So-net無料ブログ作成
検索選択
ニキビの悩み ブログトップ

からだニキビの治し方 [ニキビの悩み]

443381.jpg


ニキビは顔だけに出来るものではありません。体にだってニキビは出来てしまうもの…。


体にニキビが出来てしまう理由はそれぞれの部位によっても違ってきます。逆に言えばそこを把握して注意をすれば、対策が出来るのです。


体にニキビが出来るのは、見た目にも嫌ですし、痛みを感じることもあり嫌ですよね。ここでは、それぞれの部位に出来るニキビの原因と対策をご紹介します。ニキビのない綺麗な体を目指しましょう。



●首に出来るニキビ


首のニキビはホルモンバランスの乱れが原因のことが多いです。


対策としては普段からホルモンバランスが崩れないような生活をするようにしましょう。規則正しい生活が首のニキビを防げるのです。


また髪の長さによっては毛先が肌を刺激していることだって考えられます。ニキビが出来ている時は、髪をまとめるなど工夫しましょう。



●背中に出来るニキビ


ニキビは背中にも出来てしまいます。この背中に出来るタイプのニキビは、ストレスや乾燥などが原因です。


他にも眠っている時にも人間は汗をかきますよね。その寝汗が原因になる事もあるので注意しましょう。


また衣服に原因があるケースもあります。洗濯洗剤にすすぎ残しがあったならばそれがニキビの原因になりますので、洗濯はしっかりとしましょう。



●胸に出来るニキビ


胸もニキビが出来やすいパーツ。これも衣服に原因がある場合が少なくありません。


例えば皮脂や汗などが下着に染み付いてしまう事がありますよね。この染み付いた汗や皮脂が原因となって胸にニキビが出来てしまうので注意しなければなりません。


皮膚が刺激される事によって出来るので、汗をかいたらすぐシャワーを浴びたり、タオルやハンカチでこまめに拭いたりするとニキビ対策になりますよ。



●お尻に出来るニキビ


お尻に出来るニキビは血行不良が関わっています。例えば椅子に良く座ったり、あるいは下着によってきつく締め付けられたりするのも原因です。


さらに角質が溜まっているケースもあります。夏の時期はあせもが原因になっていることも。対策としては肌質に合ったボディープでしっかり洗いましょう。


特に患部を洗う時には、刺激を与えないよう優しく泡で包んで洗います。



●耳に出来るニキビ


耳にもニキビは出来ます。耳は皮脂の分泌量も多いので注意しなければならないパーツ。


他にもシャンプーやボディーソープが付いてしまう事もありますよね。それらが原因となってニキビとなるので気を付けなければなりません。すすぎ残しのないようにしっかり洗いましょう。


耳の中にシャンプーが入り込んでしまうとトラブルになりがちなので、きちんと流してくださいね。



いかがでしたか?ニキビは顔だけではなく、体の様々な部位に出て来るものです。


体に出来たニキビは嫌な物ですよね。部位に合わせてどんな原因があるのか、どういう対策方法があるのかをきちんとチェックしておきましょう。


そうすることで体ニキビを防いだり、スムーズに治療をしたりすることができます。ニキビのない綺麗な体をゲットしたいですね。




ニキビの基礎知識 [ニキビの悩み]

454035.jpg


大人のニキビ治療するのが難しく、完治するまでとても時間がかかってしまうこともあります。


どのようにすれば大人ニキビを解決することができるかを知っておけば、ニキビが出来ても対策をすることができますし、日頃からしっかり予防をすることが可能です。


ここでは、ニキビが出来てしまう原因や対処法をご紹介します。



●ニキビの種類を知ろう


ニキビの種類はたくさんあり、悪化していく中で種類が変わってきます。白ニキビ、黒ニキビ、赤ニキビと色が変わっていき、最悪の状態になるとニキビは大きく腫れあがることも。


炎症が悪化したニキビはすぐに皮膚科に行って治療をしてもらったほうが良いです。



●ニキビ痕はしっかりケアしよう


ニキビが出来てしまうことも辛いですが、そのニキビを潰してしまうとニキビ痕が残ってしまいます。


できることならニキビ痕は残したくないですよね。ちなみにニキビ痕にも種類があり、シミになってしまうもの、赤みが引かないもの、クレーターのような痕がはっきり残ってしまうものなどがあります。


どの痕でもお肌の状態が悪くなってしまうので注意しなければいけません。


しっかりと洗顔し、化粧水を入れ、保湿をしましょう。なるべく肌に刺激を与えず、しっかりと保湿まで行って下さいね。



●ニキビが出来やすい場所はどこ?


ニキビは顔の様々な部位に出来ます。よく出来やすいのがおでこ、鼻や鼻の下、フェイスライン、胸、背中など。ニキビは発生した部位によって治療方法やケアの仕方が異なります。


厄介なニキビだったら自分でいじらずに皮膚科や専門クリニックへ行って本格的に治療をしましょう。



●肌質って関係あるの?


