So-net無料ブログ作成
検索選択
ダイエットの悩み ブログトップ
前の30件 | -

呼吸法ダイエット [ダイエットの悩み]

057955.jpg


「やる気はあります!でも運動はしたくないです!」なんて人はいませんか?そんな人にオススメのダイエット方法がありますよ。


それは「呼吸法ダイエット」。私たちが普通にしている「呼吸」を活用したダイエット法です。誰でも気軽にできることから、多くの人が実践しているのだとか。


ここでは、呼吸法ダイエットにおける4つのポイントについてご紹介します。ぜひ取り入れてみてくださいね。



●呼吸をするときは「深い呼吸」を意識する


毎日私たちは生きるために「呼吸」をしています。呼吸は意識してするのではなく、無意識にしているものです。


しかし、呼吸法ダイエットは‟意識して”呼吸をすることが大切なポイントになりますよ。胸で呼吸をする「胸式呼吸」をしている人は多いですが、できるだけ「腹式呼吸」を意識してください。


腹式呼吸はお腹いっぱいに空気を取り込み、お腹から息を吐き出す呼吸法になります。腹式呼吸は腸内へほどよい刺激を与えるだけでなく、体中の血行が促進する効果を持っているのです。


血液の流れがよくなれば基礎代謝も向上するので、痩せやすい体質に近づきますよ。普段している呼吸を意識して、腹式呼吸に変えていきましょう。



●息を吐き出すときは「ゆっくり」「長く」


仕事や学校にいるときはなかなかゆっくり長く息を吐けませんが、家で呼吸法ダイエットを実践するときは肩幅程度に足を開き、腹式呼吸をゆっくり繰り返していきましょう。


特に、気をつけてほしいポイントは‟息を吐き出すとき”です。呼吸法ダイエットはできるだけ「ゆっくり」「長く」息を吐き出していきます。


頭の中でカウントしながら、息を吐き続けてください。長く吐きつづけることが効果的です。


ゆっくり集中しながら12秒間息を吐き出すことで心身ともにリラックスできますち。また、両腕を上げながら吐き出すのも効果的。


おなかをへこませるようにするより、おへその下にある「丹田」と呼ばれる部位を意識しながらへこませると良いでしょう。



●朝におすすめの「呼吸法ダイエット」


効率的にダイエットしたい人は朝の「呼吸法ダイエット」がおすすめ。朝は起きたばかりの体が活動を始める時間帯であり、より体の臓器や筋肉の働きが活性化します。


朝におすすめの呼吸法ダイエットは、「おしりの穴を締める」「息を止める」2点が大きなポイントです。


鼻から大きく息を吸い込み、同時におしりの穴を引き締めます。そして、息を3秒間ほど止めてください。3秒後、吸い込んだ息を強めに8秒間ほど吐き続けます。


息を吐いた後、再び10秒間息を止め鼻から息を吸い込み繰り返していってください。以上の流れを3分間続けていきましょう。


眠っていた体がリセットされ、消費カロリーがアップしますよ。



●ポイントは「食事」と「運動」


呼吸法ダイエットで気をつけてほしいのは、この方法だけでは体重が減らせないことです。


確かに、呼吸法ダイエットは筋肉が鍛えられるので体脂肪が減ります。しかし、直接的に体重が減るとは限りません。


体重を効率的に減らすためには「食事」と「運動」をコントロールする必要があります。


体脂肪を燃やすために適度な運動を毎日続けてください。そして、栄養バランスが整った食事を心がけていきましょう。



いかがでしたか?ここでは呼吸を意識したダイエット方法をご紹介しました。呼吸法ダイエットを成功させるためにも4つのポイントをつかんで、ぜひ取り入れてみてくださいね。






痩せホルモンを出す方法 [ダイエットの悩み]

608102.jpg


食事制限と運動はダイエットをする上で必要なことですが、「痩せホルモン」が分泌されると効果が倍増するのだとか。


しかも痩せホルモンを分泌させるには意外とカンタンなんですよ。ここでは痩せホルモンがドバドバ出る方法をご紹介します。



●青魚を食べる


まずは美味しく食べて、痩せホルモンを出しましょう。


小腸から分泌される痩せホルモン「GLP-1」は、血糖値の上昇を抑え、脂肪の蓄積を防ぐ効果があります。


また満腹中枢を刺激して食欲を抑える効果があるので、ドカ食いを防ぐことができますよ。


GLP-1を分泌させるのにオススメな方法は「青魚を食べること」。サバやイワシに含まれているEPAは痩せホルモンの分泌を促すため、痩せ体質に導いてくれますよ。


また青魚には健康を作る不飽和脂肪酸が含まれているので積極的に食べたいですね。



●寝る


ダイエットする上で、睡眠不足は天敵。睡眠時間が足りないと「コルチゾール」というホルモンが分泌され、脂肪を溜め込んでしまうのだとか。


また睡眠不足のストレスからドカ食いに走ることもあります。一方で質の高い睡眠をとると「成長ホルモン」が分泌され、脂肪を燃焼してくれます。


理想的な睡眠時間は7時間程度。また成長ホルモンが多く分泌される夜10時~3時までに寝るのがオススメです。


しっかり寝ることで300キロカロリーも消費できるのだとか。質の高い睡眠をとるために、寝る環境を整えるのも大切ですよ。



●軽めの運動をする


軽めの運動を続けることで筋肉をつくることにも繋がりますし、ストレス発散にも役立ちますよね。


実は軽めの運動をすることで痩せホルモンも分泌されているのです。軽く運動をすることで交感神経が活発になり、「アドレナリン」が分泌されます。


このアドレナリンは体脂肪を分解する働きがあるため、引き締まった体作りに繋がるのです。さらに、アドレナリンに遅れて「成長ホルモン」も分泌されます。


いきなり激しい運動をしてしまうと、挫折に繋がってしまうので、軽めの運動を継続的に行うのがベストです。



●恋をする


恋をするとキレイになる、とはよく言いますよね。実はこれもホルモンのおかげ。


恋をすると幸せを感じる「セロトニン」が分泌されます。セロトニンは気分を安定させる働きがあるだけでなく、睡眠の質を上げる効果もありますよ。


さらに恋をするとたくさん食べられなくなるのもセロトニンのおかげ。食べ過ぎを防ぐことができるので健康的にダイエットすることができますね。


またドーパミンが分泌されると、物事に集中してしまうことから、空腹を感じにくくすることができます。


好きなものに熱中することがダイエットに繋がるようです。



●大豆製品を食べる


特に女性は生理や環境の変化で女性ホルモンのバランスが崩れやすくなっています。


女性ホルモンには「エストロゲン」と「プロゲステロン」の2種類のホルモンがありますが、特に生理前になるとエストロゲンの分泌が減り、基礎代謝が低下してしまうのです。


それを解消してくれるのが大豆製品。大豆に含まれるイソフラボンはエストロゲンと似た働きがあるためホルモンバランスを整える働きがありますよ。


さらに脂肪燃焼を促す効果もあるので食べて美味しくダイエットしましょう。



いかがでしたか?今回は痩せホルモンがドバドバ出ちゃう方法をご紹介しました。


ダイエットをやろうとストイックにしてしまうと、ストレスでホルモンは分泌されにくくなってしまいますよ。


ぜひ参考にして、楽しく、気軽な気持ちでダイエットしてくださいね。



Original Design
  らちたるや 



理想のカラダ別体重 [ダイエットの悩み]

499340.jpg


理想のカラダが違えば、目指す体重だって異なるもの。自分のなりたい理想を意識して体重を目標設定する必要がありますよよね。ここではキレイ体重の出し方を4つご紹介します。



●標準体重または健康体重 【身長(m)×身長(m)×22】


標準体重はもっとも病気になりにくい理想的な体重とされ、BMIの標準値である22を使って求めます。そのため、健康体重とも呼ばれるわけですね。一般的にふくよかで健康的な体つきとなります。


女子としては、もう少しダイエットを頑張ろうと感じずにはいられない体型ですが、男性たちは意外とこのマシュマロボディが好きだったりします。



●BMI判定 【体重(kg)÷身長(m)×身長(m)】


BMI(ボディ・マス・インデックス)は、その数値によって、痩せ度・肥満度を判定するための数値です。


健康指数を示すとされていますが、あくまで体重と身長からみたバランスしか表すことができず、隠れ肥満を発見することはできないという弱点があります。


18.5~25未満を「標準」とし、それ以下は「やせ気味」、それ以上は「肥満」と判定されます。まずは、身長と体重をあてはめて計算してみましょう。



●モデル体重 【身長(m)×身長(m)×18】


その名の通り、モデルのように細いスリム体型の人の体重を指します。基準とするBMIはやせ気味の18。


テレビに登場したり、カメラで撮られて雑誌などに載ると、実際よりも太って映るとはよく言いますね。


そのため、女子たちが見て、憧れるモデルたちは、見た目の体型よりも体重が少なめ。痩せすぎて、健康に不安があるともいわれています。


見た目は格好いいのですが、抱きしめると骨ばっているとして、男子視線ではもう少し太っていてもいいんじゃない?というライン。



●美容体重 【身長(m)×身長(m)×20】


ぽっちゃりでもやせぎすでもない、もっとも現実的な美しさと健康を保つのにふさわしい体重のこと。見た目には、十分スラリとした体型に見えます。


BMI指数の標準の中でもやせ気味に近い20を元にして計算しています。これなら、女子は納得、男子としても、見た目も抱き心地でもまず納得といったところです。



いかがでしたか?いくら男性陣が標準体重や健康体重でいいと言っていても、オトナ女子としては、見た目で納得がいきません。


でも、モデル体重では男性目線では痩せすぎ認定の場合も多いようです。


そこで、注目するのが美容体重。見た目も抱き心地も、細過ぎず太り過ぎでもないところがおすすめポイントです。



Original Design
  らちたるや 



かんたん体リセット術 [ダイエットの悩み]

683936.jpg


「今週は高カロリーなものをいっぱい食べちゃった!体重計に乗るのが怖いんですけど…!」とビクビクしていませんか?


