So-net無料ブログ作成
検索選択
バストの悩み ブログトップ

バストが大きくなる習慣とは? [バストの悩み]

330995.jpg


「今のバスト、もう少しだけ大きくなったらな…」。実は、ちょっと生活を変えるだけで、バストを進化させることができるのです。


ここでは、とっておきの美習慣をご紹介します。



●おかずには「刻んだキャベツ」を添える


キャベツには、「ボロン」という成分が含まれています。「ボロン」は、女性ホルモンを活性化させると言われています。ご飯のおかずには、刻んだキャベツを添えてみてはいかがでしょうか?



パソコンは「目線と同じぐらい」


猫背は、胸が小さく見える原因。特に、ネット社会の今は、猫背の女性が多いと思います。そこで提案。パソコンは「目線と同じぐらい」に設置しましょう。目線より下になると、猫背になってしまいますよ。



●毎食、「大豆製品」を摂る


胸を大きくするには、女性ホルモンを活性化させることが大切。そこでオススメなのが、大豆製品。大豆製品に含まれる「大豆イソフラボン」は、女性ホルモン「エストロゲン」と構造が似ています。


体内に入ると、女性ホルモンを活性化させるのです。納豆や豆腐、味噌に至るまで、大豆製品の商品は沢山ありますので、是非、毎食食べてくださいね。



●お茶をするときは「ココア」を飲む


女友達とお茶をするとき、みなさんは何を飲みますか?オススメなのが、ココアです。「テオブロミン」という化学物質の働きにより、女性ホルモンが活性化されるので、バストアップに繋がりますよ。



●おやつに「かぼちゃプリン」を食べる


「亜鉛」は、女性ホルモンを正常に保つ成分。卵に多く含まれています。ここで提案。おやつに、かぼちゃプリンを食べてください。


かぼちゃは「ビタミンE」が豊富で、「亜鉛」を体内に吸収しやすいようにしてくれます。食べた後、満足感があるので他のお菓子を食べずに済みますよ。



いかがでしたか?これらの方法で、バストアップを目指してみてはいかがでしょうか?




バストを大きくする方法 [バストの悩み]

280991.jpg


バストは女性にとって、とても重要ですよね。大きくて形のきれいな美乳なら、胸元の空いた服でも自信を持って着こなせそうです。


日本人のバストは比較的小さいものだとは言われていますが、それでもやはり大きいバストというのは憧れるものですよね。ここでは、バストを大きくするための方法をご紹介します。



●そもそもバストはどうやって大きくなるの?


女性の胸の成長は思春期を迎えた頃から起こりはじめます。


思春期になり大人の体になるために「エストロゲン」と「プロゲステロン」という女性ホルモンが分泌され、成長ホルモンなどと関わりながら胸は成長するのです。


そのためこの時期に不規則な生活を送っていたり栄養バランスの偏った食生活を続けていたりすると、ホルモンバランスが崩れてしまうことも。


もちろん、規則正しい生活や食生活をしていても遺伝や体質によって成長しない人もいますので、ホルモンだけの原因とはいえません。



●女性ホルモンを分泌するには?


バストの成長にはエストロゲンとプロゲステロンと言う女性ホルモンが大きく関わっています。ですから、女性ホルモンの分泌を増やすことが、バストの成長にも大きく影響するのです。


そんな女性ホルモンを活発に分泌させるには、主に食事と生活習慣とマッサージが効果的です。



●ホルモンバランスを整える食事とは?


女性ホルモンを分泌するのに効果的と言われるのが、エストロゲンの代謝を助けるビタミンB6が含まれている食品です。ビタミンB6はマグロやサツマイモ、バナナなどに豊富に含まれています。


意識して摂取するようにしましょう。また女性ホルモンの味方である豆乳。直接バストアップには関わってこないかもしれませんが、美容に良い成分は豊富です。


朝にバナナ豆乳ジュースにして飲むと良さそうですね。ちなみに豆乳は一日一杯ぐらいが目安とされていますので、飲み過ぎには注意してくださいね。



●女性ホルモンに良い生活習慣とは?


女性ホルモンを分泌するためには規則正しい生活をしてホルモンバランスを整えるのが大切です。毎日決まった時間には寝て決まった時間に起きるリズムをつけましょう。


ちなみに夜10時から翌2 時までの時間帯は睡眠のゴールデンタイムと言い、この時間に睡眠をとることが大事という話を聞いたことがあると思います。


しかし最近では入眠してから3時間の間に最も多くの成長ホルモンが分泌されるという話もあり、時間はあまり関係ないようです。


時間を守るよりも、入眠してから3時間の睡眠の質を上げることに注力したほうが良いかもしれませんね。



●マッサージはしたほうが良い?


マッサージもバストアップに大きく影響します。特にリンパマッサージを行いましょう。


リンパは体内の細胞が排泄した老廃物を運ぶ重要な器官。リンパが滞っていると代謝が悪くなり、むくみやすくなりますし栄養素が細胞に届きにくくなってしまいます。


リンパマッサージをすると綺麗に老廃物が流れていきますので代謝もよくなってホルモンバランスも改善されますし、マッサージによって乳腺が刺激されバストアップしやすくなりますよ。



いかがでしたか?一つの方法に拘らず、できそうなものを生活に取り入れて習慣化してみましょう。もちろんすぐに結果が出る訳ではありませんので、焦らず長い目で見ていって下さいね。





美バストの作り方 [バストの悩み]

473799.png


近年、女性のバストサイズ平均はどんどん大きくなっているのだとか。それと同時に「胸が大きすぎて嫌だ」と考えている人も少なくないのだそう。


確かにバストが大きすぎると太っているように見えてしまい、ファッションがキレイに決まらない、ダイエットしても周りの反応が変わらないなど様々な問題が浮かんできますよね。


しかし、太って見えるのは胸のサイズだけが原因というわけではありませんよ。トレーニングをしたり、日常生活での悪癖を改善したりすることで形のキレイな胸を作ることができます。


ここでは、胸の形をキレイにしてスタイルアップする方法をご紹介します。



●有酸素運動


そもそもバストは脂肪でできていて、柔らかければ柔らかいほど、温かければ温かいほど燃焼しやすい性質を持っています。そのため、普通のダイエットをするとバストから痩せていくんです。


