの?」と思われるかもしれませんが、実は寒さを無理に我慢してしまったりすると、全身の血の流れが悪くなり、皮膚への栄養も行き渡りにくくなります。


当然皮膚に運ばれる栄養というのは水分も含まれますから、肌が乾燥するのは当たり前なんです。節約目的などで、寒さを我慢してしまうと逆に美容品のお金がかかってしまうかもしれないので、注意しましょう。



●洗顔をしすぎている


乾燥肌というのは、本来出るべき皮脂が皮膚から奪われてしまっているということです。毛穴の汚れなどが気になり、洗顔をしっかり行う人は乾燥を招きやすくなってしまいます。


メイククレンジングなどでも、皮膚から必要以上に油を取ってしまうことがあるので、要注意。ある程度は油も必要だということを意識し、洗顔の後はすぐに保湿ケアをすることを忘れずに。



●日焼け


冬の紫外線にも気をつけなければなりません。冬は意識しないと、UVケアが甘くなってしまいますよね。でも、紫外線は冬でも降り注いでいます。そして紫外線が肌に当たることによって、肌の水分が蒸発してしまうのです。


紫外線は、雨の日でも屋内でも一年中気を抜けない相手です。少しだけなら大丈夫と思っていると、のちのち後悔することになるかもしれませんよ。



●長湯のしすぎ



冬はゆっくりとお風呂に入ってリラックスしたくなりますよね。でも、あまりにも長湯をすると肌がふやけてきます。この状態は、肌を乾燥させる原因になってしまうのです。


温かい湯船に浸かって全身を温めることは重要ですが、よぼよぼのおばあさんの手のように肌がふやけるほどの入浴は避けましょう。



●たんぱく質が足りない


ダイエットなどをしている人は、食事を気にしすぎて、栄養素が足りない場合があります。肌はたんぱく質からできています。たんぱく質不足から、肌の潤いがなくなってしまうことがあるのです。


野菜を多めに取って、肉などはあまり食べないなどの食生活を続けると、乾燥肌の原因にもなりかねません。たんぱく質を摂らないと、肌のターンオーバーも正常に行われないので、注意しましょう。



いかがでしたでしょうか。あなたが対策できていない問題はありましたか?ここでご紹介した項目に注意しつつ食べ物や保湿ケアもしっかり行うことで、しっとりとして潤いのある、素敵な肌を手に入れてみてくださいね。





美容効果のあるホットドリンク [かんたん美容法]

317805.jpg


あなたはどんなホットドリンクが好きですか?寒い冬は身体がぽかぽか温まるものを飲んで、体温を下げないようにすることが美容のためにも大切です。


ホットドリンクとひと言で言っても、中身はさまざま。いつも同じ物ばかりだと飽きてしまいますよね。そこで、美容効果のあるホットドリンクをご紹介します!



●ジンジャーホットミルク


ホットドリンクの代表と言ってもいいのが、ホットミルクですよね。牛乳には気分を落ち着かせてくれる効果があるので、眠れないときなどに飲んでいるという人も多いかもしれません。


そのホットミルクに生姜を加えて、美容効果までアップさせてしまいましょう。生姜には身体を温める作用があるので、ぽかぽかとして、新陳代謝もよくなりますよ。生姜の代わりにシナモンでもOKです。



●ホットワイン


お酒が飲めるという人におススメなのは、ホットワインです。ワインに含まれるポリフェノールには抗酸化作用があるのはご存知の方も多いでしょう。


赤ワインにハチミツとシナモンを足して、沸騰する直前まで温めればできあがり。蜂蜜は抗炎症作用があるので、喉が痛いと思ったときにも最適ですよ。



●白湯


白湯はホットドリンクじゃないのでは?と侮ってはいけません。白湯には、血液循環を促して、血液のなかの老廃物を排出し、美肌効果を促進する働きがあるのです。


白湯を作る方法は至って簡単。やかんでお湯を沸かしてから、そのまましばらく放置して冷まします。50度前後になってから飲むのが一番いいです。



●ハチミツレモン


レモンにビタミンCがたくさん入っていることはみなさん当然のように知っているでしょう。さらにレモンにはクエン酸が多く含まれているため、疲労物質や脂肪を溜め込まない身体を手に入れることができます。


先ほどもご紹介した蜂蜜の抗炎症作用にプラスして、レモンの美容効果も期待できるホットドリンクです。レモンで太りにくくなるのは嬉しいですよね。



●ハチミツきなこ豆乳


大豆に含まれるイソフラボンが美容にいいということは知っていますか?活性酸素を減らしてくれるので、しみやシワなどを改善してくれます。また女性ホルモンと似た働きを持っているため、バストアップに効果があるんです。


イソフラボンはホルモンバランスを整えてくれたり、自律神経を正常に働かせてくれたりします。そのため、眠れない夜などに飲むのもオススメです。



いかがでしょうか?今まで試していないホットドリンクはありましたか?もしあったら、ぜひ心も身体も温まるホットドリンクでリラックス&リフレッシュしてみてくださいね!





ニキビにサヨナラする方法 [ニキビの悩み]

073744.jpg


ほっぺにニキビができてしまうと、化粧やおしゃれなど、やる気を失ってしまいますよね。そこで、ニキビにサヨナラする方法を5つご紹介します。



1.ファンデーションではなくベビーパウダーを使う


ニキビで困っているときに、ファンデーションを使うのはNG。ファンデーションは石油由来のものが多く、肌への負担がある上、ニキビの中に成分が入り、ますます悪化してしまいます。


そこでオススメなのがベビーパウダー。主原料は若干異なりますが、主にトウモロコシから取れるコーンスターチと、滑石という水酸化マグネシウム等を含む鉱石であるタルクです。


最近では、それらを基本に、保湿成分や安らぐ香りなどが加えられ、美容に効果的になっているため、ニキビ肌にも優しく、美肌に導いてくれるそうです。



2.髪がニキビに当たらないようにする


ニキビは刺激を与えると悪化してしまうもの。そのため、髪がニキビに当たらないように気をつけることは大切です。邪魔なときは、髪を後ろに結んだり、耳に髪をかけたりしましょうね。



3.脂っこい食べ物を避ける


脂っこい食べ物を摂りすぎると、肌の皮脂を増やし、ニキビの原因になってしまいます。そのためバター、チョコレート、インスタントラーメン、スナック菓子などはニキビが出来た時は極力控えておきましょう。



4.ビタミンB群を摂る


「ビタミンB群」には、皮脂の分泌を防ぎ、肌代謝を良くする働きがあります。ニキビにサヨナラするには、必要不可欠な栄養素と言えます。


「ビタミンB群」はトマト、ほうれん草、納豆、肉の赤身、カツオ、マグロ、サケなどに多く含まれているので、積極的に取り入れてみましょう。



5.生理前はしっかり眠る


皮脂の分泌量は、生理周期によって変わります。生理前に分泌される「黄体ホルモン」には、皮脂分泌を高める働きがあり、ニキビができやすくなります。


生理前は夜更かしをせず、よく寝て、ホルモンの過剰分泌を抑えるようにしましょう。



いかがでしたか?これらの方法で、ニキビのない頬になって、毎日お化粧やオシャレを楽しみたいですね。





かかとのヒビ割れを防ぐには? [ボディケアの悩み]

272111.jpg


冬は乾燥が厳しく、顔や手の肌荒れとともに、「かかとのヒビ割れ」も気になってしまいますよね。そこで、「かかとのヒビ割れ」を防ぐ方法をご紹介します。



1.履きやすい靴を履く


きついパンプスなどを履いていると、足に大きな負担がかかります。履きにくい靴は、かかとの角質に刺激が加わり、ヒビ割れを起こしてしまいます。


できたら、毎日スニーカーで過ごすことがオススメですが、ブーツやパンプスを履く場合も履きやすい靴を選ぶように心がけましょう。



2.アロエ配合の「クリーム」と「ワセリン」を塗る


足の裏は体の他の部分と違い、皮脂を分泌する皮脂腺がなく、角質が刺激や乾燥から足を守ろうとします。そのため角質がダメージを受けると、乾燥してしまいます。


皮脂腺がない分、日頃から、保湿をすることがヒビ割れを予防するためには必要と言えます。中でもアロエ配合のクリームは、保湿効果バツグン。


天然の成分なので、肌への刺激もありません。さらにワセリンを塗れば、保湿成分を上からカバーするため、より乾燥を防ぐことが出来ます。



3.おやつに「ナッツ類」を食べる


足を潤わせるためには、「ビタミンE」が必要不可欠。「ビタミンE」には、皮膚の代謝をアップしたり、肌の細胞を蘇らせる効果があるのです。


ナッツ類に豊富に含まれるので、スナック菓子の代わりに食べてみてはいかがでしょうか?