高カロリーなものを食べ続けたり、生活が不規則になると、おデブ化一直線になってしまいます。おデブにならないようにするためにも週末は体をリセットさせていきましょう。


ここでは、週末でできる体リセット術をご紹介します。



●ゆっくりストレッチ


朝ストレッチをすることで固まった筋肉がほぐれ、血行を良くすることができます。すると体を温めることができるため、基礎代謝のアップに繋がるのです。


まだベッドの上にいるなら大チャンス。ぐっと全身を伸ばしてみましょう。


大きく息を吸いながら伸ばし、一呼吸おきます。そのあと力を抜きながら息を吐くことで眠っていた体を起こすことができますよ。


次に腕と足を上に上げ、ブラブラと揺らしましょう。揺らすことで体に溜まった老廃物が流れ、体をスッキリさせることができます。


ベッドから出てしまっている場合でもストレッチは効果的なので積極的にやるようにしてくださいね。




●白湯で腸を温める


白湯とはぬるま湯のこと。温かいお湯を飲むことで腸を温め活動を活発化させることができますよ。


沸騰したお湯を50~60度まで冷ましましょう。ゆっくり飲むことで体を温め、代謝を上げることができますよ。


また腸を動かすことから便秘解消にも効果的です。ゆっくりと飲んでリラックスすることが大切ですよ。



●フルーツでビタミン補給


休日の朝ごはんは食べない人は多くいるかもしれませんね。しかし、朝ごはんを食べることでデトックス効果が生まれてきますよ。


オススメは生のフルーツ。フルーツを食べることで体の中に酵素を摂り入れることができます。酵素は体の消化吸収を助けてくれる働きがあるので痩せやすい体質に導くことができますよ。


しかしフルーツは体を冷やす上に糖質が含まれているので食べ過ぎはNGです。1日200グラムを目安に食べるようにしましょう。



●部屋の掃除をする


部屋の掃除をして気分をリフレッシュさせましょう。掃除をすることでエクササイズができちゃいますよ。


拭き掃除や磨き掃除など手作業で行うことで、腕や足についた脂肪を燃焼させましょう。普段では掃除しないところをやってみてくださいね。



●ご飯はヘルシーに


平日で高カロリーな食事が多かったのであれば、休日はヘルシーに過ごしていきましょう。


また日頃デスクワークなどで出歩く時間がないという人は少し遠くのお店に食べに行くというのも良いですね。


そうすれば歩数がいつもより多くなりますし、ストレス解消にも繋がります。いつもより炭水化物の量を減らしたりしてくださいね。



●いつもより長めにお風呂に浸かる


普段の仕事の日は疲れてシャワーだけにしていませんか?休日ならゆっくりお風呂に入って、溜まった疲れを癒やすようにしましょう。


湯船に浸かれば全身の血液の巡りが良くなり、体の老廃物の排出を促すことができます。また体を温めることができるので冷え性の改善や代謝アップに繋がりますよ。


お昼からゆったりバスタイムを過ごしてリセットしてみましょう。



いかがでしたか?ここでは週末に行いたい体リセット術をご紹介しました。体をリセットすることで、おデブの元を排出し、痩せ体質に導くことができますよ。


ぜひ参考にしてダイエットを楽しんでくださいね。



Original Design
  らちたるや 



ダイエットが続けられない人に共通していること [ダイエットの悩み]

544046.jpg


「ダイエットする!と決めていたのに、何でこんなに食べているんだっけ?」、そんな経験をしている人は少なくありません。


ダイエットをスタートし、始めは一時的に減量していたかもしれません。しかしすぐにリバウンドしてしまった人も多くいるはず。そうならないためにも、ダイエットは継続して行っていきましょう。


コツを掴んでダイエットを継続させていくことで、いつの間にか当たり前の習慣に変わりますよ。ここでは、ダイエットが続けられない人に共通していることと、アドバイスをご紹介します。



●目標を立てていない


一般的に「ダイエットしたい」、「ダイエットしなきゃ」という考えからダイエットがスタートしますね。その後、自分にあったダイエット方法を調べることでしょう。


その後が問題。ダイエットの目標はしっかり決めていますか?


目標を決めていないと、ただなんとなくダイエットをしていることになり、結果として自然とやめることが多くなってしまいます。


目標を決めるときは「○キロ減らす」ということではなく、あの素敵な洋服を着て颯爽と街を歩くなどのような、イメージのしやすい目標をたてるのがベターです。



●具体的な計画ではない


目標ができたら、計画を立てましょう。ここでのポイントは明らかに無理な計画は立てないことです。


例えば、日頃スポーツしていない人がとりあえず「毎日腹筋を50回する」というような計画はアウト。無茶な計画を立てるとやる気のある初日だけで終わってしまいます。


できる範囲で少しだけ頑張らないといけないぐらいの計画をたてるようにしましょう。


また予定の詰め込みすぎもできれば避けましょう。あまりに綿密に計画を立て過ぎるとガタがすぐにきてしまいますよ。日常の生活リズムで試せることから実施していきましょう。



●辛いものと思っている


意識の違いでダイエットの成果は随分と変わります。ダイエットは、我慢や厳しいトレーニングしなきゃなど、どうしても辛いイメージが先行してしまいがち。


考え方を少し変えてみましょう。ダイエットに成功したら、着たい洋服が着られるというような楽しいイメージをします。


毎日の食事も、運動も楽しく思えてきたらこっちのもの。継続させるためにポジティブに考えていきましょう。



●我慢や無理をしている


ダイエットは決して無理をしてまでやるようなことではありません。肥満だと別の話ですが、大半は自分をキレイに見せるために行うことであり、深刻な問題と考えることはありません。


ダイエットを決めた初日から間食を止めたり、厳しいトレーニングをしたりすると、続けていくのに、相当の覚悟が入りますし継続もなかなかできませんよ。


必要以上に我慢や無理をするのは避けるようにしましょう。



●すぐやめる


ダイエット方法には、食事・トレーニング・生活改善など色々な方法がありますが全てをする必要はありません。自分に合った方法を見つけて続けていけば、いつの間にか習慣になっていきます。


「しなければいけない」という考えから「することが当たり前になっている」と考えると気持ちが楽になりますよ。



いかがでしたか?今回はダイエットが続かない人に共通していることをご紹介しました。継続することで、ダイエットの成功に近づくだけではなく、体内の健康も維持できてきますよ。


ぜひ参考にしてダイエットを長続きさせていきましょう。



Original Design
  らちたるや 



痩せない原因?隠れ貧血とは [ダイエットの悩み]

617018.jpg


「運動、食事制限を続けているのに、なぜか痩せないし、むしろ太ってきたような…」、実はそれ、貧血のせいです。


貧血というと細い人に起こりがちなイメージがありますが、実は女性の半分以上が「隠れ貧血」なんだとか。隠れ貧血になるとダイエットに悪影響をもたらすだけでなく、美容にも悪影響を与えてしまいます。


ここでは、隠れ貧血がブス太りに繋がる理由と解消方法をご紹介します。



●貧血ってなに?


そもそも貧血とは血液に含まれるヘモグロビンが不足し、全身に酸素が行き渡らない状態になること。


女性は毎月生理で血液が失われるだけでなく、環境によって体内環境が変化しやすい特徴があるため鉄分不足になりやすくなります。


鉄分が不足すると、酸素不足になりめまいや疲労感、立ちくらみなどの貧血症状が起こってしまうのです。



●貧血とダイエットの関係


貧血で鉄分が不足してしまうと、ダイエットにも大きな悪影響を与えてしまいます。


例えば生理中、むくみやすくなることがありませんか?それは貧血により全身に酸素が行き渡らなくなってしまうために起こります。


酸素が全身に行き渡らないと老廃物が溜まりやすくなり、むくみに繋がってしまうのです。また極端なダイエットをしてしまうと、体の様々な部分が働きにくくなるのだとか。


そのうち体内の酵素1つ「リパーゼ」が働かなくなってしまうと、脂肪を分解しなくなってしまいます。


酵素が働かないため、食事制限をしても脂肪が分解されず、体の中に脂肪を溜めやすくなってしまうのです。その上、貧血になってしまうと酸素が全身に行き渡らなくなり基礎代謝が低下します。


どれだけハードなダイエットを頑張ったとしても結果はあらわれず、むしろ痩せにくくなってしまうのです。



●貧血でおブスに


貧血になることで痩せにくい体になるだけでなく、肌も様々なトラブルを起こしてしまいます。


症状として、目元にクマができやすくなり、肌にもくすみがうまれます。それだけでなく、肌が乾燥してしまうので、間違ったダイエットを行うことでキレイになるはずが逆におブスになってしまいますよ。


隠れ貧血になる前に、しっかり食べてケアをするようにしましょう。



●貧血に効果的な食べ物


貧血に効果的な食べ物として代表的なのが鉄分。レバーや豚モモ肉、カツオやアサリなど鉄分が多い食品を食べるようにしましょう。


ビタミンCやクエン酸、たんぱく質と一緒に食べることで鉄分の吸収率を高めることができるので積極的に摂るようにしたいですね。


またアボカドに多く含まれている葉酸や納豆やたらこに含まれている亜鉛も女性の体を形成するのに重要な栄養素のため意識的に摂るようにしましょう。



いかがでしたか?ここでは隠れ貧血の悪影響と対策方法をご紹介しました。せっかくダイエットを頑張っていても隠れ貧血のせいで結果が出ないのは悔しいですよね。


ダイエット中といっても無理な食事制限はリバウンドを招くことにもつながるので、やらない方が得策ですよ。ぜひ参考にして、隠れ貧血をなくしていきましょう。




骨盤のゆがみの症状と改善方法 [ダイエットの悩み]

593764.jpg


「骨盤がゆがむと太りやすくなるという言葉を聞くけれど、本当なの?」と疑っている人はいませんか?


正解は本当です。骨盤の位置がずれてしまうことで体のバランスが崩れ、ダイエットだけでなく、体調にも影響を及ぼしてしまいますよ。


ここでは、骨盤がゆがむことで生まれるダイエットへの悪影響と、改善方法をご紹介します。



●代謝の低下


骨盤が歪んでしまうと、体の中のバランスがくずれてしまうことから、血液の流れを妨げ、冷え性やむくみを引き起こしてしまいます。


特に体の冷えは脂肪燃焼の低下に繋がるため、代謝を低くしてしまうのです。


せっかくダイエットをしているのに代謝が低いために効果が出ないのは辛いですよね。骨盤のストレッチを行って改善していきましょう。


脚を肩幅に開いたら手に腰を当ててゆっくりと腰を回してくださいね。上半身はまっすぐにしながらゆっくり回すのがポイントです。



●筋力の低下


骨盤の歪みが酷くなってしまうと体幹部の筋力が使われなくなり、たるみの原因になってしまいます。筋肉が使われなくなると脂肪燃焼もされなくなってしまうため脂肪がどんどん溜まっていくことに。


筋肉を作って脂肪を燃やす体になるためにも、骨盤のストレッチをしながら筋肉も同時に鍛えていきましょう。


脚を閉じ、床に仰向けに寝たら膝を90度に曲げます。手はリラックスさせたままお尻だけを上げてくださいね。


この時に膝とかかとは離れないようにすることが成功のポイントですよ。



●ぽっこりお腹の原因に


骨盤が歪んでしまうと姿勢が悪くなってしまいます。すると自然と猫背になったりO脚になったりと体型に悪影響を及ぼします。


そうなるとお腹もぽっこりと出てしまってメリハリの無いゆるんだ体になってしまいますよ。骨盤とポッコリお腹を解消するのにオススメなのが骨盤枕。


枕を骨盤に当てて5分程横たわることで骨盤が正常の位置になるだけでなく、お腹もポッコリを解消することができますよ。



●肩こりや腰痛の原因に


肩こりや腰痛は年齢を重ねれば仕方ない症状だと思って、骨盤が歪んでいるからと思っている人は少ないです。


実際に骨盤が歪んでいると筋力が低下して体内の血流が悪くなって筋肉が強張って肩こりや腰痛の原因になってしまいます。血流を良くするためにもお尻歩きをしてみましょう。


体育座りで床に座ったら、膝が曲がらないようにお尻で歩きます。少し進んだら後ろに戻るようにすることで骨盤を鍛えつつも体の血流をよくする効果がありますよ。



●便秘に


骨盤が歪んでしまうと便秘になってしまうことはあまり知られていないのだとか。


骨盤が後ろに傾いていることで股関節を圧迫してしまい内臓へ負担をかけてしまうので便秘に繋がってしまいます。


内臓が圧迫されて便秘になってしまうとダイエットにも悪影響を及ぼしてしまうので、早いうちに骨盤を矯正して便秘も解消するようにしましょう。


整体に行ってプロの人に矯正してもらうのも1つの方法ですよ。



いかがでしたか?ここでは骨盤のゆがみによって起こる悪影響と解消方法をご紹介しました。このように骨盤の歪みはダイエットだけでなく体にも不調が出てしまう可能性が高いです。


ぜひ参考にして週末を使って骨盤の歪みを改善していきましょう。






コーヒーダイエット [ダイエットの悩み]

558144.jpg


ブレイクタイムに欠かせないコーヒー。実はコーヒーを飲むだけでスリム体質になれるという、夢のようなダイエット法が存在するんです。


でも、このダイエットを成功させるには、ただコーヒーを飲んでいるだけではダメです。コーヒーダイエットはしっかり痩せるコツを押えておくことが重要。


ここでは、そんなダイエット成功の鍵を握るコツについて紹介していきます。コーヒー大好きという方は、さっそくこのダイエットにトライしてみては?



