So-net無料ブログ作成
検索選択
バストの悩み ブログトップ
前の5件 | -

バストが大きくなる習慣とは? [バストの悩み]

330995.jpg


「今のバスト、もう少しだけ大きくなったらな…」。実は、ちょっと生活を変えるだけで、バストを進化させることができるのです。


ここでは、とっておきの美習慣をご紹介します。



●おかずには「刻んだキャベツ」を添える


キャベツには、「ボロン」という成分が含まれています。「ボロン」は、女性ホルモンを活性化させると言われています。ご飯のおかずには、刻んだキャベツを添えてみてはいかがでしょうか?



●パソコンは「目線と同じぐらい」


猫背は、胸が小さく見える原因。特に、ネット社会の今は、猫背の女性が多いと思います。そこで提案。パソコンは「目線と同じぐらい」に設置しましょう。目線より下になると、猫背になってしまいますよ。



●毎食、「大豆製品」を摂る


胸を大きくするには、女性ホルモンを活性化させることが大切。そこでオススメなのが、大豆製品。大豆製品に含まれる「大豆イソフラボン」は、女性ホルモン「エストロゲン」と構造が似ています。


体内に入ると、女性ホルモンを活性化させるのです。納豆や豆腐、味噌に至るまで、大豆製品の商品は沢山ありますので、是非、毎食食べてくださいね。



●お茶をするときは「ココア」を飲む


女友達とお茶をするとき、みなさんは何を飲みますか?オススメなのが、ココアです。「テオブロミン」という化学物質の働きにより、女性ホルモンが活性化されるので、バストアップに繋がりますよ。



●おやつに「かぼちゃプリン」を食べる


「亜鉛」は、女性ホルモンを正常に保つ成分。卵に多く含まれています。ここで提案。おやつに、かぼちゃプリンを食べてください。


かぼちゃは「ビタミンE」が豊富で、「亜鉛」を体内に吸収しやすいようにしてくれます。食べた後、満足感があるので他のお菓子を食べずに済みますよ。



いかがでしたか?これらの方法で、バストアップを目指してみてはいかがでしょうか?




バストを大きくする方法 [バストの悩み]

280991.jpg


バストは女性にとって、とても重要ですよね。大きくて形のきれいな美乳なら、胸元の空いた服でも自信を持って着こなせそうです。


日本人のバストは比較的小さいものだとは言われていますが、それでもやはり大きいバストというのは憧れるものですよね。ここでは、バストを大きくするための方法をご紹介します。



●そもそもバストはどうやって大きくなるの?


女性の胸の成長は思春期を迎えた頃から起こりはじめます。


思春期になり大人の体になるために「エストロゲン」と「プロゲステロン」という女性ホルモンが分泌され、成長ホルモンなどと関わりながら胸は成長するのです。


そのためこの時期に不規則な生活を送っていたり栄養バランスの偏った食生活を続けていたりすると、ホルモンバランスが崩れてしまうことも。


もちろん、規則正しい生活や食生活をしていても遺伝や体質によって成長しない人もいますので、ホルモンだけの原因とはいえません。



●女性ホルモンを分泌するには?


バストの成長にはエストロゲンとプロゲステロンと言う女性ホルモンが大きく関わっています。ですから、女性ホルモンの分泌を増やすことが、バストの成長にも大きく影響するのです。


そんな女性ホルモンを活発に分泌させるには、主に食事と生活習慣とマッサージが効果的です。



●ホルモンバランスを整える食事とは?


女性ホルモンを分泌するのに効果的と言われるのが、エストロゲンの代謝を助けるビタミンB6が含まれている食品です。ビタミンB6はマグロやサツマイモ、バナナなどに豊富に含まれています。


意識して摂取するようにしましょう。また女性ホルモンの味方である豆乳。直接バストアップには関わってこないかもしれませんが、美容に良い成分は豊富です。


朝にバナナ豆乳ジュースにして飲むと良さそうですね。ちなみに豆乳は一日一杯ぐらいが目安とされていますので、飲み過ぎには注意してくださいね。



●女性ホルモンに良い生活習慣とは?