4.乾燥する暖房器具は避ける


冬は寒さを凌ぐため暖房やホットカーペット、コタツを使いますが、これらも長時間使用すると足を乾燥させる原因になります。


加湿器を併用したり、暖かい靴下を履くなど、足元も乾燥を防ぎ、適度な湿度を保つよう心がけましょう。



5.清潔にする


かかとのヒビ割れは「乾燥」、「刺激」そして「水虫」の3つが主な原因。乾燥や刺激を控えても水虫になってしまってはかかとがカサカサになってしまいます。


お風呂の際は足の指の間までしっかり石鹸で洗い、使用するタオルやバスマット、身に付ける靴下やタイツは清潔に保ち、水虫を予防しましょう。


もし水虫になってしまった場合は、専用の薬を使用したり、皮膚科に相談して、他の人に移さないようすぐに治しましょう。



いかがでしたか?かかとのヒビ割れは、男性からも敬遠されてしまう原因にもなります。しっかり治して、ツルツルのかかとを目指しましょう。





心理学を使った恋愛テクニック [恋愛スキルアップ]

132596.jpg


いつも好きになった人をゲットしている人が、共通して実践している恋愛テクがあることが明らかになりました。それは“深層心理”を利用したものです。


恋愛は、人間の心理に働きかければ意外なほど簡単にできるもの。そこで、心理学を使った恋愛テクニックをご紹介します。



●「YES」を使った会話


本当に聞きたいことを聞く前に、「YES」と答えさせるような複数の質問をします。連続して肯定の返事をした後には、そのまま肯定の返事をしたくなるそうです。


このテクニックは、絶対に誘いを断られたくない告白のタイミングに使うことができそうです。



●選択肢2つから選ばせる


人間は自由度の高い質問ほど選びにくいもの。「土曜日か日曜日、ご飯行こうよ」と2択の選択肢を与える方法で誘えば、“2人でデート”という第1段階のハードルを飛び越えることができます。



●ネガティブな話を聞いてあげる


男性が女性に不安を吐露しているシーンを見ることってあまりないですよね?しかし、男性だってネガティブな感情を持っています。


気になっている男性の悩み相談を積極的に聞くようにすると「癒される」「もっと話を聞いてもらいたい」という気持ちになるそうです。



●左側に座る


左側に座ると右脳に働きかけることになります。「恋愛は右脳でするもの」つまり、男性の左側に座っている女性のことはちょっと意識してしまうということ。飲み会などでは、男性の左側をキープするようにしましょう。



いかがでしたか?「恋愛が上手くいかない」と悩んでいる人も、この方法を使えばスムーズにいくようになるかもしれません。





雰囲気美人になるには? [モテない悩み]

002307.jpg


「今すぐ美人になりたい!」と思ったこと、ありませんか?モデルさんのようにスリムなボディや、整った顔立ちでなくても今すぐ美人に見せる方法があるんです。


美人にはなりたいけど、食べたいものを我慢したり、つらいダイエットはしたくない!そんな時ズボラ女子は、メイクやお洋服をちょこっと変えて“雰囲気美人”になっちゃいましょう。


誰でもカンタンに真似できるテクばかりですよ。



●ふんわり愛され顔チーク


いつものチークの入れ方、あなたはどうしてますか?小顔に見えるように斜めにのせたり、もしくはチークは使わない、という方もいるのでは。


“雰囲気美人”になるためにはまず、ピンク色のチークが必要不可欠。あまり濃いピンクより、肌なじみのいい可愛らしいピンクをチョイスしましょう。


そしてチークブラシで、目の下にふんわりまあるく円を描くようにのせてみて。まるで赤ちゃんのように、自然に頬が染まった可憐な顔になれます。



●甘めのブラウンヘア&ゆるめの巻き髪


サラサラの艶髪って、キープするのが本当に大変ですよね。クセや絡まりがひどい時は、コテでゆるめに巻いてしまえばなんとなく可愛く見えるものです。


巻く前にはヘアオイルや、カールミストでケアするのを忘れずに。



●今、最も旬なアイメイクは、“愛され顔”への近道


女子に人気の、目尻を跳ね上げるキャットラインや、つけまつげなどのデカ目メイクは、ケバく見えてしまうだけでなく、相手に気が強そうな印象を与えてしまいます。


今、最も旬のアイメイク「困り顔メイク」と「涙袋メイク」は、ぜひ積極的に取り入れたい美人メイク。困り顔をつくるには、眉毛の山を気にせず、眉頭からほぼ均一にパウダーを引き、細くするのは眉尻だけにしてみて。


涙袋には、パール感のあるピンク系のホワイトシャドウがベスト。どこかあどけなさのある、旬の愛され顔になれますよ。



●パッと印象を変えられるホワイトニット


冬場は特に黒い服がクローゼットに増えがち。楽にモテたいなら、いつもは着ないようなキレイめ白ニットを買い足してみて。


白い服は、若々しく見せるだけでなく、肌をキレイに見せる効果もあるので、“雰囲気美人”必見アイテムです。



●すっぴんアイのような、ナチュラル系コンタクト


目が悪いし楽だから普段はいつもメガネ、というあなた。メガネはパッと見、地味コちゃんに見えちゃったり、せっかくがんばったメイクを隠してしまったりで、あなたの美人度を下げるキッカケになります。


ただコンタクトと一口に言っても、直径や色の違いなど種類は様々。自分の黒目よりほんのすこしだけ大きなレンズをチョイスして、色は黒や自然なブラウンをつけると、ナチュラルに瞳を大きく見せることが出来ます。



いかがでしたか?どれもカンタンで、今すぐ実践できることばかり。要点を抑えて着飾れば、誰でも“雰囲気美人”になれちゃいます。


ヘアメイクの際のイメージは女子アナウンサーのように、やりすぎない可愛さを意識してみて。グッと女性らしさが増したあなたに、異性からの見る目も変わるはずですよ。





さまざまな香水の使い方 [女磨きの悩み]

246393.jpg


疲れている時や気分が落ち込んでいる時に、香水をつけるだけで気分が上がり、女性としての品を感じさせてくれるように感じたことはありませんか?


香りは気分を上げてくれるだけでなく、女性ホルモンをアップする効果もあり、女性にとっては欠かせないアイテム


試しに、香水を頭の上でシュッとひと吹きして、その下をくぐってみて下さい。不思議と優しい気持ちになり、心に余裕が出てきて自分が女であることを意識することができるはずです。



●香水はつける場所によって効果が違う!?


・耳のうしろ・・・比較的体温が高いので、ほのかに香ります。


・手首・・・静脈のうえに付けるのがポイント。とてもよく香るので効果的です。


ウエスト・・・あまり知られていませんが、香りが露骨に出ないので、マナーを重視した会食などに最適です。


・髪の毛・・・毛先に少し付ければ、動くたびに香るいい女を演出できます。


どのように香らせたいかで場所を変えてみてはどうでしょうか。次は、ワンランク上の女性を目指す香水の楽しみ方をご紹介します。



●玄関やリビングを優雅に


最近では見た目も気にならない消臭剤・芳香剤もありますが、ひと手間かけて香水を使うと優雅な気持ちになりますよ。


方法は、厚手の紙やコットン等に香水を吹き付けて玄関やリビングの入り口に置いておくだけ。ただし、玄関等に直接吹きかけるのはNGです。



●リッチな入浴を演出


お風呂にお気に入りの香水を2,3滴落とすだけで、バスルーム全体によい香りが広がり、ちょっとリッチな気分が楽しめます。



●安眠効果


コットンなどに香水を吹きつけ、枕元に置いておくと、安眠効果が得られたり、シトラスの香りは明るい気分で目覚められるなどの効果があるので、目的や気分に応じて使い分けましょう。


ただし、つけすぎには注意して!



●さりげなく香るイイ女に


名刺ぐらいの紙に香水を吹き付けたものを二つ折りにして財布に入れておくと、財布を開けるたびに香りが漂ってきます。


また、ハンカチ手のひらサイズにおり、その内側に香水をひと吹きしてバックに忍ばせると、バックを開けた時や、ハンカチをひざに広げるたびに、いつでも香りを楽しむことができます。


また、香水の瓶は部屋に置いておくだけでも、いい香りが漂ってくるようで優雅な気持ちになるので試してみてください。



香水のつけ方や活用法こそ、まさに“センス”の見せどころ!まわりの人から心地良く受け入れられる香水のつけ方を研究して、ワンランク上の女性を目指してみませんか?





過食を止めるには? [ダイエットの悩み]

092966.jpg


開けてしまったスナック菓子をついつい最後まで食べ尽くしてしまったり、寝る前なのに、こってりとした夜食が食べたくなったりしていませんか?