●1日3杯飲む


コーヒーには血糖値の上昇を抑える効果があるため、ダイエットにとても効果的な飲み物。「じゃあ、できるだけたくさん飲めばOK?」と思うかもしれませんが、大量にコーヒーを摂取するのは×。


日本人は胃の粘膜が弱いため、多量に摂取し過ぎると健康に害を及ぼす可能性が出てきてしまいます。そのため、飲む量は1日3杯がベスト。早く痩せたいからとコーヒーのガブ飲みは禁物ですよ。



●砂糖は入れない


甘いもの好きの方には少々酷な話ですが、コーヒーに砂糖を入れるのはダイエット向きとは言えません。


カロリーもそうですが、砂糖は体を冷やし、太りやすい体質へと導いてしまう食材のため、ダイエット目的でコーヒーを飲むのであれば、ここは我慢するのが正解。


どうしても甘さがないと飲めない、というのであれば、フレーバーコーヒーを飲むのがオススメ。


バニラやキャラメルの甘い香りがして、ノンシュガーでも美味しく頂けます。また、ミルクもできるだけ量を控えるように心掛けてくださいね。



●食前に飲む


血糖値の上昇を抑えるためには、食後ではなく食前にコーヒーを飲むのが正解。


なので、食事の前にコーヒーを飲む癖をつけてみてください。食べる前に飲み物で軽くお腹を満たしてくと、ドカ食いの防止にも繋がるので、大幅なカロリー摂取を防ぐこともできます。


また、食欲をより効果的に抑えたのであれば、アイスではなくホットでコーヒーを頂くようにしましょう。



●運動前に飲む


脂肪を効率良く燃焼したいのであれば、運動前にコーヒーを飲むのが吉。運動する30分前にコーヒーを飲んでおくと、脂肪が燃焼しやすくなるので、効率よく痩せることが可能になるんです。


また、運動といってもエアロビクスや水泳といったハードなものではなく、ウォーキングのような日常で取り入れられる軽いものでOK。


例えば、出社する30分前にコーヒーを飲んでおくだけで、ダイエット効果を期待できるんです。運動が苦手な方でも楽に脂肪を燃やせるので是非試してみください。



●コーヒーにスパイスを投入


体質改善を図りたいのであれば、コーヒーにスパイスを入れるのも良いでしょう。元々体格が良く、太りやすい体質の方であれば、コーヒーにシナモンを投入してみてください。


体の冷えを改善し、痩せやすい体質へと導いてくれます。むくみやすい体質の方であれば、フェンネルを投入してみるのがオススメですよ。



いかがでしたか?コーヒーは美味しくてリラックスできるだけではなく、ダイエット効果も発揮する、素晴らしい飲み物。


このルールを守ればブレイクタイムがダイエットタイムへと切り替わります。ぜひ参考にしてコーヒーダイエットをはじめてみましょう。




SNSダイエットとは? [ダイエットの悩み]

577271.jpg


痩せ効果が高いダイエットは沢山ありますが、その中でもSNSを使ったダイエットが近年注目されているのだとか。


SNSを使うことでスリムを作るというのは一見嘘のように感じるかもしれませんが、十分ダイエット効果はありますよ。


では具体的にどのような効果や魅力があるのでしょうか?ここではSNSダイエットの効果とやり方をご紹介します。



●ただダイエットを公開するだけ


SNSダイエットのやり方はカンタン。自分のダイエットの模様を公開するだけです。


たった一人でダイエットを行うよりも他の人に見せなくてはいけないので、ダイエットに関する姿勢が大きく変わります。


他人にダイエットをしていることを一度公言すると、なかなか辞めることも出来なくなるので長く続けることができますね。


またSNSに書き込むことで「今自分はダイエット中なんだ」ということを毎回認識することもできます。


たったこれだけでダイエット効果は大きく変わるので、SNSをダイエットに活用するのはおすすめです。



●SNSダイエットに向いている人


SNSダイエットに向いている人は、自分が食べた物の写真をよく載せている人です。


ダイエットで一番重要なのが食生活の改善。なのでどんな物を食べたかを細かく公開出来る人は、その分ダイエット効果も高くなりますよ。


ダイエットを公開している以上はカロリーの高い物は食べづらくなりますし、自然とダイエット効果のある食べ物を食べるようにもなります。


また写真なども添えるのも効果が高くなりますし、コメント欄などでその記事を見た人からアドバイスをもらえたりしやすくなるのでよりダイエットしやすい環境にもなります。



●毎日続けても苦にならない


SNSダイエットはただブログやフェイスブックを書くだけなので難しいものではありません。ですので毎日続けても苦痛に感じることは少ないでしょう。


また見てくれた人から応援のコメントをもらえることもあるので、それが励みになってやる気にも繋がることもあります。


一人でダイエットをするのではなく、多くの人を交えながら行うダイエットは続けやすくて楽しく行うことが出来ます。



●お金がかからない


SNSは基本的に無料で始めることができます。今から始めようと思っても、お金は基本的にはかかりませんので誰でもすぐに始めることができますね。


ダイエットでお金を掛けたくないと思っている人にはおすすめです。パソコンが無くても携帯やスマホがあればすぐに始められるのでネットが苦手という人にも簡単に始められますよ。



●ダイエットにはやる気が大事


ダイエットを行う上で重要なのがやる気です。そのやる気を出させてくれるのがこのSNSダイエットです。


なので、すぐにダイエットを挫折してしまう人や、ダイエットを始めようとしてもやる気が出ないという人にはおすすめです。


やる気が出ればダイエットも楽しくなるのでSNSを活用するのはダイエットにとって良い方法とも言えるでしょう。



いかがでしたか?ここではSNSダイエットの効果とやり方をご紹介しました。


SNSとダイエットは関係のないものだと思うかもしれませんが、使い方次第ではダイエットに活用することは可能です。


嘘だと思うかもしれませんが、一度試してみる価値は十分あると言えます。なので様々なダイエットを試しても続かなかったという人は一度SNSダイエットを試してみてください。






おにぎりダイエット [ダイエットの悩み]

583775.jpg


ダイエット中に避けてしまいがちな炭水化物ですが、実は食べ方次第ではダイエット効果の高い食材にもなります。


特に今注目されているダイエット方法の一つでもあるおにぎりダイエットは炭水化物の代表とも言える白米を使ったダイエット法です。


ここでは、おにぎりダイエットが具体的にどのような効果があり、どう食べればダイエットに繋がるのかをご紹介します。



●おにぎりダイエットの効果


まずお米には食物繊維と同じ働きをすると言われているレジンスタントスターチという物質が多く含まれています。


この物質の効果で腸内環境を整えて便秘を改善することができます。


この効果により消化機能が正常化し、脂肪の蓄積を抑えて栄養を吸収してくれるようになるのでダイエットにも効果が出るんです。


またお米にはブドウ糖が多く含まれており、このブドウ糖は脳のエネルギー源でもあるので脳を活発に働かせる作用がありますよ。



●やり方


まずおにぎりダイエットの基本は1日1~2合分のお米を食べるのが理想的です。朝は1個~2個前後、お昼は2個~3個前後、そして夕食には1個がオススメ。


またおにぎりダイエットはおにぎりだけを食べるというだけではなく、野菜やお肉などもきちんと食べる必要があります。この際に他のおかずは脂質やカロリーに十分注意しましょう。


またおにぎりは毎日食べていると飽きてしまう可能性もあるので梅干しや昆布などのカロリーの比較的低い具を入れて味を変えるようにすると長続きしやすいですよ。



●注意すること


おにぎりダイエットは1~2週間程度の短期間で行うことが重要になります。そして麺類やパンなどのお米以外の炭水化物はこの期間は摂取しないようにしてくださいね。


また冷えたごはんでないと、摂取カロリーを抑える働きがあるレジスタントスターチが生まれないので、温めることは避けるようにしましょう。



●デメリット


おにぎりダイエットの最大のデメリットは味に飽きるという点。


梅干しなどの具で上手く飽きないように工夫することが重要になるのでこの部分が面倒に感じる人も少なくないでしょう。


また注意点に短期間で行うと説明しましたが、もし長期間行った場合、おにぎりダイエットは栄養不足を招く可能性もあります。


さらにおにぎりダイエットを行っている間はお菓子やアルコールなどは当然禁止ですので苦に感じることもあるかもしれませんね。



●メリット


おにぎりダイエットはデメリットばかりではありません。


このダイエット方法を行っている間は辛いかもしれませんが、基本的に短期間で効果が出てくるダイエットなので、長期間かけてダイエットを行うのは苦手という人にはおすすめです。


またやり方自体は難しいものではありませんので、誰でも簡単に始められるのが魅力ですよ。ですので短期間でダイエットしたい人には良いダイエット方法とも言えるでしょう。



いかがでしたか?ここでは、おにぎりダイエットの効果とやり方についてご紹介しました。おにぎりダイエットは注意点さえきちんと守れば効果がでます。


ただし、おにぎりを多く食べ過ぎたり、カロリーの高いおかずばかり食べていると効果は低くなりますので気をつけてくださいね。


ぜひ参考にしておにぎりダイエットに挑戦してみましょう。






簡単美容レシピ [ダイエットの悩み]

580460.jpg


食欲の秋。「こんな時間だけど何か食べたい」、「明日はテストだから、もう少し頑張りたいけどお腹がすいてきた」。そんなお悩みも増える時期です。


どうせ食べるなら、美味しくキレイになれるものが食べたいですよね。美容に良いものなら、ダイエット中の方でも罪悪感が少なく済むかも。


ここでは、すぐに出来る簡単美容レシピをご紹介します。



●トマトスープ


トマトジュースを鍋にいれ、コンソメを溶かします。きのこ、玉ねぎ、キャベツなどお好みの野菜を入れて完成です。


トマトの赤い色素成分であるリコピンは強い抗酸化作用や美白効果を持ちます。シワやたるみといった肌の老化と戦ってくれるのです。


また夏の紫外線でダメージを受けた肌には美白効果がありがたいですね。



●豆乳リゾット


みじん切りにした玉ねぎをオリーブオイルで炒め、飴色になったらお米を入れます。豆乳とコンソメを加え、もったりとしてきたらアボカドを入れ、塩コショウで味を整えて完成です。


豆乳に含まれる大豆イソフラボンが女性ホルモンに似た働きをする成分なので、美肌に効果がありますよ。


またアボカドはエストロゲンの分泌に関係するビタミンEも多く含むものですので、女性に嬉しいメニューです。



●パプリカオムレツ


小さめにカットしたパプリカ、ベーコン、玉ねぎを溶いた卵とあわせます。後は油を引いたフライパンに広げ、お好みの焼き加減で形を整えて完成。


パプリカに豊富に含まれるビタミンCは、加熱しても壊れにくい特徴を持っていますので、加熱調理がオススメです。


パプリカは緑のピーマンよりも肌への栄養を多くふくむものなので美容メニューにぴったりの食材ですよ。



●レタスうどん


ゆでたレタスと豚肉を温かいうどんにトッピングするだけの簡単レシピです。レモンや塩コショウでお好みの味付けをしましょう。


レタスにはビタミンCやEが含まれます。特にビタミンEは強い抗酸化作用を持つものであり、活性酵素の悪影響から救ってくれますよ。


また豚肉はビタミンA、B、E、Cをバランスよく含むものですので、健康な肌を作る大きな味方です。うどんは消化に良いものですし、夜食にぴったりですね。



●焼きバナナ


最後はちょっぴりデザート気分が味わえるメニュー。フライパンにココナッツオイルを入れ、生のバナナを焼きます。こんがりいい色に焼けたら完成です。


バナナは過熱すると甘みも増すので、満足度もバッチリ。お好みでナッツをトッピングするのも◎。



いかがでしたか?全て温かいメニューですので、体を冷やすことなく食べれますよ。


また食べてすぐに寝てしまうのは、胃への負担が大きくなりますし、良質な睡眠を妨げることにもつながりますので、寝る前の2、3時間は避けて下さいね。


どうせ食べるなら肌に良い物をチョイスして、食欲を満たしながら、美肌もゲットしましょう。ダイエット中の方も、美容に効く夜食メニューを楽しんでみて下さいね。




妄想ダイエット [ダイエットの悩み]