胸痩せをするには運動で脂肪を燃やすのが効果的ですよ。


空気中の酸素を体に取り込んで熱エネルギーに変える有酸素運動を継続的に行うことで、バストだけでなく、体全体の脂肪を燃やすことができます。


特に積極的に胸を動かす水泳やジョギングを取り入れるのがオススメ。ゆっくりとした動きを長時間続けることがポイントです。


ここで早く効果が出てほしいと無理をしてしまうと、有酸素から無酸素運動に変わってしまい、脂肪燃焼の効果が下がってしまいます。


また激しい運動や上下に動かす運動はバストの形をキープしている「クーパー靭帯」を伸ばす可能性があり、バストの形を崩してしまいます。運動をする際は力加減を考えて行うことが大切ですね。



女性ホルモンの分泌を抑える食事


バストサイズをアップさせる方法として、豆乳や納豆などのイソフラボンを多く含む大豆製品を食べて女性ホルモンの分泌を増やす方法がありますよね。


逆に胸痩せをするのですから、女性ホルモンの分泌を少し抑える食生活にしましょう。


ブロッコリーやカリフラワーなどアブラナ科の食材を食べると、女性ホルモンの一種、「エストロゲン」の分泌を抑える効果があるのだとか。


また乳製品や大豆製品などの脂肪が多い食事を控えることもポイントです。和食を中心の生活に変えて、ヘルシーボディを作っていきましょう。



●合わない下着をつけない


胸を小さく見せたいからといって、小さめの下着をつけてバストを押さえつけていませんか?サイズが合わないものをつけると、胸の形を悪くしたり、逆に変に強調してしまうことがあります。


フルカップタイプのブラだと胸全体を覆ってくれることから、胸の形をキレイに見せることができますよ。また胸を小さく見せるタイプもあるのでお店の人と相談しながら自分に合ったものを選ぶのがオススメです。



●肩甲骨を刺激する


デスクワークや勉強を長時間していると、どうしても姿勢が前かがみになりがちですよね。背中を丸める姿勢を続けているとバストの位置が下がってしまいます。


そうすると胸の形がのっぺりと広がったような形になり、太って見えます。


そんな時は肩甲骨をほぐすようにしましょう。後ろで手を組み、ぐっと伸ばして下さい。肩甲骨をほぐすことを毎日続けることでバストが上向きになり、きれいなラインを作ることができますよ。


また猫背になるとバストをスッキリ見せることができなくなるため、普段の生活から胸を張って背骨が曲がらないように注意していきましょう。



●筋トレをする


横から見ると全体的に分厚い…と感じている人はもしかしたら背中に脂肪が付いているという可能性があります。


背筋を鍛えることで、背中をスッキリさせ上半身をキレイに見せることができますし、基礎代謝を高める効果や猫背改善にも役立ちます。


一方で胸の形が左右に広がっている人は胸筋が緩んでいるのかもしれません。


胸筋を鍛えることで、キュッと上向きのバストを作ることができますし、将来バストが垂れてしまうという心配も少なくなりますよ。


腕立て伏せなど上半身を鍛える筋トレを無理のない範囲で行うことで、美バストを手に入れることができます。



●首元が開いた服でカバー


胸の大きさを隠したいという思いで、つい、ゆったりしたラインの服を着てしまいがちに。


それではさらに太って見える可能性があります。できるだけ、胸元が開いた服を着て上半身をスッキリさせましょう。


Vネックのような切れ込みが深いタイプは全体をすっきり見せることができますよ。鎖骨を見せて色気を上手く出しちゃいましょう。



いかがでしたか?ここでは、バストが大きな人でもキレイな形を作る方法をご紹介しました。サイズが大きすぎることに悩むのではなく、上手く見せることが大切なのかもしれませんね。


ぜひ参考にして美乳を作っていきましょう。




キレイなバストラインを保つ簡単エクササイズ [バストの悩み]

082238.jpg


最近、バストラインが変わってきたなぁ。ちょっと下がってきた?なんだかブラジャーをとると、バストが離れてる?


心当たりのある方は要注意。バスト周りの筋肉が衰えているのかもしれません。早めの簡単トレーニングで筋力を取り戻し、美バストを今すぐ手に入れましょう!


ここでは、寝る前の「スキマ時間」でサッとできる美バストエクササイズをご紹介します。



●お盆をどうぞ!上向きバストエクサ


1)あぐらをくみ、 背筋をシャンと伸ばした姿勢で、脇を締めたままお盆を持つようにして手のひらを上に向けます。


2)ゆっくりと息を吐きながら、ひじを身体の前に伸ばしてください。


3)息を吸いながら、元の姿勢に戻ります。


1)~3)を10回繰り返して1セット。お盆の上に水が目一杯入ったグラスが乗っているイメージで、こぼさないように気をつけて動かすようにすると効果がUP。


胸の筋肉(大胸筋)の上の部分が鍛えられ、キレイなバストラインに。垂れ気味のバストも引き上げて上向きになりますよ。


慣れてきたら、ゴムチューブなどを背中に回して両手に持ち、負荷をかけるのもオススメです。



●ボールをぎゅーっと!ハミ乳対策エクサ


1)あぐらの姿勢で、手の甲を上にして両手をひざに置きます。その状態から、大きなボールを抱きかかえるイメージで両腕を持ち上げます。


2)息を吐きながら、ボールにぎゅっと抱きつくイメージで、ひじを曲げたまま前に伸ばします。


3)からだの前で両手の親指がくっついたら、息を吸いながら、両手をもとの形に戻します。


1)~3)を10回繰り返して1セット。1日2セットを目安におこないます。


大胸筋を鍛え、バストアップ効果があると同時に、脇の下の筋肉(大円筋)も刺激します。これで、脇にはみ出てしまったバストもスッキリとあるべき位置に戻ります。


このトレーニングも、ゴムチューブで負荷をかけるとさらに効果があがりますよ。



●後ろの方にもお盆をどうぞ!アンダーバスト持ち上げエクサ


1)あぐらをくんで、脇を締めて、お盆を持つように手のひらを上に向けます。


2)ゆっくりと息を吐きながら、手を前に出し、後ろにいる人にお盆を渡すようなイメージで上半身だけを右後ろにひねります。


3)息を吸いながら、元の姿勢に戻ります。


反対側も同じように、交互に10回繰り返し1セット。1日2セットから。


このトレーニングでは、脇腹の筋肉(内、外腹斜筋)を鍛えることができます。


アンダーバストから脇腹が引き締まることで、バストを寄せて上げる効果が!上向きの美バストも夢ではありません。



こんな方法で効果あるの?というくらい簡単なエクササイズですよね。でも、バスト周りは普段動かすことの少ない筋肉です。


ちょっと意識して動かすだけでも身体のラインが変わってくるのを実感できるはず。寝る前の習慣にして、上向き美バストを手に入れましょう!