しかし、食欲を無理やり抑えこむのも、ストレスになって余計食べてしまうことになりかねません。そこで、できるだけ緩やかに過食にストップをかける方法をご紹介します。



1.散歩をする


食欲を紛らわせるには、運動をしたり、気分を変えることが効果的。散歩をして体を動かし、景色がキレイな場所や、本屋やビデオ店などへ訪れれば、気分転換も出来ておすすめ。


ダイエット関連、ファッション関連の雑誌やビデオをチェックしてみると、ダイエット意欲が高まってより過食を抑えられるはず。



2.空腹を感じた時の低カロリー食を決めておく


どうしても我慢できない時に安心して自分に許せる食べ物を決めておきましょう。甘いものなら大豆商品やココア類、しょっぱいものなら春雨サラダなど、カロリーが低いものがいいでしょう。



3.電話をする


食欲は満たされない気持ちを紛らわすために起こっていることもあります。もし寂しくて満たされない気持ちから、食欲に走りそうになった時は、雑談に付き合ってくれたり愚痴をきいてくれる人と電話やチャットを楽しみましょう。


同じ悩みを抱えている人や、話が盛り上がる人となら、関心がいつのまにか食欲から会話の内容へと移っていくことでしょう。



4.入浴をして水分をたっぷり補給


ゆっくりと半身浴するつもりでアロマやスクラブ、音楽や雑誌なども用意しましょう。気持ちが安らぎ、たっぷりと汗をかいて水分補給すれば、食欲が紛れることでしょう。


半身浴による代謝アップやダイエット効果も期待できるので、痩せたい人には打ってつけですね。



5.歯磨きをする


一度歯磨きをして口の中をスッキリさせると、お腹ではなく口が食べ物を欲して食べてしまうという状況を阻止することができます。


また、一度口の中をキレイにしてしまえば、すぐに食べ物を食べて口を汚してしまうことに抵抗を感じるはず。気分転換にももってこいです。



いかがでしたか?純粋な空腹ではなく、口が食べ物を欲していたり、食べ物を残すのが勿体無いと惰性で食べてしまうことを防げれば、大分過食は抑えられるはず。


イライラが最高潮に達する前に気分転換の散歩やおしゃべり、入浴などで無駄な食欲は抑えるようにしてみましょう。





化粧ノリが良くなる習慣 [フェイスケアの悩み]

315257.jpg


化粧ノリが悪い原因は、スキンケアや食生活に問題がある場合があります。そこで、化粧ノリが良くなる簡単習慣を5つご紹介します。



1.乳液は「温めてから使う」


毛穴開きが気になって冷たい乳液を使う人もいるかもしれませんが、乳液を冷たいままつけると、皮膚の毛穴が閉じたままで、皮膚の奥まで浸透しないそう。


そのため皮膚の毛穴を開いて、浸透させるために、温めて使うのがグッド。乳液を手の平にのせて、少し待って温めてから塗るようにしてみましょう。


その後に冷たいタオルで優しく顔を覆えば、保湿もされ毛穴も引き締まるはず。



2.「ミルクタイプのクレンジング」でメイクオフ


オイルタイプのクレンジングは、メイクを落とす洗浄力は抜群。しかし、同時に肌への刺激が強いのが特徴です。長年使い続けると、必要最低限の皮脂まで落ちてしまい、乾燥肌になってしまう可能性があります。


乾燥肌は、メイクのヨレを引き起こす可能性大ですので、ミルクタイプのクレンジングに切り替えてみましょう。


濃いアイメイクをした場合などは、目だけオイルタイプを使い、その他はミルクタイプを使うようにするだけでだいぶ違ってくるはず。



3.洗顔は「優しく」行う


洗顔のとき、しっかり汚れを落とそうとゴシゴシ顔を洗っていませんか?ゴシゴシ洗いは、肌を傷つけ、肌に凹凸ができ、化粧ノリが悪くなる可能性があります。


洗顔の場合は泡立てネットを使うなど、たっぷりの細かい泡で優しく洗い、肌を労るようにしましょう。



4.「オリゴ糖入りヨーグルト」を毎日食べる


善玉菌を増やし、健康な腸にするために、ヨーグルトを毎日食べましょう。腸内に悪玉菌が多いと、肌のコンディションが落ちるといわれているように腸の健康は、肌に大きな影響を与えます


ヨーグルトにオリゴ糖を加えると、より一層、効果が期待できますよ。



5.飲み会では「鶏皮+レモン汁」を欠かさない


鶏皮は「コラーゲン」豊富な食べ物。肌をプルプルにする効果があり、化粧ノリが良くない女性にオススメです。


しかし、鶏皮を食べるだけでは不十分。「コラーゲン」を体内で有効活用するには、「ビタミンC」も摂らなくてはいけません。


ぜひ、飲み会では、鶏皮にレモン汁を絞って食べてください。きっと、翌日の化粧ノリが変わりますよ。ただし、脂が多いので、食べ過ぎには要注意です。



いかがでしたか?これらの簡単習慣を続ければ化粧ノリがどんどん良くなり、毎日のメイクも楽しくなることでしょう。





美髪が育つ頭皮になるには? [ヘアケアの悩み]

010929.jpg


頭皮ケアが必要なのは、汗ばむ季節ばかりではありません。気温が下がると頭皮の毛穴にある皮脂が硬くなり、簡単に落としにくくなるため、髪も元気がなくなるんだとか。


そこで、冬こそ活用したい、美髪が育つスッキリ頭皮になる方法をご紹介します。



1.脂っこい料理を控えて「蒸し料理」や「鍋料理」に


人間の体は食べたモノで出来ているので、もちろん脂っこい料理をたくさん食べると頭皮の脂も多くなってしまいます。なので、頭皮をスッキリさせたいなら「食」から変えていくことが必要です。


脂っこい食事は、美味しくて満足度が高いことが選ばれる理由なので、脂っこくなく満足度の高い料理に置き換えていくことがポイント。たっぷりの野菜とキノコ、お肉や魚介などでつくる蒸し料理や、鍋料理が最適です。



2.「柑橘系のエッセンシャルオイル」をシャンプー


柑橘系のエッセンシャルオイルは、皮脂の過剰な分泌を抑えてくれるそうです。たとえば、無香料弱酸性シャンプーに、柑橘系エッセンシャルオイルを数滴垂らすだけでもOK。皮脂効果だけではなく香りも楽しめます。


尚、柑橘系のエッセンシャルオイルは紫外線により皮膚にダメージを与えてしまう“光毒性”が心配されていますが、「オレンジ・スウィート」や「マンダリン」には光毒性が無いと言われています。


気になる人は念のため購入先の専門家によく確認したうえでお試しください。



3.「ゆっくり瞬き」による頭皮の血行&新陳代謝促進


5秒ほどかけて思いっきり眉を上げ、目を見開き、5秒ほどかけてゆっくり目を閉じることを繰り返すだけで、おでこ周辺の筋肉である前頭筋と、頭の後ろ側にある後頭筋を効果的に動かすことができます。


これにより頭皮の血行が良くなるので、新陳代謝が活発になり頭皮をスッキリさせてくれます。慣れてくると、瞬きなしで前頭筋、後頭筋のみを動かせますよ。



4.シャンプー前の「オイルマッサージ


シャンプー前のオイルマッサージは血行を良くして皮脂を浮かせてくれるので、その後のシャンプーにより頭皮をスッキリさせてくれます。


「椿オイル」や「あんずオイル」、「ホホバオイル」など色々な種類があるので自分好みのオイルを見つけましょう。シャンプーで落としやすいのはオレイン酸が少ない「ホホバオイル」だそうです。


頭皮を柔らかくしてくれるので、おでこのシワ予防も期待できます。



5.しっかり睡眠○・お酒△・タバコ×


オイリーで臭う頭皮は、生活習慣が影響していることが多いようです。よく知られていることですが、やはり外せないのは「しっかりとした睡眠」。新陳代謝にも大きく影響するのでとても大切です。


また、「お酒」は“適度な量”ならば血行を促進してくれるのでスッキリ頭皮に貢献します。しかし、飲み過ぎると髪の原料を合成する肝臓を弱め、皮脂を過剰分泌させてしまうので注意が必要です。


「タバコ」も頭皮に栄養を行き渡らなくしてしまうので、頭皮にある皮脂を酸化させてしまいます。なので、根本的にNGです。



いかがでしたか?頭皮がスッキリすると、髪の毛も元気になってツヤツヤ・サラサラになります。顔の印象を大きく変える美髪のためには、ちょっぴり我慢することも必要なようです。





ワンランク上の女子力アップ法 [女磨きの悩み]

072538.jpg


女性らしいメイク&ヘア…男ウケするしぐさ…流行のファッション…モテるトーク術…


「女子力UP法は山ほど試したけれど、さらにもうワンランク魅力がUPする方法が知りたい!」という欲張りなあなた、必見!「女性の魅力を底上げする方法」をご紹介したいと思います。


今だけの流行にとらわれた自分磨き法ではなく、一生使えるランクUP法をぜひ参考にしてみて下さい!



●「他人に向ける挨拶」以外も大切に


「おはよう」や「お疲れ様」など 他人へ向けた挨拶をきちんとしましょう、という魅力UP法は既にちまたに溢れかえっています。そのため挨拶がきちんと出来ることは、もはや「最低限のマナー」レベル。


そこで大切にしたいのが「いただきます」や「ごちそうさま」といった「自分ひとりで完結する挨拶」も元気よくきちんとするということ。


言わなくても問題ないような「他人にむけた挨拶」以外もおろそかにしないことで、まわりの印象は格段にUPするはず。



●靴のメンテナンスは完璧に


女性は顔を中心にし、そこから近いほど念入りに手入れをすると言われています。そのためメイクやヘア、アクセサリーなどに比べて一番遠い部分である「足もと」の手入れはおこたりがち。


顔から一番遠い「靴」の手入れを念入りにすることで、普段見落としがちな部分にも視線が行き渡ります。


その結果全身の手入れをバランスよくするようになるため、「メンテナンスは顔から遠い場所から」を心がけるのがオススメです。



●メイク・ヘア・フレグランス雑誌を現在の自分に合ったものに


いくら流行のおしゃれを取り入れても、現在の年齢にマッチしていなければ魅力も半減。とくにメイク・ヘア・フレグランス・雑誌を2~3年以上見直していないという女性は注意!