474632.jpg


簡単に出来るダイエットは様々ありますが、中には道具も運動も食事制限も必要のないダイエット方法もあります。


それは「妄想ダイエット」。その名の通り妄想をするだけでダイエット効果が得られるのだとか。


では具体的にどのように行えば良いのか、ダイエットの他にどんな効果があるのかをここでご紹介いたします。



●まずは毎日自分の姿を見てみよう


鏡や自撮りでも構いませんので、毎日自分の姿をじっくり観察してみてください。そうすることで、単純に自分自身を客観的に見ることができます。


「お腹周りが気になる」「足が太い」など、自分が太っている部分を脳にきちんと認識させることがこの妄想ダイエットには重要なポイント。


ですので面倒に思わずに自分の姿をきちんと確認してくださいね。



●理想の体型を妄想してみよう


ダイエットを始めた人はある程度理想の体型というものがあるでしょう。この理想の姿というのが妄想ダイエットには重要です。毎日頭の中で理想の姿をイメージしてみてくださいね。


「痩せたらこんな姿になる」「痩せたらこんなこともできる」などと未来の姿を具体的に頭でイメージすることでダイエットへのやる気がアップしますよ。



●何故妄想するだけでダイエットできるのか


妄想するだけで効果が得られるなんて…と疑問に感じる人も多いかもしれませんね。しかし脳というのはダイエットにとって、とても重要な働きを持っています。


ダイエットにとって一番必要なのは「痩せようとする努力」です。


ダイエットへのやる気を持つことでダイエットへの意識を高め、自然と食事を制限したり運動を行うなどの行動をするようになりやすいと言われています。


そこで具体的に理想の姿を妄想することで、「こうすれば痩せるのではないか?」「この方法ならお腹周りがスッキリするかも」などと自分で自然に考えるようになりますよ。



●妄想はできるだけ毎日行う


痩せる意識を高めることが妄想ダイエットの最大のポイントですので毎日妄想することがとても重要になります。毎日痩せた自分の姿を妄想して意識をどんどん高めましょう。


1回だけの妄想ではダイエット効果は出ませんので、きちんと毎日妄想することを心掛けるようにしたいですね。



●男性に積極的に接してみる


男性と接するというのもダイエット意識を高めるきっかけにもなります。恋人のいる方は特に接する機会を多くしましょう。


いない場合には美容室であえて男性に髪を切ってもらうなどして男性と接してみてください。これにより男性に見られても自信が持てる体型にしたいという気持ちを高めることが出来ますよ。


また恋をすると妄想にもさらに具体的になってきます。男性と接するというのも妄想ダイエットの効果を高めるには効果的なのです。



いかがでしたか?ここでは妄想ダイエットを成功させる方法をご紹介しました。妄想というのはダイエットとは無関係だと思う人も多いでしょう。


しかし妄想をして脳を騙すことでダイエットへの意識を高めてダイエットしやすい精神状態にしてくれる効果があります。


ぜひ参考にして妄想ダイエットを楽しんでみてはいかがですか?




簡単ながらダイエット [ダイエットの悩み]

163440.jpg


ダイエットにはいろいろな方法がありますが、なかなか続かなかったり成功してもすぐ元に戻ったりなんてことがありますよね。


しかも忙しすぎて、ダイエットをやる暇なんてない!と嘆く人もいるのではないでしょうか?しかし何かをやりながらできちゃう「ながらダイエット」なら誰でもできるはず。


ここでは、「ながらダイエット」で可愛くなれちゃう方法をご紹介します。



●料理をしながらつま先立ち


台所に立っているときにつま先立ちをして、元に戻す…これを繰り返すだけです。


つま先立ちをすることで、足首がキュッと引き締まります。さらに足首に溜まった老廃物を流し、足元の冷えに繋がります。


足首が引き締まっていると、脚全体のバランスも綺麗に見えますよ。ヒールやサンダルを履いてキュッとした足首を見せびらかしましょう。



●うがいをしながら舌をぐるぐる


うがいは帰宅後や歯磨きの後など毎日行うことですよね。そんなうがいをしながら小顔運動ができちゃう方法がありますよ。


舌を歯茎にそって右回り、左回りとゆっくり回していきましょう。何回か繰り返すと顔がじんわりと温かくなっていくことを感じるはずです。二重あごをなくして愛され小顔を作りましょう。



●歯磨きしながら太ももストレッチ


歯磨きのとき、ただ呆然と歯を磨いていませんか?手は動いているけれど、足はまったく動いてないですよね。ちょっとしたスキマ時間ですが、太ももが引き締まるストレッチをしましょう。


片足を横にゆっくりと上げていきましょう。股の部分が直角になるように上げると効果アップしますよ。このときに膝が曲がらないように注意してくださいね。


太ももの内側を伸ばして積極的に脂肪を燃やすようにしましょう。



●歩きながら二の腕スッキリ


プニプニたるんだの二の腕はなかなかシェイプアップできませんよね。そんな厄介な二の腕に効く、ながらダイエットは歩きながらできちゃいます。


方法は、背筋をピンと伸ばして両肩肩を後ろぎみにひくだけ。背筋を整えるだけで、二の腕に溜まった老廃物を流すことができ、二の腕を引き締めることができます。


歩きながらだけでなく、信号待ちをしているとき、休憩中など、ちょっとした時間でもできるので、積極的にやりたいですね。



●食べ物を残さない


食べ物を残して食事量を減らす方法がありますが、残すときに罪悪感があったりしませんか?


食べ物を残すことで生まれる罪悪感はやがてストレスとなり、ダイエット効果を発揮することができませんよ。残すことに嫌悪感を抱く人はぜひ全部食べるようにしましょう。


ゆっくりとリラックスしながら食べることで、自然と満腹感が芽生えてきますよ。



いかがでしたか?ここでは、誰でも簡単にできる「ながらダイエット」方法をご紹介しました。


これ!と決めてダイエットに励むのもいいことですが、それがストレスになり、体調を崩したりダイエット効果が出ない可能性があります。


ダイエット成功の秘訣は継続させること。小さなことでも続けていけば効果は現れるはずです。ぜひ参考にして、ストレスフリーな、ながらダイエットを楽しみましょう。




ダイエット中のお菓子代用品 [ダイエットの悩み]

508993.jpg


テレビを観ているとき、パソコンに向かっているとき、読書しているときなどで、口寂しくなってついお菓子を食べてしまいませんか?


しかし菓子は高カロリーなものが多いですよね。無意識のうちに、摂取カロリーが膨大になっているのは恐ろしいことです。ここでは、ダイエット向きなスナック菓子の “代用品”をご紹介します。



●定番のガム


精神を安定させ、集中力を高めると言われる「ガム」。噛むことで満腹中枢が刺激され、食べ過ぎを防ぐというダイエット効果も注目されています。ノンシュガータイプでも色々な味があるので楽しめますよね。


また、噛んで唾液を出すことで虫歯予防になります。ただし、長時間の噛み過ぎはアゴに負担をかけるので、味がなくなるまで噛むのがオススメですよ。



●味わいあるスルメ


噛めば噛むほど味がでる「スルメ」。スルメ自体のカロリーは低くありませんが、少量で満足できるので、結果的にカロリーを抑えることができます。また、よく噛んで食べるので、食欲を減らすことができます。


しかもタンパク質が多く含まれているので、筋肉をつくり、脂肪の燃焼に役立つのだとか。柔らかく、濃い味が付いているさきイカより、固めなあたりめを選ぶのがオススメですよ。



●ゆっくり食べられるおしゃぶり昆布


うま味成分があり、しっかり噛まないと食べられない「おしゃぶり昆布」。昆布には水溶性食物繊維が豊富に含まれていて、便秘にも効果があります。


体の中に入ると水分で膨張し早く満腹感を得ることができますので、自然と食べる量を減らすことができますよ。



●食感が楽しいナッツ


太るイメージが強い「ナッツ」ですが、量に注意すれば、ダイエット効果だけでなく美容効果も期待できます。ナッツには不飽和脂肪酸が含まれており、体内で脂肪の燃焼を助けてくれる働きがあります。


その上肌をキレイにする働きがあるビタミン類を多く含んでいるので、美肌を作るのにも効果がありますよ。


おつまみナッツのような濃い味がついてあるものではなく、無塩のもの、素揚げのものをおよそ25グラム摂るようにしましょう。



いかがでしたか?ダイエットだからといって我慢ばかりするのはよくありません。代用品をうまく取り入れてストレスにならない程度に、口寂しさをまぎらわせてくださいね。




つい食べ過ぎてしまうのを防ぐ方法 [ダイエットの悩み]

064574.jpg


腹八分目にするつもりがついつい食べ過ぎたり…なんてことありませんか?


量に気をつけて食事をしてもあとからつまみ食いをしてしまったりと、結果「つい食べ過ぎる」日々を送っている人は少なくないはずです。


ここでは「つい食べ過ぎてしまう」のを防ぐ方法をご紹介します。



●目と口の満足感を優先させる


ダイエット中に陥りやすい失敗が、「何かを我慢する」行為です。


本当は食べたいけれど我慢して、食べたくもない野菜ばかりを食べる、甘いものを一切口にしないなどという極端な制限をしていませんか?


それでは最初は頑張れていても、すぐに不満を感じるようになりますよね。お腹だけは満たされても、目と口が満足していない限りずっと食べ物のことが頭の中で支配されます。


大事なのは、食べたい物を食べることです。可能であれば食べたい量を少なめに食べるようにしましょう。目と口が満足することで、結果、その後のムダ食いをなくすことにつながりますよ。



●本当にお腹が空いてから食べる


ちょっと小腹が空いた程度では食べないことを心がけるようにしましょう。空腹を感じてから食べるとエネルギーとして使われるので、ちゃんと前回食べた物が消化され、脂肪として蓄積される可能性が軽減します。


脂肪として蓄積されるのは、まだ体内に食べ物が残っているから。残っているのに食べてしまうと行き場を失った物が脂肪になりやすくなるのは、そのためです。


「お腹が空いてから食べる」というのは、とてもシンプルなことですが、これが意外と難しいもの。いかに現代人には誘惑が多く、ムダ食いが多いのかと言えますね。



いかがでしたか?正式な空腹感による食事なら、食べ過ぎることなく終えられますが、本当は空腹でないけど何かつまみたいような時の偽装の空腹感では、なかなか満足感を得ることができません。


このことをよく頭の中に叩き込んで、日々食事を取ってみましょう。




空腹時に食べると太るもの [ダイエットの悩み]

252669.jpg


極限にお腹が空いた空きっ腹状態だと、口にしてはいけないものがあります。しかも、それは、私たちにとって身近なもの。ここでは、「空きっ腹」に口にすると太るものをご紹介します。