美バストをキープする簡単習慣 [バストの悩み]

212169.jpg


女性なら、みんなが気になるバストの形。ケアしておかないと、年齢とともに形も崩れてしまう場所なので、今は大丈夫でも日頃から注意しておきたいですよね。


でも、知らず知らずのうちにNGなことをしてしまっているモノです。あなたも、もしかしたら自分のバストを綺麗に保てない習慣を身につけてしまっているかもしれません。


ここでは、改めて綺麗なバストを保つために気をつけたいポイントをご紹介します。



●高いヒールはなるべく履かない


高いヒールを履くと、脚がほっそりと見えてセクシーですよね。ヒールは女性にだけ許された武器ですが、ヒールを履いたときには猫背になりやすいという落とし穴があります。


毎日ヒールを履いている、という人は急に全く履かないというのは難しいので、少しずつヒールなしの靴を履く日も増やすといいでしょう。


ヒールを履いていなくても、普段から猫背気味の人は、胸の形が崩れやすくなります。猫背は肩こりなど以外にも、胸の形にも悪影響を及ぼすので、治すようにしましょう。



●仰向けで寝る


あなたは、寝るときどんな姿勢ですか?実はうつ伏せや横向きで寝ると、胸の形が悪くなってしまうんです。うつ伏せはなんとなく潰してしまうことがわかりますが、なぜ横向きもダメなのでしょう?


どちらかの方向を向いて寝る癖があると、左右のバストの高さや形が変わってしまいます。左右のバランスが崩れないように、なるべく左右均等に寝るか、仰向けで寝るようにしましょう。



●簡単マッサージをする


胸を綺麗な状態に保つためには、積極的なアプローチも重要です。お風呂などで湯船に浸かりながら、簡単にできるマッサージをしましょう。


脇の上の部分をくるくると円を描くようにほぐします。続いて、背中からお肉をしっかりと胸にもってくるように動かします。これを毎日続けるだけでも、胸を綺麗にできますよ。



●寝るときもブラをつける


家にいるとき、寝るときまでブラをつけるのは苦しいと感じる人も多いはず。ですが、寝ている間や、少しでも歩く場合、胸の重さで胸が下に下がってしまいます。


最近は、寝ているときにも快適に過ごせる専用のナイトブラもたくさんあるので上手く活用してみては?寝るとき用のブラには、伸縮性がよく、汗を発散する力が強いものを選ぶと気持ちよく過ごせますよ。



ダイエットしても栄養は摂る


ダイエットはほとんどの女性が、いつも気にしているところではないでしょうか。ダイエットの方法はいろいろとありますが、特に多くの人が行っているのは、食事を制限するものでしょう。


痩せたいという気持ちはわかりますが、食事を減らすと栄養も減ってしまい、胸からボリュームが減ってしまう可能性が高いです。


バランスを崩すようなダイエット方法は胸にも身体にもよくないですよ。大豆製品などの植物性たんぱく質が豊富な食材を上手く食事にとりいれるとよいでしょう。



いかがでしょうか?胸の形はできるかぎり綺麗なまま保ちたいですよね。胸は垂れてしまうと元に戻すことはできません。毎日の継続した行動が綺麗なバストを作るためには必須です。


胸にいい習慣を続けて、いつまでも魅力的な胸を維持しましょう!




胸を小さくさせている習慣とは? [バストの悩み]

384236.jpg


「お母さんもおばあちゃんも胸が大きいのに、どうして私は小さいの…」と悩んでいませんか?もしかしてそれ、普段何気なくやっていた行動が原因で小胸になってしまっているのかもしれません。


自身の生活習慣を見直して、胸にとってNGな行動をとっていないか、ここで確認してみましょう!



●白砂糖の食べ過ぎ


見た目が可愛く、美味しいスウィーツには、ご存知のように白砂糖がたくさん使用されていますね。そして、白砂糖は体を冷やす働きをしてしまうため、バストアップには不向きな食材です。


それはなぜかというと、体が冷えると新陳代謝が低下してしまい、筋肉や皮膚のコンディションまで悪くなってしまうから。


また、胸は突出しているため、他の部位よりも冷えやすいパーツなので、温めて育ててあげることが非常に大事。


大きめなバストを目指すのであれば、白砂糖の摂取はできるだけ控えた方が賢明といえますね。



●油を一切摂らない食生活


ダイエット中で油を避けがちな女性で多いのがこれ。まず、胸の大部分は脂肪なので、油を食生活から一切抜くなんて言語道断。


バストアップには良質な油が必要不可欠で、タンパク質豊富な肉類や、血流を良くするビタミンEが含まれたオリーブオイルは特に良いとされています。


カロリーばかりを気にして油をカットするダイエットは、バストアップにはもちろん、肌にも悪い影響を与えてしまうだけ。


小胸を解消したいのなら、適度な油も摂取できるバランスのとれた食生活を心がけましょう。


また、アボカドやアーモンドにも良質な油が含まれているので、小腹が空いた時に食べてみると良いかもしれませんね。



●カップ付きのインナーを愛用


内側にカップが付いたインナーは、締めつけ感もなく、多くの女性から支持を集めています。しかし、こうした衣類は脂肪が揺れやすいので、結果胸が痩せてしまうという結果に。


そうならないためにも、普段から胸はしっかり固定してあげることが大切です。


「けど、休みの日ぐらいはゆったりしたブラで過ごしたい…」と言う方は、できるだけ締めつけ感がなく、且つホールド力があるタイプを選べばOK。


ノンワイヤーでもホールド力に優れているブラも見つかるので、お近くの下着屋さんに足を運んだ際は、店員さんに尋ねてみてください。



●激しい運動


普段からスポーツをする習慣がある、という方はこの時の胸の揺れに十分注意してください。先程も説明した通り脂肪が揺れるとその分、カロリーも消費されるので、当然胸だって痩せてしまいます。


