So-net無料ブログ作成
アンダーへアの悩み ブログトップ

アンダーヘアの処理について [アンダーへアの悩み]

029414.jpg


腕、ワキ、すね、足、そしてVラインとアンダーヘア。女性にとっての産毛や体毛は、ムダといいきっても差し支えないほどに、いらないもの。


ムダ毛と呼ばれてしまうのも、仕方がないのかも。振り返ってみれば、思春期以降、つねにムダ毛と戦ってきたような気がします。


例えば1番お手軽なカミソリ。慣れない手つきで刃を肌に当てると、まず起こるのが小さな切り傷やカミソリ負けです。ひりひりとした痛みをこらえながら過ごす不快な日々。


生えてくるとなぜかより剛毛になったような気がして、剃れば剃るほど濃くなってしまうのではないかと人知れず悩む夜の孤独な時間。


さらに生えそろってくるたびに、チクチクと肌に当たり、痛くてむずがゆくて、イライラしてしまったりもします。


そのほかにも毛抜きで抜けば、埋没毛ができたり、ハサミじゃ毛が残ったり。いやはや、悩みがゼロになるのはほど遠いようで…。


ところで、一般的なデリケートゾーン、Vライン、アンダーヘアの処理方法ってどんなものなのでしょう?長さに関してはハサミでカット。広がりすぎた生え際はカミソリでシェイブ、もしくは毛抜きで処理。お手軽でお手頃なのがこの3つだと思います。


さらに、除毛クリーム、フォームやワックス、シート。最近では、クリニックやエステでの処理にトライする人も増えてきました。


どんなものでも長所と短所があるように、これらの方法にも一長一短があります。そのなかでも1番大きな短所は、生えてきた時の不快感ではないでしょうか?


チクチク痛かったり、モゾモゾかゆかったりするだけでなく、デリケートな場所だけに“ただ耐えるしかない”のもまたイヤなところ。


こういったアンダーヘアにまつわる悩みは古今東西あったようで、古くは線香で焼いて毛先のチクチクを処理していたというのは有名な話。


ほかにも軽石で擦ってムダ毛処理をする方法も受け継がれてきたもののひとつです。


まあ、でも、今時そんな方法でせっせと処理をしている女性は少なそうなわけで…。ではどうしているかというと、デリケートゾーン専用のムダ毛処理機を使用したりしているのです。


毛先のチクチクを解消できる「ヒートカッター」は、線香で焼くのと同じ原理。しかも、さすが文明の利器。火傷の心配がなくなるだけでなく、線香よりも短く処理できる利点があるのです。


それから軽石で擦る処理。これは毛にダメージを与えることでカットというよりは「ちぎる」ことができます。それから軽石に毛をからめて「抜く」ということができるのでしょう。この場合は、除毛グッズなどが近いのかもしれません。


線香や軽石でお手入れをしている人はさすがにいないでしょうが、カミソリ、毛抜き、除毛剤などを使った場合はお肌にもダメージを与えていることを忘れないで。


せっかくアンダーヘアが整っても、お肌がかさかさしていんたんじゃ、彼とのラブタイムが台無しです。


なかなか難しい問題ではありますが、せっかく女子に生まれたのですから、Vライン、ムダ毛のお悩みもキレイになるひとつと考え、ポジティブに解決しちゃいましょう。









アンダーヘアについて [アンダーへアの悩み]

080855.jpg


私たちの体を覆うさまざまな体毛。アンダーヘアって、髪の毛以上に硬く、太く、黒々としています。毛深い、剛毛、縮れ過ぎ…。みんなそれぞれに悩みや不満があるかと思います。


でも、これだけ立派だと“ムダ毛”なの?という根本的な疑問もわいてきますが…。 どうなのでしょう?


さて、今では当たり前のようになったヘアヌード。週刊誌などで、見かけない週はないくらい。けれどもヌード写真でアンダーヘアが解禁となったのは90年代のはじめのこと。案外歴史は浅いんです。


大手出版社から発売されたある写真集のなかで、日本でも著名な写真家が有名女優を撮影したことで“芸術”だと認識されたことがきっかけでした。


ということから考えると、アンダーヘアは女性の体という“曲線美”を飾るひとつの装飾品だという考えもできますね。もしかしたら、“ムダ毛”ではなく“装飾品”と考えることで悩みはなくなってしまうのかも?


さて、日常生活で、アンダーヘアが気になるとき。それはまず第一にプールや海。つまり、水着姿になったときですね。季節ものだという人も多いでしょうが、ジムなどに通っていて1年中水着になる人も少なくないのでは?


それからもちろんラブタイム。その最中は灯りを薄暗くしている人が多いと思いますが、お風呂に入ったりするときは、明るいことがほとんどですよね。


そう、このお風呂タイムって、ラブタイム以上に、心と体のスキンシップを取れる大事な時間。1日の疲れをとって、ストレスを解放するための切り替えにしている人も多いのでは?