●白米


精製された食品は、栄養分が少なく、カロリーが高いものが圧倒的。


特に、日本人の食卓に欠かせない「白米」は炭水化物を多く含んでいるので、お腹にはたまりますが、その分多く栄養分を吸収してしまいます。


空きっ腹にオニギリを食べたり、大盛りのご飯を食べるのは、できるだけ避けるようにしましょう。しかし、ご飯を断つのは難しいですよね。


そこでオススメなのが「玄米」です。未精製なので「ビタミン」「ミネラル」が豊富なうえ、噛み応えがバツグンなので、ダイエットに効果的ですよ。



●揚げ物


油で揚げるため、カロリーが倍以上に上がってしまいます。また空きっ腹に揚げ物を食べてしまうと、胃もたれの原因につながることも。


胃もたれが起きると、体全体にかかるストレスが大きくなり、ダイエット効果が半減してしまうのだとか。


サラダなど消化に良いものを食べたあとで、揚げ物を食べるようにすると、消化のスピードをゆるめてくれます。



●ケーキ類


空きっ腹に脂肪や糖分を入れると、血糖値を急激に上げ、太りやすい体を作ってしまいます。なので、脂肪と糖分たっぷりのケーキ類はオススメしません。


スイーツは、和菓子や、バターや糖分控えめの洋菓子をチョイスしましょう。



●清涼飲料水


夏場になると飲みたくなる「清涼飲料水」。サイダーやジュースのことです。


炭酸が入っていたり、色がついていたりするので、分かりにくいかもしれませんが「砂糖水」と呼ばれるほど、体には良くありません。


空きっ腹に飲むと、糖分が体中を掛け巡ってしまいますよ。飲み物は、水やお茶類に絞りましょうね。



いかがでしたか?「空きっ腹」のときに口にするものによって、ダイエットの命運が左右されてしまいます。食生活に気を遣って、痩せ体質を目指しましょう。




好きな物を我慢しないダイエット [ダイエットの悩み]

471133.jpg


ダイエットにはとてもたくさんの種類があり、いろいろな方法を試してみたくなりますよね。


しかしなかには、長続きしない方法もあります。またストレスを溜め込みがちなことから、いつの間にかリバウンドしてしまう事も。


ここでは好きな物を我慢せずにリバウンドせずダイエットできる方法を紹介していきます。



●カロリーを計算する


成人が1日に必要な摂取カロリーは1800~2200キロカロリーと言われていますが、痩せるためには1日の摂取カロリーを抑える必要があります。


一般的な成人女性であれば1500~2000キロカロリーが理想ですね。ダイエットを始める前に1日の自分の摂取カロリーを計算してみると自分がどれだけのカロリーを取っているのかがわかりますよ。


自分の摂取カロリーを把握したら次に目標の摂取カロリーを決めていきましょう。


ダイエットというと甘い物や脂分は絶対我慢と思われがちですが、その考えはNG。ダイエットが続かなくなる原因なので他の食物で調節するようにしましょう。



●よく噛んで満足感を出す


ダイエット中でも我慢しないで好きなものを食べたい場合には、少ない量をよく噛んで満足させましょう。カロリー低めな食物だからといって油断して大量に食べたら、カロリーオーバーになってしまいますよね。


しかしよく噛んで食べることで、少ない量でも満足感をえることができますし、満腹感が続きますよ。



●サプリメントでサポートする


最近ではダイエット用サプリメントも多く販売されています。食べてしまった脂肪や糖の吸収を防ぎ体外に排出させる効果や、体の中の老廃物を排出させやすくする効果など、種類はさまざま。


自分の体の調子に合わせて選んでいきましょう。



●調理方法を変えてカロリーを抑える


ダイエット中でもスイーツや揚げ物などが食べたくなる時があります。


しかし我慢しすぎるとストレスがたまり、効果的にダイエットすることが出来なかったり、ストレスの反動で、暴飲暴食しリバウンドしてしまうことがあります。


どうしても食べたいときは、普段の調理方法を見直していきましょう。揚げ物ならパン粉をきめ細かいものに変える、クッキーやケーキならバターや砂糖の量を減らすことでカロリーダウンにつながりますよ。



いかがでしたか?ダイエットを成功させるためには無理に我慢するよりも、長く続けることが大切です。しかし、ストレスを溜め込んでしまうと逆効果になってしまうことも。


自分の摂取カロリーを計算したり調理方法を変えるなど自分の生活を見直して自然な美ボディを作っていきましょう。




太りにくい体質を作るための方法 [ダイエットの悩み]

324082.jpg


すぐに効果があるからと一つのものだけを食べ続けたり、逆に食事制限をしたり、または高価なダイエット食品を購入するという方法をとっていませんか?


確かにすぐに効果が出るのは嬉しいですが、やめてしまうと体重がすぐに戻ったり、リバウンドの原因になったりしてしまうこともあります。


ここでは、体型維持や健康のことを考えて、太りにくい体質を作るための方法をご紹介します。



●姿勢を正しくする


普段から正しい姿勢を意識することで適度な筋力を作ることができます。背筋を伸ばし、お尻とお腹に軽く力を入れるだけ。常に意識して行うことで、美しい体型を維持するための筋肉が鍛えられます。


また歩く時にも、姿勢を正して、少し大股で手を後ろに引くことを意識しましょう。正しい姿勢で歩くことで、消費カロリーも多くなりますし、歩くための筋肉が自然についていきますよ。



●リンパマッサージを習慣づける


リンパの流れが悪いと老廃物が溜まり、体がむくんで、代謝が下がります。そのまま放置してしまうと肩こりや体全体のだるさなどの悪影響が。温めながらリンパマッサージを行って老廃物を出していきましょう。


入浴はシャワーで済ますという方は、湯船につかるという習慣を付けるのがベスト。湯船につかりながらリンパマッサージをやると体が温まっているので効果がさらにアップします。


特に、鎖骨のくぼみが老廃物の出口なので、鎖骨を最初と最後にほぐすのがおすすめですよ。



●体を柔らかくする


体が硬いと可動域が下がり、代謝率が低くなってしまいます。体を柔らかく保ち、老廃物を溜めにくい体を作るために、ストレッチをしていきましょう。


お風呂上がりに柔軟体操をすることで、少しづつ体が柔らかくなりますよ。ストレッチは、テレビを見ながらなど、ちょっと空いた時間にでも、少しずつ毎日続けることが大切です。



●食生活を見直す


ダイエット中だからといって、食事制限を設けると、その生活を続けることが難しく、栄養バランスが悪くなってしまうことがあります。


制限を設けるよりも、バランスを考えて、常に気を付けるということを心がけていきましょう。


特に太りにくい体質を作るためには、タンパク質とビタミン・ミネラルを多くとるということを意識してください。簡単な方法は、1汁3菜の日本食を心掛けることです。


コンビニ弁当や外食が多いという方は、なるべく和食を選ぶのがオススメ。色とりどりの5色の野菜を使って、魚料理を増やすということだけでも、違うので、気を付けてみて下さいね。



●常にダイエットを意識し続ける


ダイエットで目標体重を達成したからと、普段の生活に戻してしまっては、リバウンドしてしまいがち。


たまに、甘いものを食べたり、脂っぽいものを食べたりするということは、ダイエットを続けていくうえで大切です。


・ラーメンのスープはなるべく飲まない。


・脂っぽいものを食べる前に生野菜を多めに食べる。


・甘いものは食事の直後に食べる。


・食べ過ぎた時には次の食事をセーブする。


・食べる時間を考える。


など、常に体のことに気を配れば、太りを防止することができますよ。



いかがでしたか?ダイエットに終わりはありません。太りにくい生活習慣を続けていくことで、リバウンドせずに、体型を維持していくことができます。


太りたくないという意識を持ち、ダイエットに気を配り続ける努力を怠らないということが大切ですね。




簡単ズボラダイエット [ダイエットの悩み]

431207.jpg


食事制限や、運動をしないとなかなか痩せない…。そう思っていませんか。でもハードなダイエットは、なかなか続かなかったり、リバウンドしてしまったり、と上手くいかないもの。


上手くいかないと、つい体重を気にする回数も増えて気分も落ちてしまいますよね。しかし、もしかするとあなたのダイエットが上手くいかないのは、体重を意識し過ぎだからかもしれません。


体重ではなく、体質を変えることに注目すれば、今より効果的に、そして楽にダイエットを成功させることができるんです。


ここでは、そんなズボラダイエットを成功させるためのポイントを5つご紹介します。



●運動はしなくても良い



ダイエットをしていると「これだけ食べたから、このくらい運動しよう」と考えることは良くありますよね。そして運動後には「運動した」という安心感からか、ちょっとお菓子をつまんだり、お酒を飲んでしまうことも。


汗を流した後のジュースやビールは格別に美味しいもの。ジムの帰りにコンビニに寄ってしまう回数は増えていませんか?


運動では主に糖質を消費するので、糖質が欲しくなるのは当たり前。しかしそもそも運動って実はそれほどエネルギーを消化できていないんだとか。


それなのに何か行動した、というだけで実際以上の達成感を感じてしまっているのです。


運動が楽しめている場合には別に良いのですが、「ダイエットのために運動しなきゃ」とストレスに感じている場合には、思い切って運動をやめてしまってもいいかもしれませんね。



●食べ方に気を配る


ところで食事をする時間を意識していますか。体はエネルギーの源となるブドウ糖、主に炭水化物が少なくなると、 脂肪を燃やしてエネルギーとして使おうとします。


夜に炭水化物を控え、寝る前までにブドウ糖を使いきっておけば、 寝ている間も基礎代謝のため、脂肪がエネルギーとして燃えてくれるのです。


逆に、炭水化物の量が多ければ、全体の食事量やカロリーは少なくても太りやすくなってしまうということ。そこで炭水化物は胃腸のよく活動する朝昼に食べましょう。


おすすめの食べ方はとしては朝はご飯やパン、昼は油っぽいものや肉、魚、夜には軽く野菜を中心に、といった感じです。


朝、昼、夜で炭水化物→たんぱく質→食物繊維という順番で食べていくことが痩せるポイントです。



●温かい食べ物をとる


また平熱の高い人の方が、低い人よりもエネルギー消費量は多くなります。温かい飲食物は直接脂肪を燃焼させる働きは持っていませんが、体温を上昇させる効果はあるんです。


そこで体温よりも温度の高いものを口にしてみましょう。


さらに熱いものを飲んだ時はどうしても一口が小さくなりますので、一回に食べる量が減り、満腹感、満足感を感じることができるんですね。


間食には例え同じカロリーでも、お菓子よりおでんやスープを選ぶことをおすすめします。夏でもできれば、温かいものを摂取しましょう。



●一日で食べたものを調整


また「食べ過ぎた分はその日のうちに」を定着させましょう。一日のうちで食べたものを調整するのです。「ちょっと食べ過ぎちゃったな」という日は、夜を減らすとか間食をちょっと我慢してみましょう。


また食べ過ぎてしまった日には水を普段より大目に飲むことも忘れたくないです。水にはレモンかライムを絞って飲むとさらに効果的。


レモン水やライム水は消化を助けてくれます。ただし、一気に飲むことはおすすめできません。少量を複数回に分けてこまめに飲みましょう。



●カイロを貼る


日々、腸を温めるのもおすすめ。寝ている時でも、起きている時でも、カイロを貼っていましょう。他に特別することはありません。ただ温めればよいのです。


体温が上がると基礎代謝が上がります。ちなみに内臓の温度が1度上がると基礎代謝は12%上がるなんて調査結果もあります。


お尻の下と腰の下、足首に貼るのがおすすめ。また下半身がどうしても痩せないという方もいるはず。そんな場合には太ももの内側を温めましょう。


単に毎日張るだけ。どんなにズボラ女子だって簡単にできますよね。



いかがでしたか?今回は頑張らずにできる、リバウンド知らずのズボラダイエットをご紹介しました。リバウンドしないダイエットには、ストレスを取り除いてあげることが重要です。


心も体も軽くなるダイエット生活を送りましょう。




心も体も元気になるダイエット [ダイエットの悩み]

329367.jpg


体重ばかり気になっちゃって心がヘトヘト…。痩せてもこんな精神状態じゃ、お世辞にも綺麗になったとは言えません。心も体もスッキリしてこそ、ダイエット成功です。


ここでは、そんなメンタルにも良いダイエットを紹介したいと思います。心が不安定になってしまう危険な痩せ方は今日で卒業しましょう!