美容室で出される雑誌が変わったな…と思ったら、自分の年齢や外見と現在のスタイリングをすり合わせてみるのがオススメ。



●一点豪華主義で自分に自信を


毎日身に着けるシンプルなアクセサリーはぜひ一点豪華主義を目指してみて。


毎日身に着けるものに投資することは「意欲的に働いている証」でもあり、「お守り」のような感覚でも女子のテンションを上げてくれます。


また流行りのファストファッションに身を包んでいても、一点に豪華アイテム取り入れているだけで全体的にちゃんとしてる感が出せて自分に自信が持てるようになります。



いかがでしたか?長く使えるテクニックと流行を上手に組み合わせることで、さらに素敵な女性を目指して下さいね!





肌のくすみを改善する習慣 [アンチエイジングの悩み]

085718.jpg


透明感やツヤがなく、皮膚の色が黒っぽい「くすみ」って、顔が老けて見えて困りますよね。そこで、「肌のくすみ」を改善するプチ習慣をご紹介します。



1.「体を温めるドリンク」を飲み、マッサージをする


血行不良による青ぐすみの場合は、体を温めるドリンクを飲みましょう。具体的には、しょうが湯、くず湯、ハーブティー、チャイなどがオススメ。代謝も上がり、血行が促進されてくすみの原因を改善します。


合わせて、マッサージ用のクリームを使って、肌を刺激しないようにやさしくマッサージを行うこともオススメ。


朝、肌がくすんで化粧のりが悪いときは、2~3分マッサージしてからファンデーションを塗るとむくみやくすみが改善されます。



2.「オリーブオイル」で料理をする


オリーブオイルは、肌を若返らせ、血行を良くする「ビタミンE」が豊富。


質の良いものであれば肌に直接塗ってもいいのですが、調理に使われるものなど精製度の低いものだと劣化も早くシミを引き起こす可能性があるため、食事に取り入れる方がオススメ。


また、オリーブオイルに含まれる「オレイン酸」は、便秘を解消する効果があり、女性に優しい効果がたくさんあるので積極的に取り入れてみましょう。



3.「緑黄色野菜」を食べる


「ビタミンA」は、肌の新陳代謝をアップする栄養素。そんな「ビタミンA」が豊富に含まれるのは、にんじん、カボチャ、ブロッコリーといった緑黄色野菜です。毎日食べれば、くすみが解消され肌がどんどん明るくなることでしょう。



4.「首」を回す


顔と直接つながっている部分といえば、首。肌の血行を良くしたいのであれば、首を回すことがオススメ。オフィスワークで同じ姿勢が続く人も、普段から首を回すクセをつけて、肌のくすみを改善しましょう。



5.「軽い運動」をする


肌の新陳代謝を上げるには、血行促進効果もある軽い運動も必要。是非、休日にラジオ体操やジョギングをしてみてください。青ざめた肌から、赤みを帯びた血色の良い肌になれるはず。



いかがでしたか?化粧で多少くすみを隠すことはできますが、素肌はくすんだままですよね。是非このプチ習慣を取り入れて素肌からくすみを解消し、明るい元気な肌を目指しましょう。





美容効果が高いホットドリンク [かんたん美容法]

221101.jpg


寒い季節はカラダを温めるアルコールを少々含んだホットドリンクが重宝されますが、レシピ次第で美容効果もグンと上げられるようです。そこで、「美容効果が嬉しい5つのホットドリンク」をご紹介します。



1.はちみつエッグノッグ


北米でクリスマスや新年に飲むというエッグノッグは、卵と牛乳の甘い飲みもの。


通常はお砂糖やクリームを入れるようですが、それをはちみつに変えれば風邪の予防にもなり保湿、便秘にも効果的な美容ドリンクに。


栄養素がタップリの「卵」をよく溶きほぐし、「はちみつ、牛乳」と混ぜ合わせ、それらを鍋で温めトロトロになったらすぐに火を止めます。


その後カラダを温めると言われる「ブランデー」と「ナツメグパウダー」や、悪玉コレステロール値や、中性脂肪を低下させると言われる「シナモンパウダー」などのスパイスを加えて出来上がり。



2.ラム酒入りホットチョコレート


チョコレートにはテオブロミンやカカオポリフェノールが含まれ血流を良くしてくれるので、美容と体温アップに役立ちます。それに加えてポカポカ効果が高いラム酒を加えれば最強のホットドリンクに。


作り方は、刻んだ「ブラックチョコレート」を温めたマグカップに入れて柔らかくして、それに鍋で温めた「牛乳とラム酒」を注ぎ、ミネラルが豊富な「メープルシロップ」を入れて混ぜます。


そして最後に代謝を上げる「チリパウダー」を少しふり掛けて出来上がり。



3.ウォッカ・ロシアンティー


美容に欠かせないビタミンやミネラルを含む紅茶は、カラダを温める効果があると言われています。その紅茶をジャムと一緒に楽しむのがロシアンティー。


「ベリー系のジャム」をお皿にとり「ウォッカ」をかけて、あとはスプーンでそれを口に含みながら温かい「紅茶」を飲むだけ。


寒いロシアの国ならではの独特な紅茶の楽しみ方ですね。甘さが欲しければ紅茶に「はちみつ」を少々入れてみましょう。



4.スパイシー・ホットワイン


抗酸化作用など多くの効能があるポリフェノールを含む「赤ワイン」、デトックス効果が赤ワインより優れているという「白ワイン」を鍋に入れ、美容に役立つ成分を多く含む「レモン」や「オレンジ」を丸ごと入れます。


その後、スパイシーな「シナモンスティック」と「生姜汁」を一緒に煮込めば、キレイ効果が満載なホットドリンクが出来あがります。お好みで「はちみつorメープルシロップ」をプラスしてどうぞ。


ワインをブドウの100%ジュースに置き換えれば、ノンアルコールでも楽しめますよ。



5.熱燗と甘酒のホットドリンク


米と麹でつくられた甘酒は、ノンアルコールで砂糖が入っていない、ほんのり甘い飲みもの。ブドウ糖やビタミンB群、アミノ酸、ペプチドなども豊富に含むことから"飲む点滴”とも言われています。


その「米麹甘酒」を鍋で温めて、やはり同様の栄養素を含む「日本酒」の熱燗をプラスすることで、美味しくて美容効果の高いホットドリンクが完成です。栄養満点な「黒砂糖」を混ぜても美味しいですよ。



いかがでしたか?少量のアルコールは血行促進に役立ちますが、どのレシピもアルコール材料を抜いても美味しくいただけます。寒い冬はホットドリンクで、カラダを温めながらキレイになりましょう。





トークでモテるには? [モテない悩み]

310828.jpg


トークでモテる…といえば、キャバクラやクラブで働く女性を思い浮かべる人が多いと思います。


ひとつ注目したいのが、そういったお店で人気ナンバーワンになる女性たちは、必ずしも「外見が整っている」「スタイルが抜群」というわけではないということ。


つまり男性にモテるために本当に必要なものは、外見ではなく「トーク力」だということです。そしてそんな女性たちに取材をすると、ある共通した「男性の好きなキーワード」を導き出すことが出来ました。


そこで、「トークでモテる」をテーマに男性の好きなキーワードやトークの展開方法をご紹介したいと思います。これを参考に、ワンランク上のトーク術を手に入れて下さいね。



1.かっこいい!


イケメンでも自信のない男性でも、言われて顔がゆるまない男性はいない王道キーワード。


女性からすれば「そんな単純な言葉、お世辞と思われない?」と感じるかもしれませんが、疑いつつも信じてしまうのが男性の純粋なところ。


あまりにも信用しないタイプの男性には、応用で「外見や雰囲気が私好み!」「人相が」いいよね」というキーワードを使えば疑いようがなくなりオススメです。



2.肌がキレイ


女性が言われて嬉しい言葉と思いきや、意外と男性にも喜ばれるキーワード。


よく言われている「仕事で成功する男性は自己管理が得意なため肌がキレイなことが多い」というウワサを取り入れて褒めれば、野心や向上心のある男性はたちまち上機嫌になります。


また上級編として「触ってみてもイイですか?」などとアプローチするのも相手をドキドキさせる効果がUPするのでオススメですよ。



3.Sっぽい!