女性ホルモンを分泌するためには規則正しい生活をしてホルモンバランスを整えるのが大切です。毎日決まった時間には寝て決まった時間に起きるリズムをつけましょう。


ちなみに夜10時から翌2 時までの時間帯は睡眠のゴールデンタイムと言い、この時間に睡眠をとることが大事という話を聞いたことがあると思います。


しかし最近では入眠してから3時間の間に最も多くの成長ホルモンが分泌されるという話もあり、時間はあまり関係ないようです。


時間を守るよりも、入眠してから3時間の睡眠の質を上げることに注力したほうが良いかもしれませんね。



●マッサージはしたほうが良い?


マッサージもバストアップに大きく影響します。特にリンパマッサージを行いましょう。


リンパは体内の細胞が排泄した老廃物を運ぶ重要な器官。リンパが滞っていると代謝が悪くなり、むくみやすくなりますし栄養素が細胞に届きにくくなってしまいます。


リンパマッサージをすると綺麗に老廃物が流れていきますので代謝もよくなってホルモンバランスも改善されますし、マッサージによって乳腺が刺激されバストアップしやすくなりますよ。



いかがでしたか?一つの方法に拘らず、できそうなものを生活に取り入れて習慣化してみましょう。もちろんすぐに結果が出る訳ではありませんので、焦らず長い目で見ていって下さいね。





美バストの作り方 [バストの悩み]

473799.png


近年、女性のバストサイズ平均はどんどん大きくなっているのだとか。それと同時に「胸が大きすぎて嫌だ」と考えている人も少なくないのだそう。


確かにバストが大きすぎると太っているように見えてしまい、ファッションがキレイに決まらない、ダイエットしても周りの反応が変わらないなど様々な問題が浮かんできますよね。


しかし、太って見えるのは胸のサイズだけが原因というわけではありませんよ。トレーニングをしたり、日常生活での悪癖を改善したりすることで形のキレイな胸を作ることができます。


ここでは、胸の形をキレイにしてスタイルアップする方法をご紹介します。



●有酸素運動


そもそもバストは脂肪でできていて、柔らかければ柔らかいほど、温かければ温かいほど燃焼しやすい性質を持っています。そのため、普通のダイエットをするとバストから痩せていくんです。


胸痩せをするには運動で脂肪を燃やすのが効果的ですよ。


空気中の酸素を体に取り込んで熱エネルギーに変える有酸素運動を継続的に行うことで、バストだけでなく、体全体の脂肪を燃やすことができます。


特に積極的に胸を動かす水泳やジョギングを取り入れるのがオススメ。ゆっくりとした動きを長時間続けることがポイントです。


ここで早く効果が出てほしいと無理をしてしまうと、有酸素から無酸素運動に変わってしまい、脂肪燃焼の効果が下がってしまいます。


また激しい運動や上下に動かす運動はバストの形をキープしている「クーパー靭帯」を伸ばす可能性があり、バストの形を崩してしまいます。運動をする際は力加減を考えて行うことが大切ですね。



●女性ホルモンの分泌を抑える食事


バストサイズをアップさせる方法として、豆乳や納豆などのイソフラボンを多く含む大豆製品を食べて女性ホルモンの分泌を増やす方法がありますよね。


逆に胸痩せをするのですから、女性ホルモンの分泌を少し抑える食生活にしましょう。


ブロッコリーやカリフラワーなどアブラナ科の食材を食べると、女性ホルモンの一種、「エストロゲン」の分泌を抑える効果があるのだとか。


また乳製品や大豆製品などの脂肪が多い食事を控えることもポイントです。和食を中心の生活に変えて、ヘルシーボディを作っていきましょう。



●合わない下着をつけない


胸を小さく見せたいからといって、小さめの下着をつけてバストを押さえつけていませんか?サイズが合わないものをつけると、胸の形を悪くしたり、逆に変に強調してしまうことがあります。


フルカップタイプのブラだと胸全体を覆ってくれることから、胸の形をキレイに見せることができますよ。また胸を小さく見せるタイプもあるのでお店の人と相談しながら自分に合ったものを選ぶのがオススメです。