ニキビはオイリーな肌でも乾燥肌でも関係なく出来てしまいます。もちろん敏感肌でもアトピー肌でもニキビは出来るもの。


どのような肌質でもニキビは出来てしまうので、誰でもニキビに悩まされる可能性があるということを理解して、日頃からニキビが出来ないように徹底してお肌のケアをすることが大切です。


特に大人ニキビの場合は普段の生活習慣が大きな原因となっていますので、生活を見直すことも欠かせませんね。



●ニキビが出来やすい季節ってあるの?


ニキビは肌質だけでなく、季節に関係なく出来てしまいます。春は寒い季節からの変わり目ということもあり体調管理がとても難しいですよね。


そのため体温をコントロールしている自律神経が乱れてニキビが出来てしまいます。夏は皮脂の分泌が多いことが原因となり、秋から冬にかけては乾燥が原因でニキビは出来ます。


つまり季節関係なくニキビは出来てしまうので、日頃からしっかりお肌のケアをすることが重要です。


いかがでしたか?大人ニキビは原因と対策方法を知っておけばすぐに対策を講じることができますし、すぐに治療をすることができて症状が悪化することも防いでくれます。


しつこいニキビやニキビ跡に悩まされないように、日頃からのケアをしっかり行いましょう。





大人ニキビを予防する4Sとは? [ニキビの悩み]

125424.jpg


大人ニキビって一度できるとなかなか治らなくて困ってしまうことありますよね。ここでは、ニキビ予防になる4Sをご紹介したいと思います。



●1つめの「S」=生活習慣


大人ニキビができてしまうのには、生活習慣が影響しています。毎日の食生活を振り返ってみると「これを食べたらニキビ出来そうだな」というものがあるはずです。


特に、ファーストフードやお菓子類など、油がたっぷりと使っている食品はニキビができやすくなってしまいます。


ニキビ予防には食生活を見直してバランスの取れた食事をすることが第一歩ですよ。



●2つめの「S」=洗顔


つるつる美肌を手に入れるのに洗顔は欠かせませんよね。たっぷりの泡で優しく洗顔をするようにしましょう。もし、ニキビができていたとしても強く洗いすぎるのは絶対NGです。


ふわふわもこもこの泡で優しく洗えばしっかりと汚れが落ちるので、毎日の洗顔に泡立てネットを使う習慣を取り入れることが大切。


さらに洗う時だけではなくすすぐ時も優しくすることが重要です。すすぎながら顔をこすったり、マッサージをしては刺激となってしまいます。



●3つめの「S」=スキンケア


洗顔をした後にスキンケアをするのは当たり前のことです。ニキビ予防の場合は、毛穴を引き締める成分の入ったものを使うのが効果的。


また大人ニキビができている場合は特に肌に水分が足りていないケースが多いです。たっぷりの化粧水をコットンやパックに含ませてしっかりと肌に保水をしてあげるようにしましょう。


毎日、顔にパックをするだけでニキビが減り化粧のノリもよくなるはずです。


外からの保湿だけではなく、体内の水分補給として毎朝コップ1杯の水と入浴後に1杯飲むと代謝がよくなり、ニキビの元である老廃物を排出するデトックス効果にもなりますよ。


ニキビ予防のスキンケアには、外からと内からの水分補給に気を配りましょう。



●4つめの「S」=紫外線対策


紫外線対策というと、日焼けやシミ・シワの予防と思われがちですが、紫外線は大人ニキビの原因にもなっているんです。


季節に関わらず、日焼け止めを使って紫外線対策をすることでニキビ予防にもなります。ただし、日焼け止めは何個か試してみて自分の肌質に合うものを選ぶようにしましょう。


ウォータープルーフのものは洗顔時に強くこすってしまう原因になってしまうので、肌の弱い人は特に乳液タイプやミルクタイプの肌に優しいものをチョイスするのが◎。


さらに紫外線以外にも、頬杖をつく癖や肌に髪の毛が触れるということが肌に大きな負担になっています。


ニキビができやすい体質の人は顔周りに髪の毛が触れないように、アップスタイルや編み込みヘアにすることで刺激を減らすことができますよ。


これを機にヘアアレンジに挑戦してみるのも良いかもしれませんね。



いかがでしたか?ニキビ予防の4Sの法則を忘れることなく、ニキビ知らずの美肌を手に入れましょう。




大人ニキビと戦う方法 [ニキビの悩み]

481441.jpg


ニキビには思春期ニキビと大人ニキビという2つの種類があります。


もしかするとあなたが悩んでいるニキビは大人ニキビなのに、思春期ニキビと同じ対策で戦おうとしてはいませんか?


思春期ニキビと大人ニキビは全く原因が違うので、同じ対策をとっていてもダメなんです。それどころかかえって悪化してしまうこともあります。


きちんと違いを理解し、大人ニキビに合った戦い方でやっつけましょう。すっぴんでも自信のある肌を作れますよ。



●大人ニキビと思春期ニキビとは?