S=男らしい、女性にはMが多く好かれる…というイメージから、コレも喜ぶ男性が多いキーワードのひとつ。


また「Sっぽい男性好きなんですよね」などとアプローチすれば、「この子はからかったりちょっかいを出したりしても怒らず喜んでくれるタイプかな」と、安心してコミュニケーションを取ってくれるようになったりします。


セクシー話題にも繋がりやすいキーワードであることから、相手をドキドキさせる効果も抜群です。ただし逆に「Mっぽい」と言われるのを嫌う男性が多いことは覚えておいたほうがよいでしょう。



いかがでしたか?キーワードは同じでも、トークの展開次第で初対面の男性にも親しい男性にも応用することが出来ます。トーク力を磨くことで、自分なりの「キーワード」を導き出してみるのも良いですね。





ダメージヘアのケア [ヘアケアの悩み]

009243.jpg


美肌や美ボディ作りに熱心な女性が多いのに対して、ついつい後回しになってしまうのが髪の毛のケア。


他の部分に比べて毎日のケアもおろそかになりがちですが、女性が思っている以上に男性の視線が注がれている部分でもあります。


痛んでボロボロになった髪は「清潔感がない」「生活が乱れていそう」などと、何かと悪いイメージがつきやすいもの。


また「きれいな髪が嫌いな男性は存在しない」と言っても過言ではないほど、女性的な魅力を発揮できるポイントでもあります。


そこで、日常生活で出来る効果的なダメージヘアケア法をご紹介したいと思います。美肌や美ボディ作りと合わせてぜひ魅力的な美髪も手に入れて下さいね。



1.乾燥対策をする


髪の毛の表面を覆うキューティクルは乾燥によりはがれてしまいます。キューティクルがはがれるとそこから栄養素や水分が逃げてしまうため、 さらなる乾燥や痛みを招き悪循環に。


加湿器を利用したり乾燥防止のヘアミストを使うなど、肌と同じように髪の毛の乾燥対策にも気を使うことが大切です。



2.紫外線対策をする


肌と同じで髪の毛も紫外線を浴びれば浴びるほど痛んでしまいやすくなります。日差しの強い日には帽子をかぶったり、髪用のUVスプレーを使うなど普段から紫外線対策をすることが美髪を守ります。



3.無理なダイエットをしない


髪の毛も肌と同じく毎日の食事によって作られています。栄養の偏った食事や極端な食事制限を続けると、髪の毛が細くスカスカになったり、ごっそりと抜け落ちてしまったりすることもあるので要注意。


3食バランスのよい食事をすることで、美しい髪が作られます。



4.寝るときは軽く髪をまとめる


睡眠中の髪の摩擦は痛みの原因になりやすく、髪の長い人は寝る前に軽く髪をまとめることでダメージを防ぐことが出来ます。


ゆるめに二つに結ったり、跡がつかない程度に三つ編みをすれば寝癖や絡み防止にもなりオススメです。



5.髪に良い食品を積極的に食べる


大昔から身体に良いとされてきた「マゴワヤサシイ」食品。


マ…豆類

ゴ…ゴマ

ワ…ワカメ

ヤ…野菜

サ…魚類

シ…シイタケなどきのこ類

イ…イモ類


の頭文字を語呂合わせしたもので、日本人に適した理想の栄養バランスを備えた食品です。健康で美しい髪作りにも適した食品でもあるので、積極的に食べるようにしましょう。



まずはダメージの原因となる習慣を改善するところから始めるのがポイント。ダメージのない美髪で女子力UPを目指して下さいね。





愛される鍋奉行になるには? [生活の悩み]

275306.jpg


今年も鍋の季節がやってきました。意中の彼にアピールしたい人も、みんなで鍋を楽しく囲みたい人も必見!愛され鍋奉行になるポイントをご紹介します。


●心構え


ダメな鍋奉行は「でしゃばり」で「仕切り屋」。誰かが突こうとした時に『それ、まだ煮えてないからっ』等と、キツク言うのはタブー。


『そろそろ食べ頃だよ』と、優しい声ですすめましょう。鍋奉行が注意するのは火加減や具材の取扱い。決して人を注意してはいけません。気遣いを忘れず裏方に徹しましょう。



1. 基本中の基本!具材の入れ方


鍋奉行なら知っておくべき具材を入れる順番は以下の通り。


1. ダシが出るもの(肉や魚)


2. 火が通りにくい野菜(白菜の芯やゴボウなど)


3. 火が通りやすい野菜(白菜の葉やシイタケなど)


4. 煮崩れする&煮込まないものは最後(豆腐、牛肉など)


無計画に具材を「ドバッ」と入れると雑な印象に。タイミングよく1種類ずつ丁寧に入れましょう。



2.会話を楽しむ


会話せず黙々と鍋奉行をしていると、いつの間にか「おかん」扱い…。ただの世話役ではなく、愛され鍋奉行になるなら、鍋を見つつ、火加減を調節しながらも会話も忘れずに。



3.みんなの好き嫌いを聞いてから取り分ける


食べられないものをたくさん入れられた人は、軽い嫌がらせを受けたような感覚に。「苦手なものない?」「いっぱい食べられる?」など、それぞれのニーズを把握して取り分けましょう。


平等なバランスやボリューム感に目がいきがちですが、好みに合わせてあげることが真の心配りです。



4. 汁の味加減をチェック


美味しくみんなが食べ続けるためには、アクとりはもちろんのこと、食べ進めるうちに汁が煮詰まったりして味が変わっていないかをチェック。


ただし、独断で水を入れて味を薄めたりするのはNG!周りに意見を聞いてから判断しましょう。



5.絶妙なタイミングでシメ


鍋の楽しみは、シメの雑炊やうどん。特にシメのタイミングはみんなの気分が重要です。お酒を飲む人がお酒の種類を切り替えたり、あっさりしたものを食べ始めたら、そろそろシメのタイミング。


ただし、飲まない人や女性の食べるペースも見計らって、具材や他の食べ物を多めによそってあげるなど、時間差を意識させない気遣いもポイント。


一人よがりにならないタイミングで、みんなの好みを聞きながら作り始めましょう。



● 最後に


愛され鍋奉行にとって大切なのは、技術よりも「思いやり」。寒い冬、みんなにお腹も心もポカポカになってもらえるよう、ここでご紹介したポイントを実践してみてくださいね。





老化を進める食べ物とは? [アンチエイジングの悩み]

254804.jpg


誰でも年齢を重ねるごとに老化していくもの。まだまだ若いし関係ない!と思っていても一番気になるお肌の老化は20代から始まっています。


エイジングケアをしたり、サプリを飲んだり、服に気を使ったり…いろいろ気をつけていても実は毎日の食事が老化を進めているかもしれません…。


そこで、ここでは「老化を進める食べ物」をご紹介したいと思います。心当たりのある人はぜひ気をつけてみてくださいね。


●甘いスイーツ


間食の楽しみといえば スイーツ。しかしスイーツに含まれる糖分で、体内が「糖化」することがあるそう。クッキーや、マカロン、モンブランなど、焼き菓子の食べすぎには特に注意が必要です。


血液中に長く糖分が残るとAGEsという物質になり、脱毛、肌のシミ、たるみなどの原因に。


どうしても甘いものが欲しい時は、黒いきび砂糖や黒糖を使ったもの、ドライフルーツなどを選んで。血糖値の急上昇をおさえるため適度な運動を食後に行って糖化を防ぎましょう。



●時間が経った食べ物


時間が経ち、空気中の酸素に触れ「酸化した食べ物」は、老化を進めると言われています。リンゴやジャガイモなど、皮をむいて放っておくと茶色くなりますよね?それは酸化している証拠。


食べ物は空気に触れると酸化するので、時間がたった料理を食べるのは老化の観点からみるとNGなのです。


最初からカットされた野菜やスーパーのお惣菜も、出来立ての料理に比べると酸化が進んでいます。食材はなるべく新鮮なものを使いましょう。



●スナック菓子やインスタント食品


ポテトチップスやカップ麺は、酸化した食べ物の代表格。ラクチンだからと言って、食事の手抜きをしていると、知らない間に肌がガサついているかもしれません。



●野菜不足


1日350グラムの野菜摂取が必要とされていますが、日本人のほとんどが野菜不足になっているそう。野菜を食べない食生活で「ビタミン」や「ミネラル」が不足すると、顔のたるみの原因に。


「最近、顔が大きくなった?」「ブルドッグみたいに頬が下がってきた…」と思い当たる人、野菜不足を見直してみて。特に抗酸化栄養素と呼ばれる、ニンジンやカボチャなど、色の濃い野菜はオススメです。



毎日の食生活で、老化が早まるって怖いですよね?老化を進める食べ物のカギは「糖化」「酸化」など。食生活を見直して、老化を防ぎましょう。





やってはいけないスキンケアとは? [フェイスケアの悩み]

330443.jpg


美肌を手に入れるため、日々スキンケアに試行錯誤を凝らす女性たち。美しくなるため努力をする姿って、素敵ですよね。


…でもちょっと待って!みんなやってるそのスキンケア…実はNG!というようなケースを、ここで3つご紹介したいと思います。



NG①ニキビ対策に、洗浄力の強い洗顔料でしっかり洗顔


ニキビは毛穴から過度に分泌される皮脂や、毛穴の詰まりなどが原因とされています。それを取り除くため洗浄力の強い商品で念入りに顔を洗っている…という話をよく耳にしますが、実はNG!


皮脂は皮膚を潤し乾燥を防ぐため、本来ある程度必要なもの。必要以上に取り除いてしまうと皮膚が皮脂不足や乾燥を感知し、さらに多くの皮脂を分泌させようと働いてしまうのです。


その結果、さらにニキビが悪化するなんてことも・・・。ニキビが気になる場合、逆に一度洗顔のしすぎを疑ってみるとよいかもしれません。



NG②脂っぽい肌が気になり、洗顔後のケアは化粧水のみ


テカリや脂が気になる場合、洗顔後クリームなど油分の多いケアを避ける人が多いようですが、これもNG!