この時、カップ付きインナーや、ゆるいスポーツブラで済ませがちですが、ちゃんとホールド力のあるものをチョイスするようにしてください。


また、ダイエット目的で激しい運動をされているという方であれば、動きがスローなエクササイズに切り替えてみるのも手。


これなら、無駄に胸を揺らすこともなく、体に付いた余分な脂肪を燃やすことができます。



いかがでしょうか?そう、自分では思ってもみなかったような普通の行動が、胸の成長を妨げていることがあります。これからは、胸が喜ぶ習慣に切り替えて、美バストの育成に励んでくださいね。




バストアップして見えるファッションとは? [バストの悩み]

080590.jpg


冬は、彼氏やあこがれの男子とのイベントが目白押しのシーズン。


ライバルに差をつけ、ググッとカレの気持ちをわしづかみにしたい貴方に、簡単に一日だけでも「バストアップ」してスタイル美人になれるファッションテクニックを伝授します!


1.驚くほど胸が豊かに変貌する「ニットテク」


上半身がまーるく、ふっくら見えるニットというのがあるのをご存知ですか?


・太い毛糸で編まれた暖色系カラーのざっくりニット


・編み幅の間隔が広いリブニット


・アンゴラやモヘアのVネックニット


どれも、 柔らかい質感やボリュームのある素材が着るだけで上半身をふくよかに、つまりはバストを大きく見せくれる効果があるんです。



2.「バストだけ」大きく見せるテク


しかし!単なる上半身デブになってしまっては、元も子もありません。バストは大きく、ウエストから下半身はすっきり、ほっそりと見せる着こなしと服選び、というのがあります。


・胸下で切り替えになっているデザインを選ぶ


→胸元がギャザーになっている、立体的になっているのがベスト。胸より下はタイトになっていることが大切!流行のぺプラムトップスもおすすめ。



・デコルテからバストまで、大きく開いたデザインを選ぶ


→といっても、ポロリになるような、やり過ぎは禁物!あくまで爽やかに、彼氏ウケする魅力的な演出のためには、甘すぎないカラーとシンプルなデザインが必要不可欠。


白のスッキリデザインのリブニットでVネックが大きめに開いている物や、Vネック白Tの上からさらに大きくVに開いたざっくりニットを重ねる、などです。


・胸元に視線を誘導するデザインを選ぶ


→リボン、フリンジ、レース、ボタンなどが胸元にあると目線が胸に引き寄せられます。胸元までの長いネックレスも目線誘導効果が!上手に活用しましょう。



3.全体がふっくら見えるAラインはNG!


「バストがしっかりあるスタイル美人」になるには、セクシーでメリハリのきいたファッションがおすすめ。


Aラインワンピやコクーンシルエットなどは「可愛い」効果はバツグンですが、全体がふっくらしてしまい幼く見える危険があります。


また、下にいくにつれてボリュームがあるシルエットになるため、結果的にバストが大きく見えません。


そこでおすすめなのが以下のテクニック。


・ハイウエスト、トップイン


→なるべくウエストはすっきりと高く、バストから下が締まって見えるように。


タートルネックを着こなす


→首元が詰まったデザインは、ぽっちゃりさんには危険なアイテムですが、しっかりブラで補正すれば小ぶりなバストの女性こそ最も魅力的に見えるデザインと言われています。


・ベルトはできるだけ太めに!


→太めのベルトはウエストを細く見せる効果があります。つまり、上にあるバストがそのぶん大きく見えるんです。



いかがでしょうか?胸の小ささをカバーして、スタイル美人になるファッション。さっそく実践!する価値アリ、です。





バストの簡単エクササイズ [バストの悩み]

021005.jpg


最近、バストラインが変わってきたなぁ。ちょっと下がってきた?なんだかブラジャーをとると、バストが離れてる?心当たりのある方は要注意。バスト周りの筋肉が衰えているのかもしれません。


早めの簡単トレーニングで筋力を取り戻し、美バストを今すぐ手に入れましょう!ここでは、寝る前の「スキマ時間」でサッとできる美バストエクササイズをご紹介します。



●お盆をどうぞ!上向きバストエクササイズ


1.あぐらをくみ、 背筋をシャンと伸ばした姿勢で、脇を締めたままお盆を持つようにして手のひらを上に向けます。


2.ゆっくりと息を吐きながら、ひじを身体の前に伸ばしてください。


3.息を吸いながら、元の姿勢に戻ります。


1~3を10回繰り返して1セット。お盆の上に水が目一杯入ったグラスが乗っているイメージで、こぼさないように気をつけて動かすようにすると効果がUP。


胸の筋肉(大胸筋)の上の部分が鍛えられ、キレイなバストラインに。垂れ気味のバストも引き上げて上向きになりますよ。


慣れてきたら、ゴムチューブなどを背中に回して両手に持ち、負荷をかけるのもオススメです。



●ボールをぎゅーっと!ハミ乳対策エクササイズ


1.あぐらの姿勢で、手の甲を上にして両手をひざに置きます。その状態から、大きなボールを抱きかかえるイメージで両腕を持ち上げます。


2.息を吐きながら、ボールにぎゅっと抱きつくイメージで、ひじを曲げたまま前に伸ばします。


3.からだの前で両手の親指がくっついたら、息を吸いながら、両手をもとの形に戻します。



1~3を10回繰り返して1セット。1日2セットを目安におこないます。


大胸筋を鍛え、バストアップ効果があると同時に、脇の下の筋肉(大円筋)も刺激します。これで、脇にはみ出てしまったバストもスッキリとあるべき位置に戻ります。


このトレーニングも、ゴムチューブで負荷をかけるとさらに効果があがりますよ。



●後ろの方にもお盆をどうぞ!アンダーバスト持ち上げエクササイズ


1.あぐらをくんで、脇を締めて、お盆を持つように手のひらを上に向けます。


2.ゆっくりと息を吐きながら、手を前に出し、後ろにいる人にお盆を渡すようなイメージで上半身だけを右後ろにひねります。


3.息を吸いながら、元の姿勢に戻ります。



反対側も同じように、交互に10回繰り返し1セット。1日2セットから。このトレーニングでは、脇腹の筋肉(内、外腹斜筋)を鍛えることができます。


アンダーバストから脇腹が引き締まることで、バストを寄せて上げる効果が!上向きの美バストも夢ではありません。



こんな方法で効果あるの?というくらい簡単なエクササイズですよね。でも、バスト周りは普段動かすことの少ない筋肉です。


ちょっと意識して動かすだけでも身体のラインが変わってくるのを実感できるはず。寝る前の習慣にして、上向き美バストを手に入れましょう!





