So-net無料ブログ作成
ヘアケアの悩み ブログトップ
前の5件 | -

髪がよみがえるトリートメントケア [ヘアケアの悩み]

633747.jpg


ダメージを受けてボロボロの髪。いつものトリートメントケア、もっと髪に効果的な方法がありますよ。


ヘアケアにはトリートメントが必要です。リンスやコンディショナーとほぼ同じ効果はありますが、すぐに洗い流してしまうと効果はでません。


毛の内側まで成分が浸透していくには時間を少しおかなければいけないのです。時間をおくことで、ダメージ部分に栄養を行き届かせることができますよ。


つやつやで健康的な髪質に変化していきますので、週に2、3回取り入れると◎。そんなトリートメントケアをもっと効果的に行う方法をご紹介します。



●水分はしっかりとふき取る


トリートメントをつける前にはシャンプーをして十分に汚れを落とします。そして水分を切るようにしましょう。水気が残っているとせっかくつけたトリートメントが髪の毛に密着しません。


髪の内部まで十分成分を浸透させるためにも一度、タオルで軽く抑えるのも良いですよ。乾かすことが目的ではないので、ゴシゴシとタオルドライする必要はありません。


髪の内部まで栄養を行き届かせるには、トリートメント前のこうした下準備が重要なのです。



●髪全体にまんべんなくつける


トリートメントをつける前に、目の粗いくしで髪の毛の絡んでいるところをほぐしておきます。毛がからんでいると、髪の毛全体にまんべんなくトリートメントがつかなくなってしまうのです。


それでは効果が出ている部分と、そうでない部分とに分かれてしまいますよね。特に毛先の絡みは、少しずつ毛を束にとって絡みをとっていきましょう。髪全体をとかし終えたら、トリートメントをつけていきます。


髪の長い人はできればいくつかにブロッキングしてから髪全体にトリートメントをつけていきましょう。



●特に毛先には丁寧に塗りこむ


トリートメントには髪質をやわらかくするものや、ぱさつきを抑えるものなどがあります。自分の髪のダメージにあったものを選んで使うようにしましょう。


手にトリートメントを出して、両手でこすり合わせることで、人肌程度に温めます。トリートメントが柔らかくなったら、塗っていきます。毛先から塗布していきましょう。


まんべんなく塗布したら、再び目の粗いくしで髪を梳いていきます。この時、髪を少しづつ束に分け、親指と人差し指で髪の中頃から毛先までなぞりましょう。


キューティクルを閉じるようなイメージで行って下さいね。



●時間を十分にかける


トリートメントを髪の毛全体につけおわったら、時間をおきましょう。長くおくことで内部まで栄養分が浸透していきます。この時間を惜しんでしまうと、仕上がりに十分な効果はえられませんよ。


リンスやコンディショナーは髪の表面を整えるものなのですぐに流してしまっても大丈夫。しかしトリートメントは髪の内部に働きかけるものなので、時間をかけてしっかりと浸透させましょう。



●よく洗い流す


時間をおいたら、洗い流します。このときすでにトリートメントに含まれている成分は、髪に浸透していますので、十分に洗いながしてもいいのです。


洗い流しているときに、すでに効果は実感できますよ。手触りがしっとりしているはず。


ヘアケアには時間をかけて行うことで、髪質もよくなりますし、回数を重ねていくことで、だんだん理想の髪になっていきます。


ちなみに髪のトリートメントは週に2、3回で十分です。髪に栄養を与えるものですが、与え過ぎるとベタつきの原因になってしまうこともありますよ。



いかがでしたか?ダメージのひどい部分には効果が出なかったりするので、あまりにも痛んでいるところは、これ以上傷まないようにカットしてしまったほうがいいかもしれません。


トリートメントをすることで、ダメージを受けた髪に栄養がいきわたり修復されていきます。毎日行う必要はありませんが、週に数回行うことで全体的にまとまりのある髪になっていくものです。



Original Design
  らちたるや 



ボサボサ寝癖の治し方 [ヘアケアの悩み]