化粧水でたっぷり保湿をしても、その上に油分のフタをしない限り浸透せず蒸発してしまうのです。肌は乾燥を感知すると、自ら「水分」が作り出せないため「皮脂」を絶え間なく分泌するようになります。


テカリや脂が気になる場合でも、水分補給後油分でフタをすることは不可欠なのです。



NG③皮膚のかさかさや粉ふきが気になり、ピーリングやスクラブ洗顔で角質ケア


古くなった表皮を取り除くことで一見解消されそうですが、かさかさや粉ふきは水分不足や皮脂不足が原因なので、刺激の強いクレンジングや洗顔方法は絶対にNG!


極力刺激を避けるため、石鹸や洗顔フォームなどを使わない「水洗顔」をおすすめします。皮膚の汚れは本来ぬるま湯で洗う程度で落ちてしまうものです。


さらに毎日の洗顔で奪われていた油分や水分が肌に留まり、内側からしっとりするようになります。パウダーファンデを使うとかさかさになる…というタイプのひとは、一度試してみてはいかがでしょう。



このようによく耳にするようなスキンケア方法でも、実はお肌によくないことが多いです。ケアの良し悪しには個人差があるので、日々自分の肌と向き合いながらより自分に合った方法を見つけ出すことが大切ですね。





美肌をつくる朝食 [かんたん美容法]

079072.jpg


時間のない朝に、ご飯を炊いたり、魚を焼いたりすることは大変ですよね。かといって、何も食べないと、肌に悪影響が出てしまいます。


そこで、美肌を作る「簡単朝ごはん」のメニューをご紹介します。



1.肌に弾力がでる「茶色いパン」


ライ麦パンや胚芽パンと呼ばれる茶色いパンは、「ビタミンB群」が豊富。「ビタミンB群」には、肌の代謝をアップし、人間本来の肌の弾力を取り戻す効果があります。


しっとりとした食感で、腹もちもいいので、ダイエット効果も期待できますよ。



2.色白になる「ブロッコリーのサラダ」


「ビタミンC」は「美肌のビタミン」として知られていますよね。コラーゲン生成を促すので、美白効果があります。そんな「ビタミンC」が豊富な野菜は、ズバリ、ブロッコリー。


トマトの8倍以上含まれています。ブロッコリーのサラダを食べ続ければ、色白になれることでしょう。



3.しわ、たるみを防ぐ「コーンポタージュ」


朝に飲みたいものといえば、やはり、スープ。中でもオススメなのが、コーンポタージュです。


トウモロコシには、体内のナトリウムを排出する「カリウム」が豊富に含まれており、むくみを解消することで、しわ、たるみを防ぐ効果がありますよ。



4.ニキビを防ぐ「目玉焼き、スクランブルエッグ」


「卵料理=高コレステロールで、肌に悪そう」というイメージをお持ちではありませんか?実は、卵料理は肌にいいのです。


卵に含まれる「亜鉛」には、女性ホルモンを正常にする働きがあり、ストレスを軽減し、ニキビを防いでくれますよ。目玉焼きやスクランブルエッグなら、時間のない朝でも短時間で作ることができますよね。



5.便秘による肌荒れを防ぐ「ヨーグルト+オリゴ糖」


便秘は肌荒れのもとになります。なので、食後のデザートに、ヨーグルトを食べましょう。ヨーグルトを食べると、腸内の善玉菌が増え、排泄がスムーズになります。


また、バナナや蜂蜜といった、オリゴ糖を含むものを加えるとグッド。オリゴ糖が、腸内の善玉菌をさらに増やしてくれるのです。



いかがでしたか?このメニューなら、時間のない朝でも簡単に用意できます。「毎朝忙しくて何を食べればいいか分からない」「朝ごはんのメニューが思いつかない」という方は是非参考にしてみてくださいね。





簡単ストレッチ [かんたん健康法]

252641.jpg


パソコンに向かう時間が増えている女性が多く見受けられます。ネットサーフィンをしているとついつい時間が過ぎていて体はいつの間にかバキバキな方多くありませんか?


でもジムに通うまでの気力はないし、正直めんどくさくてついついダラダラ過ごしてしまう…なんて思うあなた。


しかし、ほとんど動かない生活をしていると、年齢を重ねていくうちに色々なトラブルに悩まされることになります。


頭痛や腰痛や、肩こりなどのトラブルになり、代謝が悪くなり冷え性になって内臓の病気にもつながることもあるんですよ。


もちろん肌のトラブルにもつながってきます。体を動かすことがとっても大切です。サプリメント栄養補給をしたりすることも良いですが、それらをうまく吸収するためにも代謝を上げることはポイントです。


体を動かすのは苦手な阿多は是非、このストレッチだけでもやってみて下さい。いつの間にかストレッチしないと気持ち悪くなるはず!



●2つの簡単ストレッチとは?


1.朝


起きたらまず手も足もグイーンとゆっくり深呼吸をしながら伸びをします。そして首を左右にまわして固まった筋肉をほぐしていきましょう。そして腰を曲げたり背中を伸ばしましょう。


2.夜


寝る前なので、激しい運動は控えましょう。座りっぱなしや立ちっぱなしで疲れた体をほぐすことです。仰向けで寝て膝を胸に引き寄せて伸ばしたり、足の裏をグリグリマッサージをしましょう。



どちらもベッドの上でできることなので、楽ちんですよね!三日坊主で終わらないように、自分に負担のない程度で毎日少しずつでも良いので、続けることを意識しましょう!継続は力なりですよ!





男性がキュンとする仕草とは? [モテない悩み]

329194.jpg


気になる男性には、ドキッとときめいてもらいたいのが女心ですよね。男性は女性のどんな仕草にキュンとするのでしょうか?ここでは男性がキュンとする仕草を調査して、多かったものをご紹介します。



アイメイク中の口ポカン


女の子のアイメイク中に口がポカンとしている仕草が可愛すぎ!」という男性の意見多数。無防備さがたまらないのだそう。


ただし、電車の中や公共の場ではやらないように気をつけましょう。彼だけに見せましょうね。



●助手席で、うとうと


「助手席で頑張って起きていようとウトウトしている姿が、健気で可愛い!」と言っている男性の意見が目立ちました。


彼に運転を頑張って貰っているから、起きていなくちゃという健気な姿がキュンポイントらしいです。



●ダボッと重ね着


「女の子が重ね着をしていると華奢さが強調されて可愛い!」という意見。着膨れしないように大きめのざっくりニットなどをチョイスするのがオススメですよ。



●ニットの袖が長い


「袖の長いニットを着て手のひらが隠れてチラリと指が見えるのが可愛い」という意見。チラリズムが男性の心をキュンとさせるのだそうです。



●髪をくくるとき


「髪を束ねている姿はズルい!うなじにドキドキして目が離せない…」との意見もとても多かったです。男性は女性のうなじが大好きなのですね。



いかがですか?男性は女性らしさのチラ見せ、無防備さに弱い生き物なのだと再確認。あなたも是非、これらを参考に気になる彼をドキッとさせてしまいましょう。





男性が離したくない女性とは? [恋愛の悩み]

012852.jpg


大好きな彼に1番に愛されたい…誰もがそう願いますよね。長く付き合っているのにいつまでもラブラブ、そんなカップルが、あなたの周りにもいませんか?


いつまでも男性の心を捉えて離さない、そんな魅力あふれる女性の特徴5つをまとめました。



1.癒される


仕事で疲れているところに自分の都合で振り回してしまっては、どんなに優しい男性でも離れていく原因になります。簡単な料理や「1日お疲れ様」の一言でも十分気持ちは伝わるもの。


日々身を粉にして働いている男性のエネルギー源になってあげましょう。



2.喜怒哀楽がはっきりしている


好かれたい一心で彼に合わせてばかりでは、何を考えているかわからず男性も困惑します。怒ったり泣いたり笑ったり、コロコロ表情が変わる女子の方が男性も一緒にいて飽きません。


してあげたことが目に見えて達成感につながる女性は、どんなところでもモテます。



3.恋人が途切れない


次から次へと男を乗り換える軽い女、という意味ではもちろんありません。出会う男性たちがどんどん恋に落ちてしまう、恋人が途切れない女性には、男性が自分ものにしたくなる理由があります。


とびっきりの美人ではなくても、女性らしさとどこか守ってあげたくなる部分が、男性の心を掴んで離しません。



4.相手の気持ちを考えられる


相手に直して欲しいところがあったら傷つかないように伝えたり、逆に付き合いが長くなっても小さなところを褒めてあげたり。相手の気持ちになって考えられる、思いやりを忘れないことも大事なポイントです。



5.とびっきりの笑顔


何はなくとも最後は笑顔。笑った顔がステキな女性は男女問わず好印象に映ります。「笑顔に勝る化粧なし!」という言葉もあるほど女性を可愛らしくみせてくれる、シンプルかつ最強のツールです。



いかがでしょうか?せっかく出会えた愛する人、相手にもずっと一緒にいたいと思ってほしいですよね。彼の心を掴んで離さない、一生大切にされる愛され女子を目指しましょう。





小顔に見える写真の撮り方 [生活の悩み]

326761.jpg


年始はさまざまなイベントで、記念写真を撮る機会も増えますよね。顔はむくみなどによって、コンディションが悪い日もあるもの。


しかし、それでも容赦なく記念写真を撮ろうとして向けられるカメラ。「小顔の女の子とは並んで写真を撮りたくない!」、そんな悩みを持っていませんか?