バストについて [バストの悩み]

212354.jpg


自分のバスト(乳房)の大きさや形が気になったことは、女性ならば一度は経験があるものです。


ですが、女性にだけ与えられたバスト(乳房)がなぜ人によって大きさや形が違うのか、どんな働きをするのかなど詳しく知っていますか?


バスト(乳房)の基礎知識を知ることで、自分の体に対する意識が変わるかもしれません。



●バスト(乳房)の構造


「乳房」は一般的には「ちぶさ」、専門的には「にゅうぼう」と呼ばれています。女性の胸の膨らみを指す意味で「バスト」と呼ぶこともあります。


バスト(乳房)は、赤ちゃんのための母乳を分泌する乳腺と脂肪でできています。大胸筋が乳腺や脂肪を下から支えて、胸の張りを形づくります。


乳腺は母乳を作る大切な組織ですが、脂肪は母乳の分泌には関係がありません。では、脂肪の役割とは何なのでしょうか。


実はバスト(乳房)の約90%が脂肪で、大事な乳腺を守るためにクッションのような働きをしています。また、バストの大小を決める要素でもあります。



●バスト(乳房)の大小について


妊娠していない状態では、主に脂肪組織の多い少ないで、乳房の膨らみに大小の差が出ます。


例えば、スポーツ選手のように体を鍛え、筋肉質である場合は、脂肪量が少ないため乳房の膨らみが小さくなる傾向があります。


また、妊娠すると乳腺が発達し、多くの脂肪で守る必要があるため、乳房が大きくなります。乳房の基盤となっている大胸筋が衰えると、脂肪が重力に耐えられなくなります。


そうすると、脂肪は背中や脇方面へ流れていき、バストに張りがなくなったり、小さくなったり、下に垂れるという現象が起こります。



●乳輪と乳首について


バスト(乳房)もそうですが、乳輪と乳首も色や大きさに個人差があります。では、なぜ個人差があるのでしょうか。


乳輪は思春期にさしかかるころに面積が大きくなる傾向があります。また、一概には言えませんが、バスト(乳房)の大きさが乳輪はの大きさに影響することもあります。


乳輪の色は、思春期前のピンク色から、成長とともに茶色っぽく変化します。さらに妊娠すると、茶色が濃くなったり黒っぽく変化する場合があります。


乳首は乳輪の真ん中にある突起状の器官で、出産後は赤ちゃんが吸い出すことにより、母乳が出る出口となります。


乳首は、それ以外に性的な機能もあり、異性にとって性的魅力を持ったり、性的快感を得られる場所でもあります。



キレイなバスト(乳房)を保つには


キレイなバスト(乳房)を保つためには、自分のバスト(乳房)の形や大きさに合ったブラジャーを着けることがとても大切です。


また、乳房の脂肪組織を支えている大胸筋を鍛えることも、垂れない張りのあるバストを保つ方法です。



いかがでしたでしょうか。バスト(乳房)や乳輪、乳首は年齢とともに、形や大きさに変化が出てくるのは当然のことです。バスト(乳房)の構造や役割をしっかり理解して、美しいバストを保ちましょう。


美しいバストを保つことにより、スタイルにも自信がつき、女性としてよりハッピーな毎日を送ることができるかもしれませんね。




美乳に見せるには? [バストの悩み]

018951.jpg


バストのサイズを気に病む女子は多いけれど、貧乳だと嘆く前に、微乳をキレイに演出する方法を身につけて、美乳女子として男性たちを魅了する美バストを作り出しましょう。


●ブラのサイズを見直す


基本中の基本ですが、ブラフィッターによって正しいサイズのブラを選んでもらい、正しい付け方をすることで、バストのサイズと形は格段にグレードアップします。


ブラフィッターの助けを借りたことのない人は是非とも、借りたことはあっても、少し時間がたっているという人は、体型が変わっている可能性があるので、再度のフィッティングをお勧めします。



●ブラのタイプを見直す


バストの形を整えるには、ブラのタイプも重要なポイントとなります。寄せて集めるもの、持ち上げるもの、尖らせるものなど、さまざまなタイプがあります。


機能性の高いブラで小振りでも形の整ったバストを作り出しましょう。



胸元を強調するトップスを着る


小さなバストを気にするあまり、猫背になったり、胸を隠したりしていませんか?形を整えた美乳を、同性にも異性にも見せびらかしましょう。


胸元に厚みのあるアップリケがついているもの、ギャザーを使ったもの、リボンやタイがついたものなど、胸元をふっくらと見せるトップスで女性らしいふくよかさを演出してみましょう。



アクセサリーで胸元を飾る


シンプルなトップスでも、アクセサリーを組み合わせることで、胸元のボリュームアップを図ることができます。


シフォンのスカーフでふんわりと、ロングネックレスなどでワンポイントをと、胸元を強調するアクセサリーをプラスしましょう。



ウエストを引き締める


小さめバストでも、脇、背中、ウエストなどが引き締まっていれば、その分そのふくらみが目立ちます。部分的な引き締め効果のあるエクササイズなどを取り入れたダイエットで細身グラマーを目指しましょう。



いかがでしょうか?バストサイズは、生まれ持った体型や生活習慣による脂肪と筋肉量などによって、ある程度決まってしまい、すぐには大きくすることができません。


でも、小さめバストも見せ方によって、より美しく演出することができるのです。悩むより先に、今持っているものの魅力を最大限に引き出す工夫をしてみませんか?