頭のてっぺんから、足の先まで、きれいさっぱり。そして明日からの潤いづくりのお手入れは女心を満タンにしてくれます。


この過程にある、トリートメントやマッサージ、パックをしたりする姿って男性から見ると「面倒くさそうだな」と思う反面、「えらいな」「きれいになろうとしていてかわいいな」と胸をキュンとさせるものでもあるそうです。


女性のお手入れって、男性にはよく分からなくて、難しそうで、ちょっと近寄りがたいものらしいのですが……。いい匂いがして、なんだか嬉しそうにやっている姿を見て、「参加したい!」と思っている男性も少なくない様子。


やり方さえ教えてくれれば、ぜひとも彼女のキレイ作りに参加して、この楽しい時間を分かち合いたい! というふうに。


であるならば、“キレイ作りの時間”も“ふれあいの時間”に変換しちゃおうっていうのが、賢い女性の選択では?


そんなとき、きっと男性も入り込みやすく、面倒がらずにやってくれるんじゃないのかな?っていうのがマッサージとアンダーヘアの処理。


アンダーヘアって、ラブタイム以外だとなかなか触らない場所ですよね。本当はちょっと触ってみたくても、ちょっぴり遠慮しちゃいがち。


でも、トリートメントをしてあげたり、乾いたあとに、「どう?」と様子をみるのであれば、なかなか自然にタッチできちゃったりします。


Hをしない夜でも、手をつないだり、頬を寄せあったり、ちょっぴり気持ちよくなるようなスキンシップをとったりというのは、恋を持続させるためにもとっても大事。


そして、一緒にお手入れしたアンダーヘア。これはもう“ムダ毛”ではなくなっているはず。 お風呂の時間に彼と一緒に、アンダーヘアのケアをしてみてはいかがでしょう?






アンダーヘアケアはじめてセット






アンダーヘアの手入れについて [アンダーへアの悩み]

077477.jpg


アンダーヘアの手入れについて、女性の間でも意外と話題になることが多くなっています。以前はなかなか話せなかったアンダーヘア(陰毛)の悩み、今は友人同士でも話せるようになってきています。


そして、その悩みもそれぞれ。たとえば、毛の問題。剛毛だとか、毛深いなど。また、長さが長いなどや、逆に薄いなどもあります。理想的な形の剃り方や整え方なども決まったものがあまりないので、やり方はそれぞれ独自。


そして、ブラジリアンワックスなどの脱毛も出てきています。そのような脱毛もいいですが、アンダーヘアのお手入れをしっかるすることで、彼からも『かわいい』とより愛情を感じてくれたという声も…!届いています。


プールなどでは、ビキニラインなどもお手入れの仕方なども気になります。 髪の毛のまとまりからぴょこん&ツンツン飛び出ているダメージヘア。


気になって、仕事中も暇を見つけてついついチョッキンチョッキンしちゃったりしませんか?・笑


先日、どうやらそれが気になってたまらない子が、お化粧直しのトイレタイムで鏡とにらめっこしながら枝毛や痛んだ毛をチョッキンチョッキン。


で、つぶやいたのが、 「思うんですけどアソコの毛って、全部ダメージヘアですよね?!」。
衝撃的! でも、それ事実! 一瞬にして場はその話題で持ちきりに…。


アンダーヘアトリートメント






アンダーヘア、悩みの声 [アンダーへアの悩み]

124172.jpg


ここでアンダーヘアに関する皆さんの悩みを取り上げてみますと.....


●「彼氏よりも太くて長くて固くてごわごわで、Hのときに恥ずかしい!」


●「あまりにも毛が強すぎて、下着の繊維の間から飛び出てきてしまう。こないだジムにアンダーショーツを持っていくのを忘れちゃって、水着から毛が何本も飛び出ていて死にそうに恥ずかしかった……」


●「“舐めるとき唇と毛がこすれるんだけど、毛がごわごわだから唇が荒れちゃうんだよね”って彼氏から言われた(泣)」


出るわ、出るわ。アンダーヘアの剛毛&ごわごわエピソード。みんな苦労しているんですね。 さて、このアンダーヘア。縮れていて毛深いのが常のよう。


でも、どうしてでしょう?


類人猿の時代、コドモが母親のワキ毛とアンダーヘアにつかまって、抱っこでの移動から落ちないようにしていたときの名残だという説。


大事な場所を保護するために生えているから剛毛なのだ! という説。


男性を惹き付けるフェロモンが多く発生している場所のため縮れ毛で匂いを拡散しているという説。


さまざまな説がありますが、イマドキの乙女たるもの、どんな理由があっても、ゴワゴワ&剛毛&ツンツンはイヤですよね!


アンダーヘアトリートメント






アンダーヘアのケア [アンダーへアの悩み]

068544.jpg


アンダーヘアについては、みんな日々お悩みと格闘しているようです。


例えば、パンツを履くときに長さの毛並みをそろえるとか、時たま間引いて量自体を減らしているとか、それはそれは涙ぐましいほどの小さなお手入れを女性は積み重ねているのです。


あまりにも剛毛なため、髪の毛用のトリートメントを使用しケアしたことがあるという人もいました。しっとりとはしたそうですが、髪の毛用って地肌につけないことを前提に作られているので、あまりお肌にはよろしくなさそうな予感。


生えている毛質そのものを変えることはなかなかできないけれど、今生えているものを改善していくことならできる。髪の毛だって、お肌だって、悩みやトラブルは「改善」が基本姿勢。


ニキビにはニキビ専用の化粧水やクリームを使うように、なんだかんだいってもアンダーヘアのダメージケアにはアンダーヘア用のトリートメントを使うのがよいのかもしれません。






詳細はこちら↓






アンダーへアの悩み ブログトップ