そもそも大人ニキビとは何なのでしょうか。思春期にできるニキビは原因もシンプル。ホルモンバランスの乱れによって皮脂が過剰に分泌され、毛穴がつまりアクネ菌が増殖します。


額や鼻といったTゾーンに多く出現しますよね。対策としてはマメに洗顔して清潔にしておけば問題なしで、ホルモンバランスが整ってくれば自然になくなります。


一方、大人ニキビとは思春期を過ぎてから出現するニキビです。この原因は複雑で、様々な要因が絡んでいます。例えば、睡眠不足やストレス、メイク、飲酒、食生活…など。


顎や首、フェイスラインにもできることがあります。原因は多岐にわたっているので、治りにくく、繰り返すのも特徴です。



●乾燥させない


そんな厄介な大人ニキビですが、主要因は乾燥と古い角質。そのため、思春期ニキビと同じ対策では悪化してしまう可能性があります。


思春期ニキビに即効性のあるニキビ用スキンケア商品には、殺菌作用、角質柔軟作用と共に、脱脂作用が強いものが多いのです。


皮脂分泌の多くなっている思春期の肌では大丈夫でも、大人の肌ではガサガサに乾燥してしまうかも。大人ニキビの肌には保湿作用のちゃんとあるものを選びましょう。


保湿しながら、肌を改善していくことが大人ニキビと戦う方法なのです。長期戦を覚悟しましょう。例えばニキビに欠かせない洗顔は、ゴシゴシと日に何度もしてはいけません。


朝と夜の2回で十分ですし、たっぷりのきめ細かい泡で包むように優しく洗って下さい。タオルで顔を拭く時だって、そっと水分を吸収させるイメージで顔に当てましょう。


たっぷりの化粧水で水分を補給し、ニキビがあっても乳液で蓋をしてくださいね。オイルフリー製品などを活用しましょう。



●古い角質を取る


乾燥と並んで大きな要因となっているのが古い角質。まず代謝が悪くなることで、肌のターンオーバーが遅くなります。


そして古い角質が毛穴をふさいでしまうのです。この毛穴をふさぐ古い角質を厚く固くし、大人ニキビをさらに頑固にさせる原因になるのが乾燥。


乾燥と古い角質はどちらも対処することが重要なんですね。


角質を除くには、たまにピーリングケアを行いましょう。これもやりすぎては新たな大人ニキビの原因になりかねません。


人によって肌のターンオーバーのリズムも違うので一概には言えませんが、週に1度くらいを目安にしてみましょう。


ピーリングアイテムにも様々な種類がありますが、なるべく肌にやさしい、低刺激のものをチョイスしてくださいね。



●根本的に退治するには?


しかし乾燥と古い角質の蓄積に対応することは、大人ニキビの対処にはなりますが、根本的な解決には至りません。


では大人ニキビをそもそも作らないような肌にするにはどうしたら良いのでしょうか。それには体質や生活習慣の改善が必要になります。


睡眠時間を6時間以上確保する、油や刺激の多い食事は減らす、家に帰ったらすぐにメイクを落とすなど肌に良い生活を心がけましょう。


特にビタミンBとビタミンCの摂取は意識的に行って下さいね。ビタミンBは皮膚新陳代謝を促進してくれますし、ビタミンCは皮脂や炎症を抑えてくれる働きを持っています。



いかがでしたか?ここでは、出来ると厄介な大人ニキビの戦い方についてご紹介しました。自分の生活を見直し、大人ニキビに打ち勝ちましょう。




ニキビができにくい肌をつくる方法 [ニキビの悩み]

466281.jpg


メイク前にニキビを見つけてしまうと、テンションが下がってしまうもの。1個なら良いですが、連続してできてしまうことが多いですよね。


ここでは、ニキビができにくい肌をつくる方法についてお教えしましょう。全部で6つの項目があります。



1.「クラシック音楽」を聴く


ストレスはニキビのもと。自立神経のバランスが崩れ、男性ホルモンの分泌が促されてしまいます。それにより、肌が脂ぎったり、ニキビができてしまうんです。


ストレスを解消するには、「副交感神経」を優位にして「交感神経」を休めることが大切。おすすめは、クラシック音楽を聴くこと。


中でも、胎教に使われるモーツァルトの音楽は、リラックス効果が抜群です。ぜひ、スマホや音楽プレイヤーに入れてくださいね。聴けば聴くほど、ニキビから遠ざかることでしょう。



2.「ビタミンB1」と「ビタミンC」を摂る


偏った食生活や仕事のストレスなどによって「活性酸素」が発生します。「活性酸素」はニキビの元になるので、何としても抑えなくてはいけません。


そこで役立つのが、情緒を安定させる「ビタミンB1」と、抗ストレス作用のある「ビタミンC」です。「ビタミンB1」は玄米、豚肉、卵、大豆製品など、「ビタミンC」はトマトや柑橘類などに含まれていますよ。



3.スポンジは3日に1回洗う


どのぐらいのペースで、ファンデーションのスポンジを洗っていますか?