●肩甲骨を刺激する


デスクワークや勉強を長時間していると、どうしても姿勢が前かがみになりがちですよね。背中を丸める姿勢を続けているとバストの位置が下がってしまいます。


そうすると胸の形がのっぺりと広がったような形になり、太って見えます。


そんな時は肩甲骨をほぐすようにしましょう。後ろで手を組み、ぐっと伸ばして下さい。肩甲骨をほぐすことを毎日続けることでバストが上向きになり、きれいなラインを作ることができますよ。


また猫背になるとバストをスッキリ見せることができなくなるため、普段の生活から胸を張って背骨が曲がらないように注意していきましょう。



●筋トレをする


横から見ると全体的に分厚い…と感じている人はもしかしたら背中に脂肪が付いているという可能性があります。


背筋を鍛えることで、背中をスッキリさせ上半身をキレイに見せることができますし、基礎代謝を高める効果や猫背改善にも役立ちます。


一方で胸の形が左右に広がっている人は胸筋が緩んでいるのかもしれません。


胸筋を鍛えることで、キュッと上向きのバストを作ることができますし、将来バストが垂れてしまうという心配も少なくなりますよ。


腕立て伏せなど上半身を鍛える筋トレを無理のない範囲で行うことで、美バストを手に入れることができます。



●首元が開いた服でカバー


胸の大きさを隠したいという思いで、つい、ゆったりしたラインの服を着てしまいがちに。


それではさらに太って見える可能性があります。できるだけ、胸元が開いた服を着て上半身をスッキリさせましょう。


Vネックのような切れ込みが深いタイプは全体をすっきり見せることができますよ。鎖骨を見せて色気を上手く出しちゃいましょう。



いかがでしたか?ここでは、バストが大きな人でもキレイな形を作る方法をご紹介しました。サイズが大きすぎることに悩むのではなく、上手く見せることが大切なのかもしれませんね。


ぜひ参考にして美乳を作っていきましょう。




キレイなバストラインを保つ簡単エクササイズ [バストの悩み]

082238.jpg


最近、バストラインが変わってきたなぁ。ちょっと下がってきた?なんだかブラジャーをとると、バストが離れてる?


心当たりのある方は要注意。バスト周りの筋肉が衰えているのかもしれません。早めの簡単トレーニングで筋力を取り戻し、美バストを今すぐ手に入れましょう!