そんな女子のために、ここでは相手に小顔だと錯覚させるテクニックをご紹介します。



●片手を頬にあてる


片方の手を頬にあてて写真に写りましょう。頬が片方隠れることで顔の大きさが曖昧に。ほっぺたの肉感も目立たなくなるという小顔効果があります。


また、女の子らしさや可愛らしさもさりげなくアピールすることのできるオススメのテクニックです。



●Vネックを着る


やはり、一番小顔に見える服はVネックです。デコルテが大きく開いているので首周りをスッキリ、深めに開いたVはアゴをシャープに見せてくれます。


同時にVの隙間から見えそうで見えない谷間をチラつかせ、セクシーさをアピールすることもできるかもしれません。



●手を前に伸ばす


手を前にグイーと伸ばしてピースをしましょう。遠近法によって顔が小さく見えるというテクニックです。無邪気さも演出することができますよ。



フェイスラインを髪で隠す


前髪でフェイスラインを隠すことによって小顔に見える、こちらのテクニック。写真を撮る瞬間に顔周りに髪の毛をもっていきましょう。ニキビなど、肌荒れが気になる女子にもオススメですよ。



いかがですか?盛り写真を撮ることは、もはやいまどき女子のたしなみ。上手な人は、別人に見えるくらいのテクニックを持っていますよね。


あなたも可愛く写って、大切な思い出の1ページを追加して下さいね。





七草粥の効用 [かんたん美容法]

106044.jpg


昔から1月7日に無病息災を願って食べる習慣がある、七草粥。野に自生し、新しい年に芽吹く若菜を食べることは、野菜不足を補うと同時にお正月のごちそうで疲れた胃腸を休めるのに最適。


実は健康だけではなく、女性に嬉しい美容効果もあるそう。そんな七草粥の健康・美容効果をそれぞれの食材とともにご紹介します。



1.せり


数少ない日本原産の緑黄色野菜。精気を養い血脈を整え、保温効果や高血圧予防に優れています。冷え性気味の方にはぴったりですね。



2.なずな


別名ぺんぺん草と呼ばれるなずな。カルシウムやカロテンが豊富で風邪の予防に優れています。外出が多いお正月で風邪が移ったかも、と感じる人は多めに取り入れてみましょう。



3.ごぎょう


母子草の別名でキク科の二年草。咳・痰に効き、咳止め効果があるそう。咳に悩んでいる人は積極的に食べましょう。



4.はこべら


昔から腹痛薬とされ、産後の浄血にも用いられています。利尿作用もあるそうなので、お正月の不摂生でむくみ気味の方にはうってつけ。



5.ほとけのざ


キク科の二年草。胃腸やむくみに効果的なんだそう。また、解熱効果もあるそうなので、熱っぽいと感じている方は、無理にならない程度に食べてみてください。



6.すずな


すずなは蕪のことで、葉はカロテンやビタミンCが多く貧血予防、シミ&そばかす予防に効果的。リラックス効果もあり、腹痛薬としても使われているそう。お正月で食べ過ぎた胃腸を労ってあげましょう。



7.すずしろ


すずしろは大根のことで、すずなと同じく葉はカロテンやビタミンCが豊富な緑黄色野菜。風邪予防や美肌効果に加え、ひび&あかぎれ予防に優れています。手や足の裏が乾燥している人は、たくさん食べておきましょう。



いかがでしたか?たくさんの健康・美容効果がある上、おかゆ自体が胃にやさしく、カロリーも低いことから、年末年始の食べ過ぎをリセットするためにももってこい。


最近では七草全てを用意しなくても、セットになってスーパーなどでも発売されているので、是非七草粥で健康とキレイを手に入れましょう。





性交痛の原因と改善法 [セックスの悩み]

095358.jpg


「挿入すると痛みを感じる」「Hの後、あそこがヒリヒリした感じ」など、セックスで苦痛を感じる女性は意外と多く存在します。


本来セックスは気持ちよさを感じるものですが、「セックス時の痛み」=「性交痛」を感じてしまうのはなぜか原因とその対策をご紹介します。



●「性交痛」って?


性交前、性交中、性交後に感じる「セックス時の痛み」のこと。


痛くて最初から挿入できない、性交中に軽度の痛みがある、性交後まで痛みを引きずるなどケースは人によってそれぞれです。



●性交痛の原因はさまざま


原因1)「前戯が不十分」


セックスに慣れていない若い人に多いのが、前戯不足での性交痛。膣が十分に潤っていないのに挿入されると摩擦が生じて痛みを感じます。


原因2)「炎症や感染症など」


外陰部や膣に炎症がある場合やカビ感染や性感染症が原因の場合があります。また子宮や骨盤内、肛門などでも痛みが起きている場合もあります。


原因3)「身体的な体質」


過度なダイエットなどでのホルモンバランスの崩れや、生まれつき膣が狭い、外陰部や膣に傷がある場合、恥骨の変形など。なお妊娠中や産後は女性ホルモンが不安定で、膣が濡れにくくなってしまうそう。


原因4)「心理的な不安」


過去のトラウマや、彼への不信感、性へのネガティブなイメージが強い場合、性交痛を感じることがあります。



●性交痛を放っておくと?


性交痛を放っておくと、セックスで濡れにくくなり、性欲が低下することも。さらに悪化すると不感症やセックスができなくなってしまう恐れもあります。


●改善するにはどうしたら?


改善1)「パートナーに協力してもらう」


痛みを伴うセックスを我慢するのはNG。パートナーに正直に話をし、ふたりにとって気持ちの良いセックスを。挿入時は、ゆっくり丁寧に。潤滑ゼリーを使うのも手でしょう。


改善2)「産婦人科で診てもらう」


性交痛の原因を調べてもらうのが大切です。炎症を抑えたり、女性ホルモンを補う治療など、症状にあった治療をしてもらいましょう。



セックスは痛みを我慢していると、どんどんストレスが強くなってしまいます。前戯不足が原因の場合ならパートナーの協力で改善は期待できそうですが、それでも性交痛が続くならば、病院で診てもらうことをおすすめします。





冬の便秘の対策 [健康の悩み]

317761.jpg


体を動かさない冬は、便秘になりがち。お腹がすっきりしないままだと、なんとなく気分もすっきりしないですよね。そこで、「冬の便秘」にサヨナラする方法を5つご紹介します。



1.「常温以上の水」を1.5リットル飲む


よく「目覚めの冷たい水」や「冷たい水を大量に飲む」といいますが、冷たい水はNG。胃腸を冷やし、正常な働きを阻害してしまうのです。


水を飲むなら常温以上で、1.5リットルほど飲みましょう。また、野菜や果物をたくさん食べれば、もっと水分が補給されます。



2.「カフェインドリンク」に「シナモンパウダー」を入れる


コーヒーや紅茶に含まれる「カフェイン」には、整腸作用がありますので、積極的に飲むことをオススメします。さらに、シナモンパウダーを入れれば、効果抜群。


シナモンに含まれる「桂皮アルデヒド」には、腸のガスを取り除き、排便をスムーズにする働きがありますよ。



3.「白菜」をたくさん食べる


冬の野菜といえば、そう、白菜です。白菜は95%が水分。食物繊維も豊富で、腸を潤わせ、排便を促します。


また、体内の余計な塩分「ナトリウム」を排出する「カリウム」も豊富に含まれているので、白菜をたくさん食べれば、毒素をトコトン排出できるのです。



4.「キムチ鍋」を食べる


バリエーション豊富な鍋の中で、便秘の女性にオススメなのが、キムチ鍋。発酵食品であるキムチは、腸の善玉菌を増やしてくれます。


また、白菜や大根といった、水分の多い野菜が腸の働きを活性化。冬は、キムチ鍋できまりですね。



5.「便秘解消のツボ」を押す


便秘解消のツボがあるのはご存じでしょうか?「天枢(てんすう)」と呼ばれ、おへその指三本横にあります。左右、どちらにもありますよ。そこをギュッと、指の腹で10秒押してください。


これを一日10セットやれば、腸が動き出すことでしょう。



いかがでしたか?これらの方法で、憂鬱な「冬の便秘」にサヨナラしましょう。





疲れを癒すセルフエステ [健康の悩み]

273757.jpg


年末年始はイベント目白押しでお疲れ気味の方は多いでしょう。疲れを癒やそうとマッサージやエステに行くのはお金や時間がかかるし、そもそもお休みのお店も多いもの。


そこで、心身を元気にしてキレイも手に入れる「年末疲れを癒すセルフエステ」をご紹介します。



1.朝焼けや夕焼けを見ながら腹式呼吸をする


美しい朝焼けや夕焼けを見ながら腹式呼吸をすることは、シンプルですが癒しのエステになります。朝焼けや夕焼けのオレンジ色は副交感神経を優位にして、人をリラックスモードにしてくれるのです。


また、腹式呼吸は内臓や筋肉の働きを活発にしてくれるので、体温を上げたり、便秘の予防にもなりますよ。朝早く起きた時や、夕方、窓の外の夕日を見ながら腹式呼吸をお試しください。ダイエット効果も高まりますよ。