実は、スポンジは、ニキビの原因である「アクネ菌」の温床になってしまいます。「1週間も洗っていない」という人は、アクネ菌を肌に塗り付けていることになります。


スポンジを清潔に保つには、3日に1回洗うのがベスト。メイク落としを馴染ませてから水で洗い、陰干ししましょう。古くなったら、新しいものに買い換えてくださいね。「まだ使えるかな」なんて、ケチな考えは捨てましょう。



4.冷房より扇風機、アイスよりホット


冷え性の人は、ニキビができやすい傾向にあります。というのも、人間の体は「温めないとダメ」と、自分を守るために皮脂を分泌するからです。


ですから、夏場は冷房より扇風機を使いましょう。体を冷やさずに済みます。しかし、オフィスでは冷房がガンガン効いていると思いますので、カーディガンをお忘れなく。


また、胃腸の冷えは体の冷えに繋がります。アイスよりホットのドリンクを飲みましょうね。



5.潰さないようにする


ニキビをつぶすと、「活性酸素」が放出され、違うところにニキビができてしまいます。「気になってしょうがない」という気持ちは分かりますが、ニキビは潰さないようにしましょう。



6.ジェルタイプのクレンジングを使う


ニキビができやすい肌に適しているのが、ジェルタイプのクレンジングです。油分がなくて低刺激ですし、余分な皮脂が落ちて肌がさっぱりします。



いかがでしたか?ニキビのない肌になれば、自分に自信が持てるようになるはず。メイクも楽しくなりますし、フットワークも軽くなることでしょう。




ニキビにサヨナラする方法 [ニキビの悩み]

073744.jpg


ほっぺにニキビができてしまうと、化粧やおしゃれなど、やる気を失ってしまいますよね。そこで、ニキビにサヨナラする方法を5つご紹介します。



1.ファンデーションではなくベビーパウダーを使う


ニキビで困っているときに、ファンデーションを使うのはNG。ファンデーションは石油由来のものが多く、肌への負担がある上、ニキビの中に成分が入り、ますます悪化してしまいます。


そこでオススメなのがベビーパウダー。主原料は若干異なりますが、主にトウモロコシから取れるコーンスターチと、滑石という水酸化マグネシウム等を含む鉱石であるタルクです。


最近では、それらを基本に、保湿成分や安らぐ香りなどが加えられ、美容に効果的になっているため、ニキビ肌にも優しく、美肌に導いてくれるそうです。



2.髪がニキビに当たらないようにする


ニキビは刺激を与えると悪化してしまうもの。そのため、髪がニキビに当たらないように気をつけることは大切です。邪魔なときは、髪を後ろに結んだり、耳に髪をかけたりしましょうね。



3.脂っこい食べ物を避ける


脂っこい食べ物を摂りすぎると、肌の皮脂を増やし、ニキビの原因になってしまいます。そのためバター、チョコレート、インスタントラーメン、スナック菓子などはニキビが出来た時は極力控えておきましょう。



4.ビタミンB群を摂る


「ビタミンB群」には、皮脂の分泌を防ぎ、肌代謝を良くする働きがあります。ニキビにサヨナラするには、必要不可欠な栄養素と言えます。


「ビタミンB群」はトマト、ほうれん草、納豆、肉の赤身、カツオ、マグロ、サケなどに多く含まれているので、積極的に取り入れてみましょう。



5.生理前はしっかり眠る


皮脂の分泌量は、生理周期によって変わります。生理前に分泌される「黄体ホルモン」には、皮脂分泌を高める働きがあり、ニキビができやすくなります。


生理前は夜更かしをせず、よく寝て、ホルモンの過剰分泌を抑えるようにしましょう。



いかがでしたか?これらの方法で、ニキビのない頬になって、毎日お化粧やオシャレを楽しみたいですね。





胸ニキビの対策 [ニキビの悩み]

212169.jpg


ニキビ発生箇所の盲点「胸」は、意外に皮脂分泌が多くてニキビができやすいのはご存じですか?


一度できると消えにくい胸ニキビ。胸ニキビがコンプレックスで、ファッションや恋愛に影響を与えているなんてこともあります。そこで、なかなか消えてくれない胸ニキビの対策をご紹介します。



1.バスグッズを替える


シャンプーリンス石鹸などが刺激となって、肌に影響を与えている可能性があります。なので、アクネケア用の石鹸を試してみるのも一案です。


また、リンスやコンディショナーが胸などについたままにならないよう、洗う順番にも注意が必要ですね。



2.ストレス解消半身浴をする


大人になってからできるニキビの原因にストレスがあります。このストレスを解消しながら、毛穴を開くことのできる半身浴がおすすめ。胸は湯につけず湯気で蒸らします。その後、泡で丁寧に洗いましょう。



