So-net無料ブログ作成
マウスケアの悩み ブログトップ
前の5件 | -

自宅で出来るホワイトニング [マウスケアの悩み]

550419.jpg


第一印象は笑顔で決まると言う言葉があるように、笑顔が素敵な人は誰にでも好印象を与えられます。


しかし、せっかくの素敵な笑顔も歯が黄ばんでいては台無しです。笑顔が素敵で清潔感のある白い歯には誰もが憧れますよね。


でも、「歯医者でのホワイトニングは高いから手が出せないし…」なんて方が多いのが現実です。


ここでは、コスパ抜群、かつ簡単に自宅で出来る歯のホワイトニング方法をご紹介します。



●チーズを食べる


食べるだけで、歯が白くなるホワイトニングフードはチーズです。


チーズにはリン酸カルシウムという成分が含まれていて、この成分は黄ばみの原因を作るエナメル質の脱灰化を減少させます。


方法は食後にチーズを2、3口食べるだけです。固めのチーズを良く噛んで食べることがポイント。


歯を白くするだけでなく、虫歯のリスクを減らす食べ物としても知られているチーズは歯にとっていいことばかりですね。



●果物を食べる


リンゴ、イチゴ、オレンジ…。果物っておいしいですよね。そんな美味しい果物にも歯のホワイトニング効果があります。


まずはリンゴとイチゴ。こちらの果物にはリンゴ酸というステインを防いだり取り除く働きがあります。


イチゴはすりつぶしたものに重曹を加えオリジナルのホワイトニング歯磨き粉まで作れますよ。リンゴはそのまま食べるだけでいいというお手軽さです!


オレンジは皮の白い部分を歯につけてこするだけ。リモネンというオレンジに含まれる精油成分が歯についたステインを取り除いてくれます。



●歯磨きを正しくする


綺麗な白い歯を手に入れるための基本として、歯磨きは一日2~3回しましょう。そして歯磨きをするタイミングも重要。


歯磨きをするタイミングとしていいと言われているのは食後30分後です。磨き方のコツとしては小刻みに力をいれずに優しく動かし、歯ブラシを歯に当てましょう。


やさしくゆっくりと歯を磨いて下さいね。



●ホワイトニングアイテムを使う


ドラックストアに置いてあるホワイトニングアイテムを使うのも◎。歯の消しゴムやホワイトニング用のスポンジは薬局やスーパーで皆さん一度は目にした事があると思います。


特にオススメは歯の消しゴム。ただし強く磨きすぎるとエナメル質を傷つけてしまい、より着色しやすくなってしまうので軽く使ってみましょう。


説明書に書かれた頻度を守って下さいね。



いかがでしたか?少しの知恵と手間で、歯のホワイトニングは自宅でも簡単に出来ます。お金をかけなくても、綺麗な白い歯を手に入れられるのはとても魅力的ですよね!


白い歯は清潔感があるだけでなく、健康的な印象も与えられます。素敵な笑顔が、より一層魅力が増すように毎日のホワイトニングケアを頑張りましょう。





簡単ホワイトニング [マウスケアの悩み]

069749.jpg


歯が黄ばんでいるとどんなに美人でも魅力が半減してしまうもの。スッキリとした白い歯でキレイな笑顔を作りたいですよね。


歯が白くキレイだと表情も明るく見えますよ。今回はそんな気になる歯の黄ばみがテーマです。



●なぜ黄ばむの?


そもそもなぜ歯は黄ばむのでしょうか。これにはよく聞く「ステイン」が関係しています。


ステインとは歯の着色汚れのこと。食べ物や飲み物に含まれる色素やタバコのニコチンが付着し、ステインとなって黄ばむのです。


ではどうしてステインは付着するのでしょうか。歯は表面をエナメル質によってコーティングされています。


さらにこのエナメル質に唾液が接触するとペリクルと呼ばれる薄い膜が作られ、これが汚れと結びついてステインとなるのです。



●黄ばみの原因になる食品って?


着色の多い食品は歯を黄ばませます。例えば、コーヒーやカレー、赤ワインなどがそうです。ポリフェノールを多く含む食品や、色の濃い食品は黄ばみの原因になります。


しかし、なかなか食べないでいるのも難しいですよね。仕方ないので、せめて歯をすぐ磨くようにしましょう。普段、コーヒーや紅茶を飲んだ後、なかなか歯を磨くことはないかもしれません。


しかし歯にコーヒーの液体を長く付けることで、色素が沈着してしまうのです。また口をゆすいだり、水を飲んだりするだけでも多少は落とせるので、意識してみて下さいね。



●歯磨きは優しく


黄ばみが気になるからと言って、力を入れガシガシ歯を磨いてはいませんか。その磨き方が黄ばみを悪化させているかもしれません。歯は優しく磨いて下さい。


強く歯を磨いていると、エナメル質を摩耗してしまう恐れも。歯ブラシは優しく小刻みに動かしましょう。虫歯を予防する上でも、歯磨きは力を入れずに行ったほうが良いですよ。


ドラックストアにはホワイトニング用の歯磨き粉もたくさん置いてあるので、探してみましょう。



●歯磨き粉にプラスしよう


歯磨き粉に塩や重曹をプラスするという方法もあります。歯磨き粉に直接混ぜても良いですし、重曹を水で溶かし、歯ブラシに直接つけても◎。


しかしやり過ぎには注意が必要です。特に重曹は研磨作用が強すぎるので、1、2週間に一度を目安に行いましょう。


磨き過ぎることで歯のエナメル質を傷つけ、知覚過敏になったり、かえって汚れをつきやすくしてしまう恐れもありますよ。



●唾液をたくさん出す


唾液には自浄作用というものがあります。歯の表面についた汚れを流してくれるのです。


さらに唾液は口臭、虫歯予防や、エナメル質を修復してくれる力も持っていますから、多く分泌される環境を作りましょう。


ガムなどを噛むようにしたり、食事のときは意識的に咀嚼回数を増やしたりして下さい。


また口呼吸をやめて、鼻呼吸にすることも忘れたくないです。気づいたら、つい口が半開きになっている人はいませんか?口は閉じましょう。口の中を乾燥させないことが大切です。