397257.jpg


忙しい朝の時間は、出かける準備にとても貴重な時間。それなのに起きたら髪が寝癖で、ボサボサで大変...。そんなお悩みをお持ちの方もいますよね。


ここでは、早急にお直しする方法、髪に寝癖をつけない予防法を紹介します。



●精製水を髪に吹きかける


ドラックストア等で手軽に手に入る「精製水」。「精製水」は不純物を取り除いた水なので、髪の毛に馴染みやすくまとまり良くしてくれます。


ただスプレーボトルに入れて寝癖に吹きかかるだけで、髪の毛のツヤを保ちながら寝癖を整えることが出来ますよ。この時根本から濡らすのもポイントです。



●オイルをつける


髪の毛のボサボサが激しい場合は、まずしっかり水か精製水でしっとりするまで、髪の毛を濡らしましょう。


その後でホホバオイルや椿オイル、アルガンオイル等のお好みのオイルを、髪の毛全体に適量つけて、ドライヤーで熱を当てて下さい。


オイルは根本につけてしまうと、髪の毛がぺったりとなってしまうので、根本は避けて塗りましょう。



●ニット帽をかぶる


本当に時間がない時は、まず頭全体に圧のかかるニット帽をかぶってみましょう。ニット帽をかぶりながら歯磨き、メイク、服選びなどが出来ますね。


自然と髪の毛のボリュームが落ち着いてくるので、忙しい時の救世主です。時々帽子の跡がついていないか様子をみて、ボリュームが落ち着いた頃合いで帽子をはずしてセットしてください。


なお、休日などであれば帽子をかぶったままお出かけ出来ちゃうので楽ちんですね。



●髪の毛を完全に乾かす


寝癖を直すのは朝の貴重な時間を無駄にしてもったいないので、そもそも寝癖をつけないように予防することが大切です。


そこで夜寝る前は、髪の毛を完全に乾かしてから寝るのがベスト。また髪は寝ている間に髪の毛同士がこすれて、痛んでしまうものです。


ドライヘアで髪の毛が乾燥しやすい人は、髪の毛を適度にしっとりさせるような成分の、洗い流さないトリートメントをつけて寝ましょう。まとまるので寝癖防止にもなります。



●シャンプーをしっかりすすぐ


毎日するシャンプー。実はシャンプー後のすすぎが、寝癖を左右します。シャンプーのすすぎは洗う時間の3倍を目安にしましょう。


最低でも3分以上して、髪や頭皮の汚れやシャンプー成分をしっかりと落として下さい。地肌環境がよくなり、生えてくる髪の毛もしっかりするので、寝癖が付きにくい髪質が作れますよ。



いかがでしたか?ただでさえ朝は忙しいのに、髪のセットでイライラして1日をスタートするのは嫌ですよね。寝癖をちゃちゃっと直し、ゴキゲンな髪の毛で一日をスタートさせましょう。




かんたん寝ぐせ対策 [ヘアケアの悩み]

601575.jpg


美容室ではふんわり可愛くセットされていたのに、家に帰って髪を洗った翌朝には頭が爆発しちゃってる…。


そんな経験は誰にでもありますよね。また髪が朝起きたらペッタンコになってしまっている、という人もいるでしょう。


特にショートヘアや伸ばしかけの場合、寝ぐせもつきやすくて厄介なもの。ここでは、寝ぐせをなおして「ふんわり感」を回復させる裏ワザをご紹介します。



●夜寝る前に出来ること


夜シャンプーした後に髪を乾かしますよね。この時、根元は完全に乾かしつつ、全体は6割くらい乾いたところでストップします。


そして、髪の根元は避けつつ、髪の毛全体にムースを揉み込みましょう。


「せっかく髪を洗ったのに」という気がしますが、ここでムースを仕込んで置くことで翌朝の仕上がりが違いますよ。


全体にムースを揉み込んだら、残りも乾かしていきましょう。この時、外出用のスタイリングではないので、かっちりとセットする必要はなく、ただざっくり乾かして下さいね。


完全に乾かすことがポイントです。ドライヤーは頭頂部からアゴに向かう方向で、上から斜め下に風が当たるようにしましょう。


斜めにひっぱりながら温風を当てると翌朝、扱いやすい髪になっていますよ。



●寝る時に出来ること


寝る時、寝ぐせがつかないようにするため、ナイトキャップやニット帽を被ったまま寝る人もいますよね。


しかしそれでは何だか不自然にペッタンコになってしまいませんか?せっかくふんわり感を出したいのに、根元からペッタンコになってしまうのは避けたいもの。


そもそもなぜ寝ぐせがついてしまうかというと、寝ている間に髪が動いてしまうことが原因。つまり、髪を動かさないことがポイントです。


確かに熟睡した日は髪がまとまっている気がしますもんね。


そこでおすすめなのは、髪を固定させるために、低反発の枕を使うこと。頭が固定されやすいので、髪も動きにくくなります。


またビニール袋に枕を入れて、寝るのも寝ぐせ防止に役立ちます。


この方法は確かに寝ぐせを防止することが出来ますが、髪のキューティクルが傷む原因にもなりますので、毎晩は避けたほうが良いでしょう。



●朝おきてから出来ること


朝は髪の寝ぐせの状態によって整え方が変わってきます。


・髪が広がっている場合


朝おきたら、爆発してしまった場合、蒸しタオルが効果的です。まずは蒸しタオルを頭にのせます。その後、寝ぐせがひどい部分の髪の根元、頭皮を濡らすように蒸しタオルで揉みましょう。