3.下着をチェックする


下着は、ナイロン製などの通気性が悪いものも多く、さらに、締め付けるものも多い難物。そんな下着が胸ニキビの原因になっていることもあります。素材やスタイル、サイズの見直しも時に効果的です。



4.ピーリングと保湿をする


肌のターンオーバーを促すために、優しいピーリングを行うのも効果的です。ただし、ピーリングの後は肌が極端に乾燥します。十分な保湿を忘れずに。



5.漢方を試す


体質的にニキビができやすい人もいます。あらゆる外側からの努力にも関わらずあまり効果が見られない場合には、体の内側からケアしてあげましょう。体に優しい漢方なら副作用も少なく始めやすいですよ。



いかがでしたか?胸に赤いポツポツが発生していては、痒みの辛さだけでなく、恋愛にも差支えが発生しそうですよね。


また胸ニキビは治りにくいだけに、痕も残りやすいので、少しでも早めにケアして撃退しましょう。





ニキビを予防するポイント [ニキビの悩み]

144114.jpg


あれ?いつの間にか吹き出物ができてる…。なんていう悩みを抱えた方って多いと思います。ついつい気になって触ってしまったりしちゃいますよね。


でもそれはタブーです!一番良くないのは、触ったりつぶしたりしてはいけないこと。触ったりつぶしてしまうことで雑菌が入って化膿しやすくなって痕が残りやすくなってしまいます。


そこで、そんなニキビを事前に予防できる、簡単なポイントをご紹介します。




1.肌に触れるものは清潔に


ファンデーションで使うスポンジやパフなど直肌に触れてしまうものは清潔に保ちましょう。また枕などの寝具も素肌に触れるものなのでまめに洗濯をしましょうね。



2.シャンプーやリンスのすすぎはしっかり行う


首やあごや額などにできやすい方は、すすぎ残しのシャンプーなども原因とされます。すすぐ際には十分に時間をかけて洗い流しましょう。



3.前髪がかかったり整髪料がつかないように


髪の毛が触れると毛穴を刺激して悪化することがあります。ヘアスタイルに気を配ったりまとめるなどしましょう。


これからの時期はタートルネックなどの服も首周りを刺激する可能性があるので気をつけましょうね。



もちろんこれだけではなく、元の原因を断つことが大切です。一つの原因にこだわらすぎず、その他にも原因は考えられます。


例えばホルモンバランスの乱れだったり、睡眠不足や栄養不足など。したがって多方向からケアしていくように意識していきましょう。


長期的に治らない方は、自己流ではなく医師の正しいアドバイスを受けることをオススメいたしますよ。





胸ニキビの原因と対策 [ニキビの悩み]

284792.jpg


一度できると消えにくい胸ニキビ。胸ニキビがコンプレックスで、ファッションや恋愛に影響を与えているなんてこともあります。そこで、なかなか消えてくれない胸ニキビの対策をご紹介します。



1.バスグッズを替える


シャンプーリンス石鹸などが刺激となって、肌に影響を与えている可能性があります。なので、アクネケア用の石鹸を試してみるのも一案です。


また、リンスやコンディショナーが胸などについたままにならないよう、洗う順番にも注意が必要ですね。



2.ストレス解消半身浴をする


大人になってからできるニキビの原因にストレスがあります。このストレスを解消しながら、毛穴を開くことのできる半身浴がおすすめ。胸は湯につけず湯気で蒸らします。その後、泡で丁寧に洗いましょう。


3.下着をチェックする



下着は、ナイロン製などの通気性が悪いものも多く、さらに、締め付けるものも多い難物。そんな下着が胸ニキビの原因になっていることもあります。素材やスタイル、サイズの見直しも時に効果的です。



4.ピーリングと保湿をする


肌のターンオーバーを促すために、優しいピーリングを行うのも効果的です。ただし、ピーリングの後は肌が極端に乾燥します。十分な保湿を忘れずに。



5.漢方を試す


体質的にニキビができやすい人もいます。あらゆる外側からの努力にも関わらずあまり効果が見られない場合には、体の内側からケアしてあげましょう。体に優しい漢方なら副作用も少なく始めやすいですよ。



いかがでしたか?胸に赤いポツポツが発生していては、痒みの辛さだけでなく、恋愛にも差支えが発生しそうですよね。


また胸ニキビは治りにくいだけに、痕も残りやすいので、少しでも早めにケアして撃退しましょう。





頭皮のニキビ [ニキビの悩み]