バストアップに効果のある食材 [バストの悩み]

156816.jpg


「大人になってからバストアップするのは無理?」なんて思っていませんか?ビックリするかもしれませんが、体の成長が終わった後でも、自分の努力次第で胸を大きくすることは可能です。


今から紹介する食材を食生活に取り入れて、バストアップを目指してください。



豆乳


豆乳に含まれている大豆イソフラボンという成分には、女性ホルモンのエストロゲンに似た働きをしてくれるので、胸の発育に良い影響をもたらしてくれます。


豆乳に限らず、大豆からできた食材をバストアップの味方につけるといいでしょう。



●キャベツ


女性であれば、“キャベツが胸を大きくしてくれる”という話題を、一時よく耳にしたかと思います。


なぜ、キャベツは胸の発育にいいのかというと、それはボロンという成分が含まれており、エストロゲンの働きを助けてくれる効果があるからです。


また、ボロンは熱に弱いという特徴があるので、生で食べるようにすると◎。



オリーブオイル


血流を良くすると、胸は大きくなりやすくなるというのをご存知でしょうか?


なので、体の血の流れを良くしてくれるビタミンEをたっぷり含んだオリーブオイルは、バストアップに持ってこいの食材。体が冷えやすい方は、特に意識して摂取してみてください。



●お肉


胸を作るには良質なたんぱく質の存在が欠かせません。そのためには、やはりお肉を積極的に食べるべきです。また、お肉に限らず、卵やお魚等のタンパク質も普段からしっかり摂るようにしておきましょう。



●ナッツ


胸は脂肪の塊なので脂質ももちろん必要です。ただし、ここで重要なのは酸化した悪い脂ではなく、良質な脂質を摂取するということ。


そして、そんな脂質を含んだ食材の代表格といえば、ナッツ。これならおやつ代わりに手軽に食べれます。


太るのが気になる…」と、脂質抜きのメニューにするは、胸の発育に良くないのでご注意を。



いかがでしたでしょうか?豊かな胸を望むならまずは食生活から変えていきましょう。


また、ここで紹介した物に偏らず、それ以外の食材をバランスよく組み合わせ、健康的な食生活を維持するようにしてくださいね。




バストの垂れ [バストの悩み]

076281.jpg


体のお悩みはいろいろあるけれど、男性の注目を集め、かつ女性からの目線も気になる「バスト」に関するお悩みはつきません。


10代のころのバストの悩みは、「友達に比べて小さい!」とか、「彼に小さいって言われた!」というような、今思えば"かわいらしい"悩みだったような気がしませんか?


大人の悩みはもっと深い!大きい小さい、彼の好み、好みじゃないの問題ではないのです。そうです、大人の女性のバストは、「垂れ」の恐怖にさらされているのです!


●高性能ブラで流動的なお肉をカップに押し込んでいないときは、タラ~ッと流れてしまう。

●寝たらもちろんまっ平ら。

●左右の胸がどんどん離れていっている気がする。

●乳房のなかで、乳首の位置が下の方に移動してきている。

●バスト自体にハリがなくなって、全体的に柔らかくつかみどころがなくなってきた。

●襟元の開いた服から、左右に離れたバストのラインがみえてしまう


これらは、よくあるお悩みです。では、なぜバストは垂れてしまいがちなのか、まずバストの構造からみていきましょう。


乳房は、乳腺と脂肪からできています。乳房のなかで、乳腺を支える仕事をしているのが、クーパーじん帯と呼ばれる部分。それらすべてを皮膚が包み、バスト全体を大胸筋が支えています。


ちなみに、バストの柔らかいタイプの人と、かためのタイプの人がいますが、前者は脂肪が多くついているタイプで、後者は乳腺が発達しているタイプです。


乳腺の発達には個人差があり、また妊娠、出産、授乳などによっても発達に変化がみられますが、一般的に乳腺タイプはバストに豊富な乳腺を持つため、触り心地はかためで、垂れにくいといわれています。


一方、脂肪タイプはバスト自体が柔らかく、垂れ気味になりやすい…。そして、日本人には脂肪タイプが多いのです!


【バストが垂れる原因】

●加齢によって大胸筋も衰えることで、垂れてしまう。

●皮膚の乾燥が原因で皮膚のハリがなくなり、垂れてしまう。

ダイエットを繰り返すことで皮膚や筋肉に負担がかかり、垂れてしまう。

●バストを大きく動かす過激な運動で、クーパーじん帯に負担がかかり、垂れてしまう。


このように、皮膚や筋肉、じん帯への負担が垂れを招く原因としてあげられます。 また、


●妊娠や授乳によって大きく発達した乳腺が、授乳のあとに小さくなり、垂れにつながる。

●乳腺を守るために発達していた脂肪が落ちたときに垂れにつながる。


というように、乳腺にまつわる原因で垂れてしまう場合もあるようです。


まずバストの垂れ対策で最初に出来ることとして、ブラのサイズを見直して、しっかり自分にフィットしたものに変えましょう。


バストトップの位置を調節するだけで、若々しい印象になります。ある調査結果では、垂れた胸はマイナス4歳も見られてしまうとのことです。


さらに、次に重要なのが毎日のバストケア。加齢とともに、肌の水分量やハリが失われていきます。顔と同じように、胸もしっかりケアする必要があります。


プエラリアなどのバスト専用のコスメなどを使い、積極的にバストケアしましょう。しっかりバストケアして来た人と、そうでない人の差は、顔以上にはっきりと表れます。


垂れないバストをキープするのは、しっかりバストをケアしてあげることからです。いつまでも彼に自慢できる、彼を喜ばせてあげられて、自分もハッピーでいられるバストでいたいですね。













バストアップに関係する栄養素 [バストの悩み]

074411.jpg


バストは女性にとって「悩み」につながりやすいパーツ。皆さんもこんなお悩みありませんか?