●アロマ&ハーブ


ダイエット中どうしても気になるのが食欲。食べたいものを無理に我慢してしまうと、ストレスも溜まって大変。でも、そんな風にイライラを感じた時は、食欲を抑える香りを使うのが効果的です。


アロマならグレープフルーツやローズマリーやサイプレス。ハーブならペパーミントのようなスッキリした香りが◎。


アロマ&ハーブは食欲を抑制してくれるだけでなく、メンタルの不調もケアしてくれるので是非、日々の生活の中に取り入れてみてくださいね。



●腹式呼吸


呼吸法を変えるだけで簡単にスリムになるという事実をご存知でしょうか?やり方は、背筋を伸ばして、口からゆっくり息を吐き、鼻からゆっくり息を吸ってを繰り返すだけ。


たったこれだけで体の代謝がアップし、溜まっていた老廃物の排出もスムーズになります。また、腹式呼吸は自律神経を整えてくれる効果もあるので、ダイエット中のメンタルケアにも持ってこい。


やろうと思ったらその場ですぐできて、手間もお金も掛からないところも嬉しいですね。



●腸に良い物を食べる


意外な便秘の原因の1つがストレス。イライラしている状態だと腸がスムーズに機能しなくなってしまうので、普段からストレスを感じている方は、当然便秘もしやすくなります。


こうした事態を招かないためにも、普段から腸が喜ぶ物を食べておけば、便秘が改善されストレスの軽減だって可能に。


納豆やヨーグルトのような発酵食品、オリーブオイルのような良質な油を毎日の食事の中で摂取し、腸と自律神経の両方を整えちゃってください。



●恋をする


女性にとって恋をすること以上の幸せはありません。そして恋は気持ちがハッピーになるだけでなく、ダイエットにも非常に有効。


なぜなら、人は誰かに恋をすることでエストロゲンという女性が綺麗になるホルモンを分泌し、脳の満腹中枢も刺激されるので自然と食欲もダウン。


気がついたら痩せて綺麗になっていた!なんてこともしょっちゅうあります。“恋する女は美しい”という言葉は本当だったんですね。



●1日7時間睡眠


寝不足になるとボーっとして何も手に付かなくなってしまったり、ついイライラしてしまいますよね。しかし、それと同じぐらい怖いのが太りやすい体質になってしまうということ。


ではなぜ睡眠不足だと太りやすくなってしまうのでしょうか?それはグレリンというホルモンが食欲を増進させ、油っこくて高カロリーの食品を自然と好むようになってしまうからです。


また、寝ている間でも脂肪は燃やされているので、寝ていないとそれだけカロリーを消費できないままになってしまいます。


精神を安定させ、痩せやすい体になるためにも、1日7時間の睡眠時間を確保するよう心がけましょう。



いかがでしょうか?体が軽くなると精神も良い状態を保てるようになります。体重の減り方に重きを置くダイエットではなく、心の調子に重きを置くダイエットが理想的ですよ。




ダイエット脳をつくる習慣とは? [ダイエットの悩み]

100821.jpg


「痩せたい」と心で思っていても、脳がそのままだと、なかなか痩せることはできません。


何度ダイエットに励んでもイマイチ上手くいかない…なんてあなたは脳に変革を起こすべく、新しいことを始めてみませんか?ここでは、「ダイエット脳をつくる習慣」をご紹介します。



1.“歯ごたえのあるもの”を食べる


玄米、コンニャク、ナッツ類、お煎餅など、歯ごたえのあるものはダイエット脳を作ります。咀嚼の回数が増えると、脳が刺激され、ストレスを感じにくくなるんです。


暴飲暴食を防ぐことはもちろんのこと、勉強に集中できたり、仕事をスムーズにこなせたりと、良いことばかり。一日に一回は食べるようにしましょう。



2.“良質な植物性油”を摂る


「痩せたいから、油を一切摂らない」という人がいますが、それはあまり良くありません。


ある程度の油分を摂らないと、脳の働きが低下するといわれています。ダイエットを諦めてしまうような脳には、絶対になりたくないですよね。


油といっても様々な種類がありますが、オススメは、オリーブオイルやごま油といった、良質な植物性油。オレイン酸という成分が含まれており、お通じの改善にも役立ちます。


肉や野菜を炒める時だけでなく、サラダのドレッシングにも最適ですよ。



3.食事は“腹八分目”で済ませる


よく“腹八分目”といいますが、ぜひ実行していただきたいと思います。人間はお腹がパンパンになるまで食べると、消化器官の機能が正常に働かなくなり、下痢や便秘を引き起こします。


また、消化器官と脳は密接に結びついています。「満腹だと、判断が鈍る」という経験は、誰にでもあることでしょう。


「さっき食べ過ぎたけど、口直しのデザートでも食べようかな」という脳にならないよう、毎回の食事を腹八分目で済ませましょう。



4.夕方以降は“ハーブティー”を飲む


コーヒーや紅茶といったカフェインドリンクには、覚醒作用があります。脳が活発に働き、勉強や仕事がスムーズにいくことでしょう。


朝~昼間までならOKですが、それ以降は避けたいところ。夜、眠れなくなってしまい、「お菓子が食べたい」や「夜食が食べたい」という誘惑に負けてしまいます。


そこでオススメしたいのが、ハーブティー。ノンカフェインなので安心です。ラベンダーやカモミールといった安眠効果のあるものを、夕方以降に飲むといいでしょう。



5.“海草類”を食べる


血液の濃度が薄くなると、体中が酸欠気味になります。酸欠気味といっても、大きな問題はありませんが、頭痛や体のふらつきといった症状が出ます。


そうなると、「元気を出そう」と甘い物や脂っこいものを食べることになります。体重が増えるだけで、血液の問題は解決できません。


血液の濃度が薄くなるのは、鉄分が不足しているから。それらを多く含むのが、ワカメ、ヒジキといった海草類です。


ヘルシーですし、食物繊維も多く含まれています。毎日食べれば、しつこい便秘ともサヨナラできることでしょう。



いかがでしたか?5つのうち、4つを習慣づけることができればOK。ダイエット脳になれば、食事の量を冷静にコントロールすることができるようになりますよ。




ダイエット中のストレス解消法 [ダイエットの悩み]

051179.jpg


ダイエット中に最も厄介なのがストレス。ストレスとの戦いはダイエッターの方なら誰しも1度は通る道ですが、これを上手く乗り越えられない女性は非常に多いです。


これ以上ダイエットで失敗しないためにも、上手なストレス解消法に関する知識を身につけておきましょう。「そろそろイライラが限界…」というダイエッターの方は要チェックですよ。



●カラオケに行く


お腹から声を出して歌うことで気持ちがリセットされ、尚且つカロリー消費にも繋がるため、カラオケでストレス発散するのはとても理に適っているといえます。


また、ただ歌うだけでなく、振りつけも加えれば消費カロリーは3倍以上に増えることも。カラオケで過ごす時の注意点としては、高カロリーなドリンクやフードをオーダーしないこと。


うっかりここで暴飲暴食してしまうと、せっかくの努力を水の泡にしてしまうので。



●高価なスイーツを買う


ダイエット中に無性に「甘い物が食べたい!」と欲求に駆られた経験はございませんか?


大抵の女性はここで「我慢しよう」となるのですが、これがストレスの原因となり、あるタイミングで爆発した結果、ドカ食いに走ってしまう…というパターンが多いようです。


それならストレス解消に甘い物を食べてしまった方が、後々ご自身のためになります。ただし、安いスイーツを買うのではなく、デパ地下で売られているような高価なスイーツを買ってください。


普段は買えない高級スイーツなら、「今日も食べちゃお!」なんてつい自分を甘やかすこともなくなりますからね。



●スパへ行く


ストレスが溜まるとふと「温泉でも行ってリフレッシュしたいな」と考えたりしますよね。けれど、温泉は行きたいと思ってすぐに行ける場所ではないというのが現実です。


そんな時は温泉代わりにスパへ足を運んでみましょう。様々なお風呂やボディトリートメントが楽しめる場所で1日過ごせば、かなりの消費カロリーを期待できますし、近場でリフレッシュするには持ってこいです。


思い立ったら早速1人で出掛ける準備を始めちゃいましょう。



●アロマテラピー


アロマテラピーなら家に居ながらストレスを減らすことが可能。精油さえあれば、専用のディフューザーがなくても、アロマテラピーの効果を十分に味わうことができます。


たとえば、精油を湯船に入れてアロマバスを楽しんだり、キャリアオイルと精油を混ぜてアロマトリートメントを行ったりと、利用の仕方はその人次第です。


オレンジ・スイートやゼラニウム、ラベンダーなどがストレスの解消に効く香りなので、是非試してみてください。



●好きな人とデートへ行く


恋をしていると幸せな気分になれるので、大好きな人といれば必然的に嫌なことも忘れられます。また、恋をすると満腹中枢が刺激されるので食べ過ぎを防止したい、なんて時にも◎。


ボーリング場のような体を動かせる場所なら、ストレス発散と同時にカロリー消費もできるので一石二鳥。パートナーがいる方は、彼を誘ってアクティブなデートに出掛けるのが1番かもしれません。



いかがでしょうか?頑張りすぎてパンクしないように、たまにはこうして息抜きする日を設けてください。モチベーションが上がって、順調に目標の体型に近づけるはずですよ。




痩せて見えるシルエットとは? [ダイエットの悩み]

346969.jpg


「痩せた?」「え?痩せてないよ、体重変わらないし…」そんな会話が聞こえてくる事はありませんか?