070505.jpg


鏡で頭皮を見たことはありますか?髪の分け目に見えた地肌がなんとなく赤い・・最近頭がかゆいことが多くなった・・


こんな症状がある人は要注意!頭皮にニキビや湿疹ができているかもしれません。美しい髪には頭皮が元気であることが大事。


美しい髪を保つため、頭皮トラブルの原因と頭皮を元気に保つ方法をご紹介します。



●頭皮にニキビや湿疹ができる原因


フケが多くなってきたり、頭皮が赤みを持っていたら地肌と髪にトラブルが生じている証拠。体の中でも、 頭は意外にも皮脂がとても多い場所。


睡眠不足、栄養不足(バランスの悪い食事による偏った栄養摂取)、ストレスなどによってホルモンバランスが乱れると頭皮の皮脂が過剰に分泌されます。


すると、もともと皮膚にあった菌の数が増えてニキビや湿疹などトラブルの原因になります。


また、洗浄成分が強すぎるシャンプーを続けて使ったり、洗い過ぎや爪を立ててゴシゴシ洗うことによってできた頭皮のキズなどで、炎症を起こしているケースもあるので要注意です。



●頭皮の皮脂量が多い人には、こんな症状があらわれる


健康な頭皮や髪には適度な皮脂が必要です。しかし、生活習慣の乱れや合わないシャンプーによって皮脂の量が乱れ過剰に分泌されると、次のような症状があらわれます。


・毎日洗髪しないと、すぐに髪がべたつく。

・フケが多い。フケそのものが湿っている。

・頭皮がかゆい。

・顔の肌がすぐに脂っぽくなる。


顔の皮脂が多いとニキビができやすいように、頭皮にもニキビができます。脂漏性湿疹といって頭皮全体が赤みを帯びて湿疹が広がってしまう場合もあります。


頭皮がこのような状態になると、健康だった髪にもダメージが出てしまい、美髪から遠ざかることに。


髪が細くなる、抜け毛が多い、健康的なツヤがない、などの症状がある人は、髪そのものだけでなく頭皮の異常も疑ってみましょう。



●美髪にはビタミンB2/B6を意識して


頭皮や髪に異常を感じたら、シャンプーそのものを刺激の少ないものに変えたり、シャンプーのしかたを見直すことが大事。それと合わせて頭皮を健康にする食生活を心がけてみましょう。


ビタミンB2やビタミンB6は「皮膚・髪・爪」を再生してくれたり、有害な脂質を分解してくれるビタミン。そう、美しい髪や肌には絶対に欠かせないとても大切なビタミンなんです!


ビタミンB2やビタミンB6を多く含む食品は、レバー、ウナギ、納豆、卵、大豆、乳製品、かつお、まぐろ、バナナやアボガドなど。


疲れているからといって、甘いものばかり食べていると、皮脂の分泌量を増やしてしまうので甘いものはできるだけ避けましょう。


そして、夜更かしによる睡眠不足やストレスをため込まず、上手に発散させることも大切です。適度な運動習慣をつけて気持ちよく眠れる工夫やリラックス効果のあるストレッチなども効果的。


魅力的な美しい髪を保つため、生活習慣を見直してみてくださいね。





ニキビの種類と注意点 [ニキビの悩み]

100308.jpg


毛穴の開きとともに肌の悩みで多いのが、大人ニキビニキビ跡。一度ニキビ跡ができてしまうと色素が沈着して気になってしまいますよね。


消そうとして厚塗りメイクになってしまったり、自己流ケアで悪化させてしまったりしていませんか?


ニキビの進行には4段階あります。あなたのニキビはどの段階ですか?



1.初期二キビ
 

まだニキビにはなっていませんが、角栓が毛穴を塞いで皮脂が詰まっています。肌の ターンオーバーが正常に行われていないことが原因で発生します。 
 

2.できたて白黒ニキビ


角栓や古い角質で毛穴が詰まり、分泌された皮脂がどんどん内部に溜まっています。先端が黄白色、または酸化して黒くなったニキビがあります。


3.炎症した赤ニキビ


長い間ニキビができ続けたことで詰まった皮脂にニキビ菌が繁殖。炎症を起こして赤く腫れ、さわるとチクチクします。この段階から「ニキビ跡」になります。


4.重症黄ニキビ


赤ニキビの炎症が毛穴の奥までいっぱいに広がり、黄色い膿(うみ)が溜まった状態です。毛穴だけでなく皮下組織までダメージが広がると治っても凸凹クレーターの肌になります。



●やってはいけない!3つの自己流ニキビケア


1.洗い過ぎ


清潔にしなくては!と一日3回以上、手でゴシゴシ洗っていませんか?軽く触れているつもりでも、実は肌に強い摩擦がかかります。


また、一回5分以上の丁寧過ぎる洗顔もニキビを刺激し悪化させるので要注意。肌の汚れは1分あれば、ほぼ大丈夫。


2.熱いお湯での洗顔


40度以上の熱いお湯で洗顔すると表面の正常な皮脂まで流されて、肌が乾燥してしまいます。守ろうとしてさらに皮脂が分泌され悪循環に。
 

3.ニキビをつぶす


これは絶対やってはいけません。特に赤ニキビ以上の段階のニキビをつぶして膿を出すと、クレーターのような深い凸凹が皮膚に残ってしまいます・・・。



●からだの内側と外側、ダブルケアで確実にきれいに。


ニキビになる原因には普段の生活が深くかかわっています。眼精疲労、ストレス、糖分や脂分の摂りすぎ、冷え、便秘ホルモンバランスの乱れなどです。


できてしまったニキビを正しくケアするのと同時に、これ以上ニキビを増やさない生活を心がけることがとても大切です。


自己流でニキビケアをすると、ニキビ跡が残ってしまいそうで心配という人やニキビ跡をきれいに治してスベスベ肌に近づけたいという人は、プロに一度見てもらうのが近道かもしれませんね。