『同じ姉妹や親子でも胸の大きさが違う…!』

『同い年なのにあの子の方が魅力的…!』

ダイエットしたら胸から痩せてしまった…!』


など、悩みはつきません。そんな時、気軽に『バストアップ』ができたらどれだけ嬉しいでしょうか。


よく、『キャベツを食べる』や『から揚げを食べる』と良いなど聞きますが実際どうなのかわからない…、こんなことでバストアップにつながるとは思えない… でも食事を気をつけることでバストアップに繋がれば良いですよね。


だってこれなら誰でも簡単に、そして気軽に始めることができます。そこで、バストアップにお勧めの栄養素をまとめてみました。


食物には魅力的なバストづくりに欠かせない、大切な栄養素がたくさんあります。例えば、「豆乳」が良いと言われているのは「タンパク質」「イソフラボン」が含まれているから。


また、「キャベツ」が言いといわれているのは「ボロン」が豊富だからということのようですね。これはどちらもバストアップには欠かせない大切な栄養素です。


何がバストに効果的に良いのかを具体的に知り、必要な栄養素をしっかりと摂取していきましょう。


●イソフラボン

イソフラボンには女性ホルモンである『エストロゲン』と同じ効果,、働きをもっています。

エストロゲンは女性らしい身体を作るだけではなく、お肌の張りやツヤ、そして精神的に安定するためにも大切な要素の一つ。

それにイソフラボンは吸収しやすい分、より効果実感を期待できると言ってもいいでしょう。

しかし注意したいのは、飲み過ぎると「生理不順」を起こす場合。サプリメントなどで補う場合は1日30mgまでとも言われているので、摂取する量には気を付けましょう。

豆乳や大豆食品にはイソフラボンが多く含まれています。納豆や豆腐、味噌汁などを1品付けたしてみてはいかがでしょうか?


●たんぱく質

たんぱく質は女性ホルモンの分泌を促し、豊かなバストを作る大切な栄養素です。

またを支えるための筋肉、そして栄養を運ぶための血を作るのに一役かっているので、他の栄養素と一緒に摂取することでより効果的に働いてくれます。

たんぱく質には、動物性たんぱく質と植物性たんぱく質の2種類があり、これらを両方ともバランスよく摂取する必要があります。

またダイエット中の方が痩せてしまうのは、このたんぱく質が不足しがちなのも原因とされているので、野菜だけではなく、肉や牛乳、大豆やアーモンドなどを意識して摂取してください。


●ビタミン

ビタミンはそれぞれ種類によって働きが変わってきます。

例えばビタミンAはツヤのあるバストに。ニキビやブツブツが肌に出来てしまうのはビタミンAが不足している可能性があります。

また、他にもビタミンB群、C,E,などビタミンは種類がたくさんあります。

これらを全て摂取するのはなかなか大変ではありますが、摂取できなかった分はサプリメントで補ったり、などにしてまとめて摂取がお勧めです!

こららのビタミンの多くは緑黄色野菜や柑橘類、魚介類に多く含まれています。


ミネラル

ミネラルは、16種類以上もある鉱物で、カルシウムや鉄、マグネシウム、亜鉛、銅。

これらは全て健康で正常な身体を維持し、調節するのに必要な栄養素で、タンパク質と炭水化物、そして脂肪ミネラルによって作られています。

つまりどんなに効果のある栄養素を摂取してもミネラルがゼロだと、その栄養素を維持出来ません。必ず他の栄養素と一緒に摂取したいのがミネラルなんですね。

また、バストを大きくする効果があると言われているボロンもミネラルの一種で、エストロゲンを増やし、胸の脂肪を集中的に増やしてくれます。

特にキャベツに多く含まれていることから『キャベツを食べると胸が大きくなる』と言われていたんですね。


栄養素のお話をすると『じゃあ具体的に何をたくさん食べればいいんですか?』と聞かれますが、その答えは実はありません。


だって1つの食材ばかり食べ続けたら栄養のバランスが崩れてしまい、必要な栄養が胸にいかなくなってしまいます。


だから『バストアップにいい』と言われる食材を単体ばかりで取り続けるのは禁物です。


普段はしっかりとバランスのいい食事を心がけておいて、プラスアルファとして上記の栄養を含む食事を摂り、バストマッサージで外側からケアすれば、結果的に魅力的なボディを手に入れられることでしょう。


食べるからバストアップする訳ではありません。バストアップをサポートしてくれる栄養素をとることで、胸を育てるサポートができるのです。


なので『中々食事に取り入れることが出来ない』という方はそれら栄養素をサプリメントで補うというのも一つの方法です。


バストアップをするのに無理をしてストレスを溜めてしまっては悪影響を与えてしまいますので、自分が一番やりやすい方法を見つけて楽しく理想の胸を手に入れてくださいね!








簡単に実践できるバストアップ習慣 [バストの悩み]

074686.jpg


突然ですが、皆さんは自分のバストに自信はありますか?


バストは女性ならではの悩みがたくさん。だからこそ世の中にはバストアップの都市伝説のような方法が…たくさんあります。


・『○○を食べると大きくなる!』

・『マッサージをするといい!』

・『胸が大きくなるツボがある』

・『正しいブラジャーの付け方で大きくなる』


などなど…これだけでバストアップが出来るの?とつい疑ってしまいますが、これが本当ならぜひやってみたいもの。


それにやるにしてもこれは毎日やる必要があるのでしょうか?毎日行うならその労力分の実感が欲しいですよね。


でももし、この中で本当にバストアップできることがあるなら実践したいと思いませんか?実は今からでも間に合う、バストアップ方法があるんです!


ではその方法について紹介します。


まず、魅力的なバストづくりに欠かせないこと、それは『大切な栄養素をバランスよく食べること』です。


食べるからバストアップするのではなく、バストアップをサポートしてくれる栄養素をとることで胸を育てるというイメージです。


つまりこれを続けることでキレイなバストラインとサイズアップの期待ができるんです。それではどんな物に気を付けて食事をすればいいのでしょうか?


まずは、バストアップの手助けをする栄養素をとることが大切です。例えば、身体の中でも筋肉を作る他にも血や骨を作るのにも欠かせない『たんぱく質』や胸をふっくらとさせるための筋肉をサポートする『ビタミン』など、これらの成分を意識して、バランスよく毎日摂取して胸を育てていきましょう.。


バストの張りが無くなってしまう、小さくしぼんでしまう…実はこれ、全て身体が冷えてしまうことが原因だったんです。


身体が冷えると血流が悪くなり、リンパの流れも悪くなります。それは胸も同じこと。そうなると必要な栄養が胸まで届かなくなるため、これらの悩みが出てきてしまうんです。


つまりせっかく食事に気を付けても身体が冷えていてはほぼ無意味!だから身体を温める必要があります。


そこで有効なのが『お風呂』です。正しい入浴方法を見に付けてバストもしっかりと温めましょう。


身体を温めることはバストアップだけではなく、肌もツヤツヤにしてくれるのでゆっくり入浴して、身体を温めることを習慣にしましょう!