ここでは、寝る前の「スキマ時間」でサッとできる美バストエクササイズをご紹介します。



●お盆をどうぞ!上向きバストエクサ


1)あぐらをくみ、 背筋をシャンと伸ばした姿勢で、脇を締めたままお盆を持つようにして手のひらを上に向けます。


2)ゆっくりと息を吐きながら、ひじを身体の前に伸ばしてください。


3)息を吸いながら、元の姿勢に戻ります。


1)~3)を10回繰り返して1セット。お盆の上に水が目一杯入ったグラスが乗っているイメージで、こぼさないように気をつけて動かすようにすると効果がUP。


胸の筋肉(大胸筋)の上の部分が鍛えられ、キレイなバストラインに。垂れ気味のバストも引き上げて上向きになりますよ。


慣れてきたら、ゴムチューブなどを背中に回して両手に持ち、負荷をかけるのもオススメです。



●ボールをぎゅーっと!ハミ乳対策エクサ


1)あぐらの姿勢で、手の甲を上にして両手をひざに置きます。その状態から、大きなボールを抱きかかえるイメージで両腕を持ち上げます。


2)息を吐きながら、ボールにぎゅっと抱きつくイメージで、ひじを曲げたまま前に伸ばします。


3)からだの前で両手の親指がくっついたら、息を吸いながら、両手をもとの形に戻します。


1)~3)を10回繰り返して1セット。1日2セットを目安におこないます。


大胸筋を鍛え、バストアップ効果があると同時に、脇の下の筋肉(大円筋)も刺激します。これで、脇にはみ出てしまったバストもスッキリとあるべき位置に戻ります。


このトレーニングも、ゴムチューブで負荷をかけるとさらに効果があがりますよ。



●後ろの方にもお盆をどうぞ!アンダーバスト持ち上げエクサ


1)あぐらをくんで、脇を締めて、お盆を持つように手のひらを上に向けます。


2)ゆっくりと息を吐きながら、手を前に出し、後ろにいる人にお盆を渡すようなイメージで上半身だけを右後ろにひねります。


3)息を吸いながら、元の姿勢に戻ります。


反対側も同じように、交互に10回繰り返し1セット。1日2セットから。


このトレーニングでは、脇腹の筋肉(内、外腹斜筋)を鍛えることができます。


アンダーバストから脇腹が引き締まることで、バストを寄せて上げる効果が!上向きの美バストも夢ではありません。



こんな方法で効果あるの?というくらい簡単なエクササイズですよね。でも、バスト周りは普段動かすことの少ない筋肉です。


ちょっと意識して動かすだけでも身体のラインが変わってくるのを実感できるはず。寝る前の習慣にして、上向き美バストを手に入れましょう!




美バストをキープする簡単習慣 [バストの悩み]

212169.jpg


女性なら、みんなが気になるバストの形。ケアしておかないと、年齢とともに形も崩れてしまう場所なので、今は大丈夫でも日頃から注意しておきたいですよね。


でも、知らず知らずのうちにNGなことをしてしまっているモノです。あなたも、もしかしたら自分のバストを綺麗に保てない習慣を身につけてしまっているかもしれません。


ここでは、改めて綺麗なバストを保つために気をつけたいポイントをご紹介します。



●高いヒールはなるべく履かない


高いヒールを履くと、脚がほっそりと見えてセクシーですよね。ヒールは女性にだけ許された武器ですが、ヒールを履いたときには猫背になりやすいという落とし穴があります。


毎日ヒールを履いている、という人は急に全く履かないというのは難しいので、少しずつヒールなしの靴を履く日も増やすといいでしょう。


ヒールを履いていなくても、普段から猫背気味の人は、胸の形が崩れやすくなります。猫背は肩こりなど以外にも、胸の形にも悪影響を及ぼすので、治すようにしましょう。



●仰向けで寝る


あなたは、寝るときどんな姿勢ですか?実はうつ伏せや横向きで寝ると、胸の形が悪くなってしまうんです。うつ伏せはなんとなく潰してしまうことがわかりますが、なぜ横向きもダメなのでしょう?


どちらかの方向を向いて寝る癖があると、左右のバストの高さや形が変わってしまいます。左右のバランスが崩れないように、なるべく左右均等に寝るか、仰向けで寝るようにしましょう。



●簡単マッサージをする


胸を綺麗な状態に保つためには、積極的なアプローチも重要です。お風呂などで湯船に浸かりながら、簡単にできるマッサージをしましょう。


脇の上の部分をくるくると円を描くようにほぐします。続いて、背中からお肉をしっかりと胸にもってくるように動かします。これを毎日続けるだけでも、胸を綺麗にできますよ。



●寝るときもブラをつける


家にいるとき、寝るときまでブラをつけるのは苦しいと感じる人も多いはず。ですが、寝ている間や、少しでも歩く場合、胸の重さで胸が下に下がってしまいます。


最近は、寝ているときにも快適に過ごせる専用のナイトブラもたくさんあるので上手く活用してみては?寝るとき用のブラには、伸縮性がよく、汗を発散する力が強いものを選ぶと気持ちよく過ごせますよ。



●ダイエットしても栄養は摂る


ダイエットはほとんどの女性が、いつも気にしているところではないでしょうか。ダイエットの方法はいろいろとありますが、特に多くの人が行っているのは、食事を制限するものでしょう。


痩せたいという気持ちはわかりますが、食事を減らすと栄養も減ってしまい、胸からボリュームが減ってしまう可能性が高いです。


バランスを崩すようなダイエット方法は胸にも身体にもよくないですよ。大豆製品などの植物性たんぱく質が豊富な食材を上手く食事にとりいれるとよいでしょう。



いかがでしょうか?胸の形はできるかぎり綺麗なまま保ちたいですよね。胸は垂れてしまうと元に戻すことはできません。毎日の継続した行動が綺麗なバストを作るためには必須です。


胸にいい習慣を続けて、いつまでも魅力的な胸を維持しましょう!




前の5件 | - バストの悩み ブログトップ