ニキビ集中ケア体験コース 皮膚科のニキビケア   ニキビケア石けん








ニキビの原因 [ニキビの悩み]

105768.jpg


女性は、ニキビがポツッとできただけで、肌に自信がもてなかったり、気分が落ち込んでしまうもの。スッピンやナチュラルメイクOKの、つるんとなめらかな肌を手に入れたいと思いませんか?


ニキビといっても、その原因はさまざま。あなたのニキビはどのタイプですか?


ストレスニキビ…ストレスが原因で治りにくい

白ニキビ…皮脂がつまってできる

黒ニキビ…皮脂が酸化して黒くなる

赤ニキビ…アクネ菌が繁殖して肌が赤くなる

大人ニキビ…加齢や肌の乾燥などによるもの


ニキビと縁をきるためには、基本的には肌を清潔に保つことが大切。ただし、過剰な洗顔スキンケアを続けていると肌の乾燥を招き、異常な皮脂の分泌を促し、ニキビができやすい状態をつくってしまいます。


さらに現代女性が陥りがちなのが、ビタミン不足。ストレスや喫煙、飲酒などはビタミンを大量に消費することになり、しっかり栄養を摂っているつもりでも栄養が不足してしまうことにつながります。


特に、ニキビと深い関わりがあるビタミンは、「健康な肌づくりに欠かせないビタミン」「皮脂の代謝をコントロールするといわれるビタミン」「肌の新陳代謝と関わりの深いビタミン」などがあります。



・各ビタミンを多く含む食材

健康な肌づくりに欠かせないビタミン....鶏レバー、うなぎ、春菊、人参など

皮脂の代謝をコントロールするといわれるビタミン....卵、大豆など

肌の新陳代謝と関わりの深いビタミン....アーモンド、ナッツ、ヒマワリ油など柑橘類、ブロッコリー、小松菜など


これらのビタミンを多く含む食材を積極的に摂ることを意識することから、始めてみてはいかがですか。



ビタミンが不足しにくい生活をおくる [ニキビの悩み]

102202.jpg


ニキビができやすい状態をつくらないためにも、ビタミンが不足しない生活を心がけたいものです。


そのためには、有機野菜、無農薬野菜など栄養価の高い野菜をしっかり摂る、ストレスを感じにくい生活を心がけて、ときにはスポーツなどでリフレッシュを! 喫煙・飲酒を控え目にして、心と体に良い生活を心がけてみましょう。


それでも、ニキビがなかなか改善しない時には、ビタミン系サプリの力を借りるのもオススメ。食後に摂ると、栄養素が胃や腸の中で食事と混ざり、比較的効率よく吸収できます。


ニキビのないキレイ美肌を実感できたら、毎日もガラリと変わります。朝起きて憂鬱な気分になることもなく、ニキビを隠そうとメイクアイテムと格闘することもぐっと減るはずです。


なにより、肌に自信がもて、自分らしく振舞うことが出来るので、恋愛がうまくいく確率もアップするかもしれません。 


ニキビが目立たなくなったり、気にならなくなったとたん、お友達に自慢したくなるような男友達や彼氏ができたという人も多いものです。


大人ニキビとは? [ニキビの悩み]

125426.jpg


お肌の調子、いかがですか?乾燥からくるカサカサやくすみ化粧のノリのよしあしなど、いろいろ悩みはあるけれど、「ニキビ」、実は気になっていませんか?


「大人ニキビ」。よく聞く言葉ですね。思春期に鼻の頭やおでこにできたぷちぷちのニキビは、まだホルモンのバランスが安定していないために、皮脂が過剰に分泌されることによって起こります。


大人ニキビは、これとは出る場所や治りにくさが違うので、「大人ニキビ」と区別して呼ばれます。


男性でいうとひげが生える部分に集中してできる「口のまわりニキビ」、おでこやうなじ、こめかみなど、髪の毛の生え際にできる「はじっこニキビ」、あごの先に集中してできる「あごニキビ」など、大人ニキビは10代のころには出なかった場所に多く出がち。


あごの下から首にかけてだけ集中して発生したり、それが肩や背中二の腕などにも広がっていったりするケースもあります。顔と違って人目につかないところなので、つい放置したり、洋服でこすれたりして悪化させがちなのもこうした「ボディニキビ」です。


20代の後半になって急に出はじめる、出たらなかなか直らない、クスリの効きが悪い、治っても痕が残りやすいのが大人ニキビ。


ニキビがあるだけでもストレスなのに、対処方法を間違うと悪化させてしまう可能性もあって、なんとか解放されたいもののひとつですよね。









大人ニキビの原因 [ニキビの悩み]