その会話に隠れているヒミツは、どうやらシルエットの魔法のようです。ここでは、ちょっとしたシルエット痩せで-3キロ見せのテクニックをご紹介しましょう。



1、ゆるやかなシェイプのトップス


極端にウエストがシェイプされているトップスは体のラインをあらわにするし、体のラインを隠すためにオーバーサイズのものを選ぶと、体が大きく見えてしまいます。


“バランス”が人の脳に美的判断をさせるので、緩やかにシェイプされ、体のラインを包み込みこむシルエットは、少し凹んだウエスト部分が丁度良いバランスとして視覚に入り込み、実際には痩せていなくても『痩せた』という錯覚を引き起こすようです。



2、袖テクニックで腕なが痩せ見せ効果


袖は太すぎるデザインや、ピチピチに窮屈なものは、どちらも腕が太く見えるのでNG。やはり、自分の腕に緩やかにフィットする程度のアームホール、袖まわりが最適です。


また、少し細めの袖まわりなら、手のくるぶしがスッポリ隠れ、手の平の膨らみ部分に届くぐらいの長めの袖丈は、腕が長く痩せて見える効果大です。もしくは、七分袖でスッキリ手首が見えるものも効果的です。



3、肩の位置はしっかりフィット


フンワリ大き目の服は、柔らかい印象で女性らしいのですが、痩せ見せには逆効果かもしれません。特に、自分の肩幅より大きい肩幅のデザインはかなりのNG。


基本的には、自分の肩幅よりも気持ち内側に入るぐらいに肩線があると痩せて見えやすいようです。肩部分のシルエットはキュッとコンパクトが最適なようですね。



4、裾広がりシルエットの要注意点


Aラインのワンピースは、見え方が2種類あるようです。例えば、ウエストあたりから緩やかな裾広がりでAラインを作っているタイプは痩せ見せ効果があります。


それに比べてバストあたりから急激に裾広がりになり、タックやギャザーが入ってフワフワ広がったティアードタイプのAラインのワンピースは、体までふっくら見えてしまうので要注意です。



いかがでしたでしょうか?痩せシルエットのポイントは、体に緩やかに沿うシルエット、丈のバランス、シルエットが膨らみ過ぎないようにする、と言った感じです。


季節に合った自分らしいファッションを楽しんでくださいね。




細い足首をつくる習慣とは? [ダイエットの悩み]

220852.jpg


ロングスカートやパンツからチラリと覗く、細い足首…それが女性の理想です。しかし、理想と現実のギャップは大きいもの。


「今より足首が細かったら、堂々と歩けるのに」と悩んでいる女性が多いのではないでしょうか?ここでは、細い足首をつくる習慣をご紹介します。



1.電車内で「つま先立ち」をする


足首を細くするためには、電車内で座ってはいけません。吊革につかまり、出来る限り、つま先立ちをしましょう。


しかし、ただ、つま先立ちをすれば良いのではありません。まずは、姿勢には注意をしましょう。お尻をキュッと持ち上げるようにし、背筋をピンと伸ばします。こうすることで、ヒップラインと姿勢が美しくなります。


また、肩に掛けた鞄は、5分ごとに持ち替えましょう。こうすることで、体の歪みがなくなり、左右の足首を均等に細くすることができます。



2.「かかとが安定した靴」を履く


細いヒールや、インヒールのスニーカーは、とってもオシャレ。ですが、足首を細くしたい人にはあまり向いていません。


その理由は、かかとがグラグラするから。着地の仕方が毎回変わってしまい、足首が変形し、痩せにくくなってしまいます。


なので、かかとの安定した靴を履きましょう。歩きやすくすることで、フットワークが軽くなり、足首を細くすることができるはずです。



3.「足指グーパー体操」をする


血行が悪いと、どんなに痩せている人でも、足首だけ太ってしまうことがあります。


そこでオススメなのが、「足指グーパー体操」。足の指を閉じたり開いたりを繰り返すだけ。こうすることで、足の甲の筋肉が活発になり、血行が良くなります。その結果、細い足首に。


朝起きたときに20回、寝る前に20回、合計40回を毎日行いましょう。簡単な体操なので、ズボラ女性でも毎日続けることができるはず。



4.「三陰交(さんいんこう)」を押す


足首が細くなるツボがあります。それは、三陰交(さんいんこう)。内くるぶしの骨から、指4本上にあります。深呼吸をし、指の腹で、痛くない程度に押すのがポイントです。


足の血行が良くなるだけでなく、生理痛も改善することが可能。1日に5回ほど押しましょう。



5.「カリウム食材」、「カフェイン」を摂る


足首が太くなってしまう1つの原因が、むくみ。むくみは、体内に「ナトリウム(塩分)」が増えることで引き起こります。


「ナトリウム」を排出するには、利尿作用がある「カリウム」の入った食材を摂ることが大切。野菜だとキュウリやナス、果物全般に含まれています。


また、コーヒーや紅茶に含まれる「カフェイン」も「ナトリウム」を排出してくれるドリンク。過剰摂取するのは良くありませんが、1日1~2杯は飲むようにしましょうね。



いかがでしたか?細い足首になることができれば、これからの季節が楽しみですよね。オシャレに気合いを入れて、みんなの視線を釘付けにさせちゃいましょう。




脂肪燃焼を助けてくれる食べ物 [ダイエットの悩み]

169632.jpg


昔より太りやすくなったと感じていませんか?30代から40代50代と年齢を重ねてくるたびに代謝が落ち、脂肪が溜まりやすくなってしまいます。


ご飯やラーメン、うどん、パスタ、ハンバーグ、天ぷら、ケーキ、アルコールなど高カロリーの食べ物は体重が増えやすいですよね。そのままの食生活ではお腹ポッコリ体型に繋がってしまいます。


しかし食事制限を行うとかえって代謝が落ちてしまい、体重が減ってもリバウンドしやすくなってしまう可能性も。そこで脂肪を燃焼させる食べ物を中心とした食生活に見直してみてはいかがでしょうか。



1.牛肉でも赤身なら大丈夫


牛肉でも赤身はタンパク質が豊富なうえに脂肪分がそれほどありません。さらに赤身の牛肉にはL-カルニチンという脂肪を燃焼させてくれる成分まで豊富に含まれています。



2.青魚はダイエットに良い


青魚のイワシには、コエンザイムQ10という代謝を助ける成分が豊富に含まれています。代謝がアップすることで脂肪が燃焼しやすくなります。



3.オイルにはオリーブオイルを


オリーブオイルには糖質の吸収を抑えてくれるオレイン酸が豊富に含まれています。エキストラバージンオリーブオイルには抗酸化作用でおなじみのポリフェノールも豊富です。



4.コーヒーも脂肪が落ちやすい


コーヒーのカフェインには脂肪を分解する酵素であるリパーゼが含まれています。カフェインはインスタントコーヒーにもあるので、意外にもこれで十分なんだそうです。



5.酵素で代謝をアップ


生の野菜や果物には酵素が多く含まれています。酵素は代謝をアップし脂肪を燃焼してくれる作用があります。年齢を重ねるにつれて減少してしまうので、意識的に摂取するように心がけましょう。



いかがでしょうか?大事なのは、脂身の少ない肉類や野菜や果物などバランスの取れたお食事を取るということです。


食事量は減らさなくてもこれらの食べ物中心に見直すだけなので、空腹感に悩まされることがないのは嬉しいですよね。


辛い食事制限では続かなかった人も、夏までにスリムボディが手に入るかもしれませんね。




胃温めダイエット [ダイエットの悩み]

297625.jpg


「食べる量が少ないのに、太ってしまう」という女性は、胃が冷えきっているのかもしれません。痩せやすい体質になるには、胃を温め、消化を促すことが大切です。


ここでは、スリム体質になる「胃温めダイエット」の方法をご紹介します。



1.ヨーグルトより「日本の発酵食品」



「便秘気味だから、ヨーグルトを食べよう」という女性、多いと思います。確かにヨーグルトに含まれるビフィズス菌は、腸内環境を良くします。


しかし、「陰性」の食品なので、胃を冷やすのは必至。それに、もともと、外国の食品なので日本人の体に「100%合う」とは言いきれません。そこでオススメなのが、日本の発酵食品。味噌、ぬか漬け、納豆が代表的です。


これらの食品には、「乳酸菌」が豊富なので、腸内の善玉菌を増やすことができますよ。また、「ビタミンB群」が豊富に含まれており、代謝を良くし、臓器を温めます。胃が冷える心配はありません。



2.甘みは「蜂蜜、黒砂糖、きび砂糖」


みなさんは、普段、どんな風に糖分を摂取しているでしょうか?


私たちに馴染みのある白砂糖は、胃には優しくない糖分。栄養がほとんど入っておらず、臓器を冷やすといわれています。そこでオススメなのが、蜂蜜、黒砂糖、きび砂糖といった、栄養たっぷりの糖分。


これらには、ビタミン・ミネラルが豊富で、胃をポカポカにしてくれます。料理に使うことも大切ですが、市販のお菓子を選ぶときも、「これにはどんな糖分が使われているか」をチェックしましょう。



3.お酒は「シナモン入りホットワイン」


お酒を飲むときは、ホットワインがオススメ。特に、シナモンが入っているものがいいでしょう。


赤ワインに含まれる「ポリフェノール」には、代謝をアップし、臓器を温める効果があります。また、シナモンはスパイスの一種ですから、血行を良くし、臓器の機能を高める効果も。


ホットワインが置いていないお店に行ったら、普通の赤ワインでOK。赤ワインは常温で飲むもので、胃が冷える心配はありません。ただし、アルコール度数が高いので、飲み過ぎにはご注意ください。



4.家では「腹巻き」を着用


家では一年中、腹巻きを着用しましょう。お腹、背中、腰が覆われることで、自律神経中枢を温められます。その結果、血巡りが良くなり、胃をはじめとする臓器がポカポカに。


もちろん、子宮も温まるので、女性の悩みの種である「生理痛」にも効果的です。さっそく、可愛い腹巻きをゲットしましょう。



5.「白湯」を飲んでから、就寝する


みなさんは、就寝前に何を口に入れているでしょうか?基本的に就寝前は、脳を刺激するものを食べないのがルール。


ですので、「コーヒーを飲んで落ち着く」や「甘いアイスクリームを食べる」という人は、要注意。


コーヒーに含まれる「カフェイン」は覚醒作用がありますし、アイスクリームは血糖値を上昇させ、イライラを招いてしまいます。しかも、どちらも体を冷やしてしまうので、胃の機能が低下するのは必至。


そこでオススメなのが、白湯。余計なものが何も入っていないので、ぐっすり眠ることができますし、胃を温めることもできます。味はありませんが、一口飲めば、ホッとした気持ちになることができますよ。



6.「アミノ酸」を摂ったあと、運動する


胃を温めるには、運動をすることも大切。というのも、筋肉をつけると、臓器に熱が送られ、機能を高めるのです。もちろん、胃も例外ではありません。


筋肉をつけるには、運動の30分前に、アミノ酸が含まれるものを食べるのがオススメ。食べやすい果物の中だったら、イチゴやバナナが代表的です。


「普段運動をしない」という人は、ヨガや水中ウォーキングなど、簡単なものから始めてみましょう。



いかがでしたか?胃を温めるだけも、あなたの体は少しずつ生まれ変わるはず。激しいダイエットが苦手だなって思う人は、まずここから始めてみてくださいね。




元気になるダイエット [ダイエットの悩み]

314997.jpg


いくら痩せても不健康にゲッソリしてしまったら意味がありません。健康的にメリハリのあるボディになってこそ、美しさが映えるというもの。そこで、「元気になるダイエット」を5つご紹介します。



1.フリーウェイト・トレーニング


ダイエットのためパワフルに筋肉量を増やして、しなやかに痩せたいならば「フリーウェイト・トレーニング」がオススメ。


実は、スポーツジムにあるようなマシン・トレーニングは動きを固定し座った状態で行うので、インナーマッスルはあまり使わず筋肉量もさほど増えません。


つまり、“見える筋肉づくり”に有効ということ。逆にダンベルやバーベルなどをつかう「フリーウェイト・トレーニング」は固定されていないぶん、外側から見えない内側の筋肉を広範囲に増やすことができます。


特に筋肉を増やすホルモンが少ない女性は、インナーマッスルを鍛える「フリーウェイト・トレーニング」ではムキムキにならず、しなやかに引き締められるそう。


但し、自己判断での適性を超えた「フリーウェイト・トレーニング」は危険なので、プロ指導のもとで行うか、500mlのペットボトルに水を入れダンベル代わりにして両手に持ち、腕の上げ下げやスクワットなどを行うことがオススメですよ。



2.遠回りしてジンギスカン


赤みのお肉にはL-カルニチンが多く含まれ、脂肪燃焼や疲労回復に効果があると言われています。そして、そのL-カルニチンを多く含んでいるのが羊肉。


羊肉は高タンパク、低カロリー、低コレステロールで、しかも、ビタミンやミネラルを豊富に含んでいます。そして、羊肉と言ったらジンギスカン。


お肉と一緒に、モヤシや玉ネギ、ニンジンにピーマン、アスパラ、ニンニクなど、食物繊維と栄養が豊富な野菜をたんまり摂取できるのでダイエットには最適です。


そして、オススメなのは、ジンギスカンを食べに行くために遠回りして、たくさん歩くこと。


それにより、空腹で血中に溶け出した体脂肪を効率よく燃焼することができますよ。パワフルに歩いて食べて、お腹いっぱいになれるダイエットです。



3.南インド風サバカレー


スパイスをたくさん使うことで知られるインドカレー。


ターメリックやクミンシード、コリアンダーに唐辛子、ショウガやニンニクなどが入ったカレーは、血行促進・代謝アップ・滋養強壮・消化促進などの効果があるので、カロリーが高いのにダイエットにも効果があるという不思議な食べ物。