その後手ぐしでさっと整え、ドライヤーで乾かせば完成です。


・髪のボリュームがなくなりぺったりしている場合


朝、髪が根元からペッタンコになってしまっている場合には、ベビーパウダーを使いましょう。


ベビーパウダーを少量手にとり、頭皮に馴染ませます。揉み込むように地肌をマッサージしたら、丁寧にブラッシングしていきます。


この時、ボリュームを出したい部分を立ち上げるようにブラッシングすると◎。



いかがでしたか?毎日、寝ぐせのセットに時間も手間もかかって大変、という方も多かったのではないでしょうか。


これらの方法で気になる寝ぐせを治して「ふんわり感」のある可愛いセットをして下さいね。




寝ぐせを防止するためには? [ヘアケアの悩み]

528254.jpg


せっかく夜にしっかりと髪の毛をまとめたのに、一晩経ってみたら寝癖で髪の毛がボサボサ…。さすがに毎日だと嫌になってきます。


朝から髪の毛を濡らして、またドライヤーを使ってしっかりとブローをするのは、非常に時間が掛かってしまいます。


そこで大切なのが、寝ぐせをつけないように寝る方法を身に付けるということ。寝ぐせを解消するには夜の寝る前ケアが欠かせません。



●トリートメントをつける


お風呂から上がって、ドライヤーをかける前に、しっかりと洗い流さないトリートメントをつけるようにしましょう。トリートメントには髪の毛の修復以外にも、夜の間乾燥から守ってくれるという効果があります。


寝る前ににはしっかりドライヤーで乾かすことが大事です。


ですが寝る前にしっかりと乾かしてしまって、髪の毛がカラカラに乾燥している状態で寝てしまいますと、寝ぐせが付きやすくなります。トリートメントで適度に保湿してくださいね。



●前髪から乾かすことが大切


ドライヤーを使って髪の毛を乾かす時に、なんとなく濡れている後ろ髪から乾かす人が多いのではないでしょうか。


ですが後ろ髪を乾かしている間に、あっという間に前髪は乾いてしまいます。そうしますと、前髪に変な癖がついてしまって、朝起きた時に変な寝ぐせがついてしまうのです。


ドライヤーをあてる時には、必ず髪の毛の量が少なくて、乾きやすい前髪から乾かすようにしましょう。生え癖を消すように根本の地肌をこすりながら乾かして下さいね。



●ドライヤーの風は、後ろからあてる


またドライヤーを使って全体を乾かす時に、方向を考えないで強くかけすぎるのもダメ。無駄なボリュームが出てしまいます。


そうしますと、寝ている時に寝ぐせもつきやすくなってしまいますので、注意が必要です。


ふんわりとした自然な髪の毛を作る為にも、ドライヤーの風は、出来る限り後ろから前にあてるようにして下さい。


サイドは顔の丸みを利用して、顔に沿わせて乾かすと、キレイにまとまります。方向をしっかりと決める事で、ボリュームを抑えることが出来ますよ。



●乾きにくい所は、ピンを使う


ドライヤーを使って髪の毛を乾かしておりますと、どうしても髪の毛の量が少ない所から直ぐに乾いてしまいます。


仕方のない事ではありますが、少しでも均一に乾かしたいといった時には、ピンがおすすめです。


乾かしたい所をピンで止めて、上にあげてから根元をしっかりと乾かすようにしましょう。そうする事で、乾かし漏れを防ぐことも出来ますよ。


特に後ろは髪の毛が乾かしにくく、濡れたままになってしまいがちです。


乾かし漏れの箇所があると、寝ている間にそこから癖が出てしまいます。濡れたままでは髪が傷む原因にもなるので乾かし漏れはなくしましょう。



●指を使って、上手に乾かそう


ある程度髪の毛が長い人は、指を使って上手にドライヤーで髪の毛を乾かしましょう。指でくるくると回転させながら、内巻きを作って下さい。


そして、ドライヤーをあてる事で、より上手に乾かせますよ。内側の髪は乾きにくいのですが、指に巻きつけることで、内側にも温風を当てることが出来ます。


また、ドライヤーで8割程度乾かしたら、冷風に切り替える事を忘れないで下さいね。


髪の毛が熱いままですと、オーバードライになってしまって、酷い寝ぐせの原因を作り上げてしまいます。



いかがですか?朝の酷い寝ぐせを直す為に大切なのは、ドライヤーの使い方です。早く寝たいからと言って、適当にドライヤーをかけてしまいますと、結果として朝に苦労する羽目に…。