133984.jpg


大人ニキビの原因はさまざまです。生理の前にニキビができやすいなら、それは男性ホルモンに似た働きをする黄体ホルモンの分泌量が増えるから。


男性ホルモンは皮脂の分泌を活発にする働きがあるので、女性の卵巣から分泌される黄体ホルモンが似たような動きをし、ニキビを作りやすくするのです。


生理の前には特に食事に気をつける、充分な睡眠をとるなどすれば防ぐことができそうです。


また、普段からイソフラボンを多く含む大豆や豆乳などを多く摂ることで、女性ホルモンと男性ホルモンの分泌のバランスをすこやかに保つことができます。


肌が休息を求め、新陳代謝も活発になるといわれる22時~2時をめやすに睡眠をとるようにするのもオススメです。その時間帯に身体を休めることによって、必然的にお酒の席も減り、ヘルシーな食生活にもつながりそうですよね。


とくにボディニキビが出やすい背中は、じつは毛根がたくさんある場所で、ちょっとした体調の乱れや乾燥などの影響を受けやすい場所です。


また、新陳代謝が悪くなってくると、背中の毛根からの老廃物を出しにくくなるという説もあります。









大人ニキビの対策 [ニキビの悩み]

043120.jpg


大人ニキビが出やすい場所を考えてみると、そこは背中や口のまわりのように、毛穴がたくさんある場所。もちろんはじっこニキビが出やすい場所にも毛穴がたくさんありますね。


毛穴がたくさんあるということは、そこに老廃物がたまりやすいところともいえます。


老廃物といえば、自分から出る皮脂やその皮脂にホコリなどが混じったもの、と考えがちですが、それだけではないのです。


化粧落とし残しや、クレンジング剤の洗い残し、洗顔石鹸の残りかすも毛穴にはたまりやすいのです。シャンプーがうっすら残っていたり、トリートメント剤が落としきれていなかったり。


背中ニキビはこのトリートメント剤が背中をつたって、落としきれていないことが原因の場合も多いようです。


大人ニキビの根本的な原因がほかのところにあったとしても、まずは大人ニキビができやすい場所に不要な汚れ、シャンプーや洗顔料などが残らないよう、優しく洗ってさっぱりさせることがポイントです!



ニキビ集中ケア体験コース 皮膚科のニキビケア   ニキビケア石けん








ストレスによるニキビ [ニキビの悩み]

064978.jpg


「ストレス」、これも大きなニキビの原因になるそうです。ご存じでしたか?


心の中にわだかまったものをうまく出すことができない、気持ちの整理がつかない、そんな情緒的な問題がストレスニキビにつながるといわれています。


じっと考え込んでいるときや悩みがあるときには、脳に血液をとられるような気分になって手足が冷えたりしませんか?


目の下のクマが目立ったり、肌が乾燥して皮脂が浮いてきている…

・最近運動不足で汗をかかず、手足の末端がいつも冷えていて、顔色が良くない…

ミニスカートや短いボトムがスッキリと履きこなせず、バランスが悪い…

・眠っても疲れが溜まっていて、翌朝のメイクが肌に上手くのらない…


など。こうしたメンタルな動きに、体の「巡り」が邪魔される、ということですね。 ストレスがたまってくると血流が悪くなり、合わせて内側のリズムが悪くなってきます。


すると肌に充分な栄養がいきわたらなくなり、自然と肌が乾燥気味に。乾燥した肌の角質はどんどん固くなっていって、毛穴に皮脂が詰まりやすくなっていくのです。



ストレスニキビの対策 [ニキビの悩み]

044438.jpg


ストレスがたまると、体のバランスも崩れがちになります。 男性ホルモンが過剰になったりすると、必要以上に皮脂を分泌しやすくなるともいわれています。


男性のほうがいわゆる「脂っぽい」ことが多いので、男性ホルモンの働きはなんとなく想像がつきますね。ストレスニキビを作らないようにするのが一番!というのは簡単ですが、なかなかそうもいきません。


でも、自分に合った方法を知ることで、驚くほどお肌の調子が変わり、毎日を明るい気持ちで過ごすことができます。


普段の暮らしのなかで、できるだけリラックスできる方法を取り入れて、気持ちにゆったりとした余裕を持たせるようにしましょう。


ベッドに入る前に体をほぐすような気持ちでストレッチをする

お気に入りの香りをベッドリネンにただよわせて、深い睡眠をとってお肌を休息させる

・ゆっくり半身浴をしながら読書を楽しみ、お肌の古い汚れを外に出してあげる


など、ストレスをためないようにする方法はいろいろありますので、自分に合った方法を見つけてみてくださいね!


純度100%の天然アロマオイル







ニキビの悩み ブログトップ



さまざまな女性のお悩みを解決する”悩み解決”の総合情報サイト

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。