そのインドカレーをチョイスするとき、脂の多い肉がたくさん入っているものではなく、南インド風のサバカレーにすると、青魚に含まれるDHA・EPA・カルシウムも一緒に摂取できるので、血液サラサラ効果が倍増しダイエットに役立ちますよ。


また、EPAを含むサバと食物繊維を含む野菜を一緒に摂れば体内に痩せるホルモンGLP-1が分泌されます。但し、炭水化物であるご飯やナンは少量にしておきましょう。



4.歩道橋ウォーキング


ウォーキングは健康的に痩せられる運動。そして、それに、負荷をかけると効率的に消費カロリーや筋肉量を増やせるのでダイエット効果が高まります。


例えば、ウォーキングの際に、リストウェイトやアンクルウエイト、ウエイトベルトなどカラダに重さを付加して歩くという手も。


しかし、慣れていないと負荷がかかり過ぎて肩や腕、腰などを傷めてしまうこともありますね。そこで、もっと簡単に負荷をかけるなら「歩道橋ウォーキング」がオススメ。


気ままにウォーキングしながら、歩道橋を見つけたら必ず昇り降りするだけ。パワフルな運動量なのに景色を楽しみながらできるダイエットです。



5.マイクなしで大きな声で歌う


大きな声を出すとストレス発散になり、しかもアドレナリンが上昇するので脂肪燃焼が促進されるそう。


そして、ただ大声を出すだけではなく、マイクを持たず大きな声を出して歌おうとすると、必然的に姿勢を正してインナーマッスルをつかうようになるのでダイエットにつながります。


カラオケでマイクを使わず楽しむのも一つ、地域の気楽に参加できる合唱隊で仲間と一緒に歌うのも一つの方法ですよ。



いかがでしたか?人間は、元気な気持ちを持つだけでも“血のめぐり”が良くなり、代謝が良くなるそうです。気になる「趣味・恋人や家族、友人との会話」も、有効なダイエットになりそうですね。




痩せ体質になる食習慣 [ダイエットの悩み]

096910.jpg


「三日間、林檎だけ食べ続ける」や「一日中断食」といった、過激なダイエットは危険ですよね。栄養失調に陥ったり、リバウンドしやすくなったりと、良いことが一つもありません。


本当に痩せたいのなら、食べる量をちょっと減らしたり、総カロリーを少し抑えたりといった「ちょい減らし習慣」を始めましょう。



1.「コンニャク」を入れる


カロリーを減らすには、カロリーが低く、腹持ちのいいものを食べることが大切。そこでオススメな食材は、ずばり、コンニャク。


コンニャクは水分が約98%。しかも、100gあたり約5キロカロリーなので、非常にヘルシー。食べると満腹感を得ることができます。


「カルシウム」も豊富なので、ダイエット中のイライラを吹き飛ばすこともできます。また、「セラミド」という成分が含まれており、肌の保湿をサポートしてくれます。


コンニャクは女性の強い味方。煮物や味噌汁を作る際は、肉よりコンニャクを多く入れましょう。



2.肉は「茹でてから調理」


沖縄県は、健康的で痩せ型の人が多いことで有名です。その理由は、肉を茹でてから調理する習慣がついているから。


肉を茹でると、余分な脂が落ち、ヘルシーな味わいになります。その実力は、40キロカロリーもエネルギーダウンできるほど。


手間がかかるかもしれませんが、「カロリーちょい減らし」を目標に肉は茹でてから調理しましょう。



3.「ダシ(昆布、削りカツオ、干しシイタケ)」を使う


薄味な料理はダイエットにピッタリ。かといって、濃い味に慣れ親しんだ人にとっては、なかなか苦痛なものですよね。


そこでダシを使いましょう。昆布、削りカツオ、干しシイタケといった食材は、ダシを取るのにピッタリ。料理に深みがでて、砂糖や油を多く使わずに済みます。


また、これらの食材には「ビタミン」「ミネラル」が豊富で、脂肪を燃やしたり、お通じを良くしたりする効果があります。今日から、ダシを取る生活を始めましょう。



4.「薬味(シソ、ショウガ、ミョウガ)」を入れる


料理には、薬味をたっぷり入れましょう。特に、香りの強い、シソ、ショウガ、ミョウガがオススメ。塩分を減らして味つけしても、満足感を得ることができます。


シソには「ビタミンB群」、ショウガには「ショウガオール」、ミョウガには「αピネン」が含まれています。これらの成分には、体を温めたり、お通じを良くしたりする効果があります。


「塩分よりも薬味」と覚えておけば、ダイエットを成功させることができるでしょう。



5.主食は「豆腐丼」にする


ご飯はカロリーが高いもの。100gあたり約350キロカロリーもあります。そのため、茶碗一杯ではなく、茶碗半分にご飯をよそうのが理想的。とはいえ、それでは満足できませんよね。


そこでオススメなのが、上に豆腐をのせて「豆腐丼」にすること。豆腐は100gあたり約60キロカロリーで、とってもヘルシー。


しかも、栄養価も高く、「大豆イソフラボン」や「ビタミンB群」が豊富に含まれています。これらの成分は、血液をサラサラにしたり、お通じを改善したり、ホルモンのバランスを整えたりします。


主食を豆腐丼にすれば、カロリーダウンと栄養補給の両方ができるのです。一石二鳥ですよね。



いかがでしたか?「ちょい減らしダイエット」は大きく分けて3つです。コンニャクや豆腐丼でカロリーを抑える。肉を茹でて余分な脂を落とす。ダシや薬味を使って、少ない調味料で済ます。


一般的に、「ダイエットはツライもの」とされていますが、これなら始められそうな気がしませんか?きっと、「美味しく楽しく」痩せられることでしょう。





お腹の脂肪にサヨナラする食習慣 [ダイエットの悩み]

340049.jpg


あなたのお腹、タプタプ揺れていませんか?見た目が美しくないのはもちろんのこと、思わぬ病気の原因になってしまうかもしれません。

気にはなっているけど、厳しい食事制限は嫌!という方も少なくないのでは?普段の食事を少し変えるだけでお腹のタプタプ脂肪とサヨナラすることが出来たら、嬉しいですよね。


そこで、お腹の脂肪にサヨナラする食習慣をご紹介します。



1.肉編「食べ方を工夫する」


「お肉=脂肪を蓄積する」というイメージがありますが、お肉は人間のエネルギー源になるので、食べたほうがベター。しかし、普通に食べるのではなく、食べ方を工夫しましょう。


牛肉だったら赤身を選んだり、鶏だったら皮を捨てたり、豚だったら脂肪を切り落としたりすればいいのです。これだけで、お腹に脂肪が溜まりにくくなりますよ。



2.魚編「青魚を食べる」


青魚に豊富に含まれる「DHA」、「EPA」という成分には、血中中性脂肪を減らす働きがあります。なので、お腹に脂肪がある人は、サバやイワシを毎日食べるといいでしょう。


しかし、高エネルギーのものが多いので、一回で食べる量は1/2尾が理想です。



3.ご飯編「玄米を食べる」


白いご飯は高エネルギーなので、ご飯を毎日大盛りで食べている女性は、脂肪がつきやすくなってしまうかもしれません。


そこでオススメなのが、玄米。精白されていないため、「ビタミンB群」と「食物繊維」が豊富。血中中性脂肪を減らしてくれますよ。噛みごたえや味に抵抗があるという方は白米に少し混ぜることから始めましょう。



4.おやつ編「1/2の焼き芋を食べる」


ダイエット中でも「どうしても甘いものが食べたい」ということはありますよね。それでも糖質の過剰摂取は、お腹に脂肪をつける原因になります。


そこでオススメなのが、1/2の焼き芋。さつま芋に含まれる「食物繊維」は、血中コレステロールを低下させたり、便秘を解消したりする効果があります。


まるまる1個食べると、糖質の過剰摂取になってしまうのでご注意を。



5.お酒編「一日100キロカロリーまで」


お酒は高カロリーな飲み物。しかも、栄養価がほとんどなく、飲み過ぎると脂肪がつきやすくなります。なので、お酒は一日100キロカロリーまでにしましょう。


ビール、ワインだったら、グラス一杯分に相当します。この量なら、利尿作用や保温効果が期待でき、健康にいいですよ。



いかがでしたか?厳しい食事制限がなければ、食べることが好きな方も、続けられそうですよね。食習慣を変えるだけで、みるみるうちに、あなたのお腹の脂肪が軽減することでしょう。





痩せの大食いの秘密 [ダイエットの悩み]

023838.jpg


「この子、たくさん食べるのに、どうして太らないの?」と思うこと、ありますよね。実は、太らないのにはワケがあるようなのです。ここでは、「痩せの大食い」の秘密をご紹介します。



1.「大豆製品」をよく摂る


「『大豆製品』をたくさん食べるようになってから、スナック菓子やアイスなど余計なものを食べなくなって、代わりに三食ガッツリ食べるようになった」(28歳・美容師)


大豆製品には女性ホルモンを整え、ストレスを予防する『大豆イソフラボン』が含まれているので、間食が減るようですよ。


無理に一食抜いたりするよりも間食をなくし、三食しっかり食べることが健康的に痩せるためには大切。豆腐や納豆など、料理のバリエーションが豊富なので毎日無理なく取り入れられますよね。



2.目覚めの「カフェインドリンク」


「目覚めにコーヒーを飲むことを習慣にし始めてから、太りにくくなった。」(23歳・事務)


カフェインには、脂肪を燃やしたり、排便をスムーズにする効果があります。


ただ飲んでいるだけで痩せることはありませんが、運動効果を高める作用があるので、エクササイズやトレーニングをする前に積極的に摂取するようにしましょう。



3.ドレッシングは「さっぱり系」


「サラダは、酢やレモン汁でさっぱり食べるのがオススメ」(25歳・美容ライター)


酢やレモン汁にはクエン酸が多く含まれていて、便秘解消の効果があります。


せっかくヘルシーな野菜を食べているのに、こってりとしたドレッシングばかりかけていたら全くヘルシーではなくなってしまいますよね。カロリーが低いさっぱり系のドレッシングを選ぶよう心がけましょう。



4.食事の始めに「温かいドリンク」


「食事の始めに温かいドリンクを飲めば、ドカ食いしても太りにくい」(22歳・アパレル)


冷たいドリンクを最初に飲むと、胃腸の機能が低下してしまいます。胃腸を温めて、機能を高めるために、温かいお茶やスープを食事の最初に飲む習慣をつけましょう。



5.肉・魚は「なるべく生」


「肉や魚は大好きだから我慢したくない。できるだけ『生』で食べるようにしている」(24歳・営業)


赤身の肉にはL-カルニチン、魚にはDHAやEPAといった脂肪を燃やす成分がそれぞれ含まれています。成分を一番効果的に摂取するには、理想は全て「生」で食べること。


とはいっても、全てを生で食べることは難しいので、ステーキの焼き具合を『レア』にしたり、焼き魚より『お刺身』を選んだりする習慣をつけましょう。


いかがでしたか?これらの項目を実践すれば、あなたも「痩せの大食い女子」の仲間入りができるかもしれませんよ。





前の30件 | - ダイエットの悩み ブログトップ



さまざまな女性のお悩みを解決する”悩み解決”の総合情報サイト