特に乾かし過ぎと、ボリュームが出るような乾かし方は、寝ぐせが酷くなる原因を作るだけですので、気をつけましょう。


毎朝大変な思いをして、寝ぐせを直している人は、是非今日から試してみて下さいね。




美髪シャンプーのポイント [ヘアケアの悩み]

494895.jpg


当たり前のように毎日している洗髪ですが、それは本当に正しい洗い方でしょうか?


間違った洗い方をしていると、髪のぱさつきや抜け毛、切れ毛などが生じる原因になってしまいます。フケやかゆみが生じることもあるでしょう。


正しい洗い方を知ることは髪を守るために大切なことです。ここではそんな髪を労る、正しいシャンプーの方法をご紹介します。普段のシャンプーをチェックしてみてくださいね。



1・お湯の温度


髪の毛を洗う際、湯舟のお湯やシャワーの温度にまず注意しましょう。


熱すぎるお湯で髪の毛を洗うと、髪に必要な脂分までも洗い落としてしまうことになり、髪のキューティクルを損ねてしまいます。


洗顔にも同じことが言えますが、髪を洗うときの温度は37度前後のお湯を使うことはベスト。思っているよりも冷たく感じるかもしれない温度です。


洗顔と違う点は、洗顔は冷水で洗うのも良いですが、髪の毛の場合は水ではシャンプーが流し切れず残ってしまう場合があります。


しっかり流すためにもぬるま湯を使うようにすると良いでしょう。



2・シャンプー前


髪の毛には、一日生活した中で、埃や砂、ヘアワックスなどさまざまな汚れが付いています。


洗髪する前に軽くブラッシングをすることで、それらを少し除去したり髪の表面に浮かすことができて、シャンプーの際に汚れが落ちやすくなるのです。


またシャンプー剤を付ける前に素洗いをすることでも、汚れを浮き立たせることができます。ブラッシングや素洗いをすることで、より効果的な洗髪ができるでしょう。



3・シャンプーする場所


シャンプーは手のひらに取って、泡立たせてから使用することがまずポイント。


さらに泡立たせたシャンプーは、髪の毛に付けるのではなく、頭皮に付けるようにします。まずはしっかりと、頭皮の汚れから落としていくことが大事です。


頭皮を洗うことはマッサージ効果もあり、頭部分の血行促進効果もありますよ。そうすると代謝が良くなり、抜け毛の予防にもなるのです。


頭皮をケアすることで、美しい髪の毛が成長しやすくなります。



4・力の入れ方


髪を洗う際に、汚れを落としたい一心から手で髪を揉み洗いしていませんか。


けれども髪の毛を摩擦することは、大きなダメージを与えることになってしまいます。髪同士の擦れもダメージに。


これはタオルドライの際にも言えることで、タオルで擦るようにして髪を乾かすやり方はダメです。洗うときも拭くときも、髪を包み込むように優しく丁寧に行うようにしましょう。


拭くときはタオルで挟み、ポンポンと水気をタオルに移すイメージで。



5・乾かし方


髪の毛を洗ったあとは、髪が乾燥しやすくなっています。


面倒くさいからといって自然乾燥させたり、濡れたままで寝てしまう人もいますが、それは髪の毛にとってとても負担が大きいです。


濡れた状態は髪のキューティクルがはがれやすくなっていて傷みやすいので、早くドライヤーで乾かすことが大切。


濡れたまま寝ることは、寝具に雑菌が繁殖しやすくなりフケやかゆみの原因にもなります。潤いのある髪のために、洗髪後は素早くドライヤーで乾かすようにしましょう。



いかがでしたか?髪は女の命とも言われます。しっかりとケアしていても、生活するだけでダメージにさらされているので、傷んでいくのは仕方のないものです。


ダメージを進行させないためにも、毎日正しい洗髪を行いましょう。またひどくダメージを感じた日には、トリートメントでのケアも大切ですよ。




前の5件 | - ヘアケアの悩み ブログトップ