2.ミルク風呂でお肌をプルプルに


牛乳に含まれるタンパク質である「カゼイン」には保湿効果が、「ホエイタンパク」には古い角質を取り除き、肌本来の新しい角質にするソフトピーリング効果があると言われています。


そんな、牛乳を湯船のお湯に混ぜるミルク風呂は、絶世の美女と言われたクレオパトラも愛したという美容法。賞味期限が切れてしまった牛乳などで試してみましょう。ただし、牛乳アレルギーをお持ちの方はお控えくださいね。



3.温かい濡れタオルで消臭・血行促進


タオルをお湯に浸してしぼり、顔やカラダを拭くことで血液の循環を促す効果があるそう。


また、お風呂上りにも乾いたバスタオルで拭く前に、濡れた浴用タオルなどでカラダを拭くと、湿ったタオルと水分との親和性で効果的に水分を取り除けるのだとか。


さらに冬のワキ汗は分泌量が少ないため濃縮されて夏より臭う、という声もチラホラありますが、濡れたタオルは水分と菌を除去してくれるのでデオドラント効果も高いようです。



4.ピンク色のルームウエアでストレッチ


ピンク色が視界に入ることで、緊張をやわらげてくれたり、女性ホルモンの分泌を促す効果が生まれます。


そこでお家ではピンク色のルームウエアに身を包んで、ストレッチを一通りこなしましょう。血液循環もより良くなり美容効果も倍増ですよ。



5.好きな音楽をかけて1日過ごす


音楽療法の先進国であるアメリカでは、音楽による療法が心の病や内臓系の治療にまで一定の効果があるとされているようです。それが自分の好きな曲ならば、なおさら心臓を強くする効果があるのだとか。


仕事が休みの今こそ、忙しい生活から離れて音楽を聴きながら、したいことだけをする時間をお家で過ごしてみてください。無理に「この時間に効果的なエステを」と躍起にならなくても大丈夫。


好きな音楽を聴いて気楽に過ごした休日の翌朝は、お肌がいきいきとしているはずですよ。



いかがでしたか?もちろん、プロの手に委ねることで、癒され美しくなることも出来ますが、何かとお金の出入りが激しい季節。セルフエステで節約しながら元気でキレイになりましょう。





カサカサ手を防ぐ食習慣 [ボディケアの悩み]

035455.jpg


冬は肌が乾燥する時期。特に厄介な「カサカサ手」は、外側だけでなく内側からのケアが必要不可欠です。悪化すると、手にヒビが入り、血が出ることもあります。そこで、「カサカサ手を防ぐ食習慣」をご紹介します。



1.一日一回の「アロエ」


アロエといえば、ハンドクリームを想像する人が多いかもしれませんが、刺身やヨーグルトとして食べることもできます。


アロエに含まれる「多糖体」には、コラーゲンを生成したり、皮膚の水分を一定量に保ったりする効果があるので、一日一回は、アロエを食べるようにしましょう。



2.箸休めに「カボチャの煮付け」


家でご飯を作るとき、みなさんは何を箸休めにしますか?カサカサ手の女性にオススメなのは、ずばり、カボチャの煮付け。


カボチャに含まれる「βーカロテン」は体内に入ると、皮膚の粘膜を強くする「ビタミンA」に変わるのです。また、老化を防止する「ビタミンE」も豊富。


煮付け以外にも、サラダやスープ、スイーツなど、色々なレシピに応用できるのも嬉しいですね。カボチャを食べて、若々しい手を取り戻しましょう。



3.ご飯は「雑穀米」、「玄米」


日本人の食卓に欠かせないものといえば、白いご飯ですが、美肌効果には雑穀米や玄米がオススメ。「ビタミンB群」が肌の代謝をアップし、手に潤いを与えてくれます。噛む回数が増えるので、小顔効果も期待できますよ。



4.ご飯のお供は「納豆」


納豆のネバネバは、「ムコ多糖体」によるもので、肌を潤す効果があります。また、肌の代謝をアップする「ビタミンB群」も豊富に含まれています。


ご飯のお供を納豆にするだけで、スベスベの手に近づけることができますよ。



5.毎日食卓に「キノコ類」


シイタケやエノキといったキノコ類には、「βーグルカン」という成分が含まれています。この成分は、免疫力を高め、肌の健康を保つ効果があります。


色々な食材と相性が良いので毎日食卓のレシピに入れることも難しくないですよね。



いかがでしたか?「カサカサ手」は深刻な問題。早く解決できるよう、食生活から見直してみませんか?





初夢で彼の夢を見るには? [生活の悩み]

004578.jpg


初夢に好きな彼が出てきたら嬉しいですよね。昔から、「相手が自分を想っているから夢に出てくる」とも言われますし、良い1年になるに違いありません。


彼との幸せな夢を見られるように…。ここでは、見たい夢を見るためのポイントをご紹介します。



1.彼の写真を寝る前に見る


寝る前に彼の写真を見て、妄想です。寝る前に考えていたことは夢化されやすいと言われています。



2.彼の香水、もしくはアロマリラックス


寝ているときでも嗅覚は作動しています。良い睡眠のためにはリラックスすることが一番。好きな彼の匂いを感じることができると脳が彼の夢を見せてくれる…というわけです。



3.真っ暗よりも間接照明で眠って


人間は真っ暗よりも、ロウソク1本分ほどのほんの少しだけオレンジの光がある方がリラックスできます。リラックスして眠ることが見たい夢を見るポイントですよ。



4.夢を見ているときに夢と気づく


夢を見ている最中にこれは夢だと気づく瞬間てありますよね。それさえわかればもう自由自在に彼を引っ張り出してくることができます。


夢の中でホッペタをつねって夢と気付いてしまいましょう。彼の夢だけではなく、空を飛んだりすることもできてしまうかも。



5.二度寝する


起きた瞬間は夢をうっすら覚えているもの。速攻見たい彼を想像しながら二度寝することで、彼の夢を見る確率がアップします。



いかがですか?彼との幸せな夢を見ることができたら、目覚めてその日一日happyに過ごすことができますよね。


自分の記憶や願望が夢になると言われるように、彼とどうなりたいかに気づけるかも。その夢を目標に彼との関係を築いていくのもいいかもしれませんね。あなたが今夜素敵な夢を見ることができますように。





太らないお正月の過ごし方 [ダイエットの悩み]

313616.jpg


「よく食べて・よく飲んで・運動不足」が定番なお正月は、太りやすい環境が整っています。そこで、太らないお正月の過ごし方をご紹介します。


1.初詣は階段のある神社・寺院へ


ただでさえ歩行数が増える初詣は、多くの階段がある神社や寺院を選ぶと、基本的にエスカレーターには逃げられないので、より運動量を増やすことができます。


階段の「昇り」は平地での“二歩分”、階段の「降り」は平地での“一歩分”に相当するカロリー消費量とのこと。そして階段の昇り降りは筋肉量を効率的に増やすので代謝が落ちるお正月にはもってこいです。



2.カリウムを含む生野菜を摂取


「神様をお迎えする新年に台所を騒がせない」という意味合いを持ち、日持ちする「おせち料理」はつくられました。


しかし、日持ちさせるために塩分濃いめで味付けられていて、酵素を含む生野菜も不足しがちで、むくみやすくなります。


そこで、塩分を体外に出してくれるカリウムを含んだ生野菜を食べるようにしましょう。アボガドやトマト、キャベツなら切るだけで簡単に食べられます。


但し、腎臓に障害がある場合、カリウム摂取は身体に影響があるそうなので、お医者さんに相談してみてください。



3.皆が集まったらカラオケへ


既に、年末に忘年会などで胃を酷使し、体重もアップさせているのに、お正月に追い打ちはかけたくはないですよね。なので、皆が集まったら飲み食いだけでなくカラオケ大会がオススメです。


しっかりお腹から声を出せばインナーマッスルである横隔膜も鍛えられるのでダイエット効果バツグン。また同時に大腸を刺激して便秘に効果を発揮する腹横筋も鍛えられるので、デトックスにも役立ちます。



4.お雑煮だけじゃない餅料理“もちピザ”


土地によりレシピに違いがある“お雑煮”をいただくと、美味しいだけじゃなく、故郷を感じホッとしますよね。しかし、そんな美味しい“お雑煮”は、ついつい炭水化物であるお餅をおかわりしてしまいます。


なので、お正月終盤は残ったお餅で野菜たっぷりな“もちピザ”に変えてみましょう。


熱したフライパンに油をひき、タマネギやピーマン、トマト、ブロッコリーなどを塩胡椒で炒めたら、細かく切った切り餅をのせ、チーズをのせて蓋をして弱火で10分程度置くだけ。


食物繊維たっぷりで血糖値が上がりにくい“もちピザ”の出来上がりです。



5.紅白なますを食べる


どっしりとお腹にくる“おせち料理”のなかで、唯一さっぱりとした口当たりで箸休めになるのが大根とニンジンの酢のもの「紅白なます」。


消化を助けるジアスターゼや、ビタミン・β―カロテン・食物繊維をたっぷり摂ることができる他に、お酢のクエン酸が疲れを癒してくれます。



いかがでしたか?一年の始まりを迎える大切なお正月。太らない過ごし方を少しだけ意識し、思いっ切りリラックスしてお過ごしくださいね。








さまざまな女性のお悩みを解決する”悩み解決”の総合情報サイト

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。