よく言われているのが『彼氏に胸を揉んでもらうと大きくなるの!?』や、『寝ている時もバストケアしないとダメ?』というような、ちょっと都市伝説のようなお話です。


これらは半分事実で半分がデタラメ。ただ単に揉まれれば大きくなる、ということではなく、正しいマッサージをしなければ、逆効果になってしまいます。


また、人は一日の約30%を睡眠に費やします。つまり寝ている時間もバストに気を付けなければ毎日30%もダメージを与えている状態になっているとも言われています。


やはり、寝ている間も「胸の筋肉」が伸びないように気を付ける必要があるようです。


この他にもバストアップの方法や噂は様々ありますが、どれも正しいバストアップケアの知識を知っていれば善し悪しの判断がつき、理想のバストを目指すことができます。


正しいバストケアの知識を身につけて、普段の生活に少し新しい習慣をプラスするだけでバストアップに期待が持てます。


1日1日の成長は目に見えにくいものですが継続は力なり!続けることで魅力的なバストを目指しましょう!


しかし、バストアップにつながるからと言ってやりすぎも良くないようです。


例えば、食事。バストアップに良い食べ物など良く聞きますが、それだけを毎日食べるのは栄養が偏り、バストアップに繋がらないどころか、肌や体調の調子まで崩してしまうことになります。


バストアップに繋がる食材を普段の食事の中でバランスよくとることで、バストアップのサポートをしてくれます。取り過ぎ、取らな過ぎは身体に良い影響は与えないでしょう。


さらに、バストアップに良いと言われるマッサージなども食事と同様、やりすぎ、または全くしないというのではなく、毎日無理なく、継続してケアし続けることが秘訣になります。


つまりストレスを感じない程度に楽しく継続することが大切になります。美しいバストを保つためには、マッサージと普段の食生活が重要です。毎日の継続が、美しいバストへの第一歩なのです。


それにバストアップを助ける栄養素は、自分自身で作られないものもあります。より実感を高めるべく毎日の習慣にプラスして、内側と外側から栄養を補給しましょう!






詳細はこちら↓



下着のスカスカ…女性らしいラインを手に入れたい!






バストの大きさは遺伝子で決まる? [バストの悩み]

069374.jpg


雑誌の特集などを見ますと、大きさや形などで悩んでいる女性が多く見られます。胸が小さいのは遺伝であると言われておりますが、決して一概にはそのようなことはありません。


バストの小さなお母さんから豊なバストを持った女性が生まれることもありますし、その逆もあります。また、姉が豊かなのに、妹はそうでないということもあると思います。


底の部分にあたる胸骨や胸筋は、多少は遺伝の影響を受ける可能性はありますが、それがすべての原因になることはありません。


小さい主要な原因のひとつに、乳房組織の発育不良が上げられますが、これは遺伝とは関係ありません。


バストには、乳を蓄えておく場所(腺小葉や腺胞)や、そこでできた乳汁を運ぶ乳管などの組織があり、これらの器官は線維細胞でおおわれ、それぞれの細胞や器官の間に脂肪がついています。


そして、そこに血管がはりめぐらされ、栄養や酸素、ホルモンなどが常時供給されています。


太っている女性のバストが大きく見えるのは、この脂肪層が厚いためです。引き締まったプロポーションをしている人でバストが大きいのは、脂肪層以外の組織(腺小葉・腺胞・乳管)が発達しているからです。



バストを成長させるのは女性ホルモン [バストの悩み]

079251.jpg


食事が不規則であったり、偏っていたりすると、乳房に十分な栄養が行かなくなり、発育不良になることもあります。また、過度のストレスなどにより、成長が止まることも考えられます。


発育に重要なのが、女性ホルモン(エストロゲン・プロゲステロン)です。思春期に大きくなるのは、この女性ホルモンの分泌が活発になるためです。


しかし、この発育期に過酷な受験勉強やインスタント食品を多く食べたり、運動をほとんどしないようなアンバランスな生活を送りますと、女性ホルモンの分泌が阻害され、バストの成長が置き去りにされてしまいます。


サイズアップしなかったのは、せっかくの成長期に、それを阻害してしまい、成長しきれなかったかもしれません。


また、小さいと感じている人は、冷え性や貧血などの症状を抱えていることも多いです。さらに生理不順や生理痛なども。


いずれも女性ホルモンとの関係の深い症状なので、ホルモンバランスが崩れていることが考えられます。これは大きさと深い関係があるかもしれません。



バストは妊娠&出産すると大きくなる [バストの悩み]

125337.jpg


小さいバストは一生小さいままかと言いますと、そうではありません。妊娠をしますと、腺小葉や腺胞(乳を蓄えておく場所)が女性ホルモンにより、完全な発達をとげて、乳汁分泌に備えます。


この時期、どんどん大きくなり、お産をしますと乳房がパンパンに張った状態になり、胸が圧迫されるほどになります。


授乳期が終わると、乳腺も衰えてきます。このときにホルモンのバランスが崩れると、乳房の重みに耐え切れなくなって、タレてしまうこともあります。


しかし、その一方では、妊娠をして、授乳期を経験しても、ラインがきれいなままの女性もいらっしゃいます。これは、その後のホルモンバランスが良好であったといっても良いでしょう。



バストはこれからでも大きくなる? [バストの悩み]

028995.jpg


バストの悩みは何も中高校生だけのものではありません。『小さい』という悩みから、中高年の『タレている悩み』もあります。しかし、思春期に大きくならなかったからと言って、諦めるのは早いです。


また、タレはじめたバストが、引力だから仕方ないというのも同じです。妊娠・授乳期に大きくなるのあれば、ホルモンバランスを整え、正常なホルモンの分泌を促せば、バストアップすることも夢ではありません。


バストアップの方法のポイントは、女性ホルモン(エストロゲンとプロゲステロン)です。このホルモンは形を整え、大きくします。


健康的な生活や食事を気をつけることで、このホルモン分泌をきちんとケアすれば、ハリのある理想的なバストを手に入れることができるかもしれません。





詳細はこちら↓






バストの悩み ブログトップ



さまざまな女性のお悩みを解決する”悩み解決”の総合情報サイト

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。