いかがでしたか?一方で、加齢により歯の内側から黄色くなるものもあります。


歯の内部にある象牙層という部分はもともと黄色っぽいのですが、徐々にこの色が濃くなることで歯が黄ばんで見えるのです。表面のエナメル質が薄くなるのも一因。


どうしても改善しない場合や、気になりすぎる場合にはお医者さんに相談するのも手ですよ。キレイな白い歯で輝く笑顔を作りましょう。




舌苔の処置について [マウスケアの悩み]

034451.jpg


口臭ケアなどから舌のブラッシングが定着しつつあるようです。しかし一部では舌ガンを引き起こすとして、しないほうがいいという説もあり、一体何が正しいの?といった声も耳にします。


そこで、舌ケアの真相についてご紹介します。



●まずは口臭の原因、舌苔の正体を把握


お菓子を食べたあと歯磨きをせずに放置したり、朝起きたときなど口の中が気持ち悪くねばねばとし、舌を指でこするとなにか白色から黄色、あるいは褐色っぽいカスが取れた、という経験はありませんか?


これが舌苔(ぜったい)です。 舌苔は舌の表面の細胞が新陳代謝によって剥げ落ちたものや、食べ物の残りかす、白血球や口腔内の細菌などが混じってできていると考えられています。



●舌苔が多く発生する条件とは


・舌が乾燥するような状況


・舌を動かすことが減っている状況


・風邪などの炎症疾患で発熱した時


・喫煙や飲酒


・睡眠不足



●舌苔が発生すると


舌苔が関与するものとしては口臭があります。口臭のほとんどは口腔内に原因があるとされています(舌苔、歯周病、口内炎、できものなど)。


この口腔内由来の口臭源として挙げられるのが硫化水素、メチルメルカプタン、ジメチルサルファイドなどの揮発性硫化物、アンモニア、アセトンなど。これらの物質の産性場所のひとつが舌苔なのです。


また舌苔は厚くなりすぎると正常な味覚を感じることへの障害をも引き起こしてしまいます。



●舌苔は除去したほうがいい?


舌苔は生理的に見られるものなので、その量さえ多くなければ基本的には無理に取る必要はありません。


ただ口臭の原因の一部であることを考えて軽くブラッシングして舌苔を増やさないようにすることはよいと思います。その際、あまり強くごしごしとブラッシングしますと舌を傷つける可能性があります。


このような慢性的な舌への刺激は舌ガンなどを引き起こす能性もあるので、あくまで軽く優しくとるといったことを心に留めておきましょう。



●舌苔の正しい除去法&予防法


<舌ケアに向いているアイテム>

・専用の舌ブラシ

・やわらかい歯ブラシ

・ガーゼ


<ケア方法>

・舌の奥の方から前の方へ優しくこすって除去

・回数は少な目に

・力は優しくて舌を傷つけてしまわないようにする



いかがでしたか?正しい舌ケアで口内環境を清潔に保ち、口臭を予防しましょう。大切なのは、あくまで優しくケアをするための専用のアイテムを用意することです。





歯のホワイトニングについて [マウスケアの悩み]

016237.jpg


あなたの笑顔が何だか決まらないのは歯の黄ばみのせいかも。歯が黄ばんでいるとどんなに美人でも魅力が半減してしまうもの。スッキリとした白い歯でキレイな笑顔を作りたいですよね。


そこで、歯のホワイトニングの方法についてご紹介します。



●黄ばみの原因


そもそもなぜ歯は黄ばむのでしょうか。これにはよく聞く「ステイン」が関係しています。


ステインとは歯の着色汚れのこと。食べ物や飲み物に含まれる色素やタバコのニコチンが付着し、ステインとなって黄ばむのです。


ではどうしてステインは付着するのでしょうか。歯は表面をエナメル質によってコーティングされています。


さらにこのエナメル質に唾液が接触するとペリクルと呼ばれる薄い膜が作られ、これが汚れと結びついてステインとなるのです。



●黄ばみの原因になる食品とは?


着色の多い食品は歯を黄ばませます。例えば、コーヒーやカレー、赤ワインなどがそうです。ポリフェノールを多く含む食品や、色の濃い食品は黄ばみの原因になります。


しかし、なかなか食べないでいるのも難しいですよね。仕方ないので、せめて歯をすぐ磨くようにしましょう。


普段、コーヒーや紅茶を飲んだ後、なかなか歯を磨くことはないかもしれません。しかし歯にコーヒーの液体を長く付けることで、色素が沈着してしまうのです。


また口をゆすいだり、水を飲んだりするだけでも多少は落とせるので、意識してみて下さいね。



●歯磨きは優しく


黄ばみが気になるからと言って、力を入れガシガシ歯を磨いてはいませんか。その磨き方が黄ばみを悪化させているかもしれません。歯は優しく磨いて下さい。


強く歯を磨いていると、エナメル質を摩耗してしまう恐れも。歯ブラシは優しく小刻みに動かしましょう。虫歯を予防する上でも、歯磨きは力を入れずに行ったほうが良いですよ。


ドラックストアにはホワイトニング用の歯磨き粉もたくさん置いてあるので、探してみましょう。



●歯磨き粉にプラスしよう


歯磨き粉に塩や重曹をプラスするという方法もあります。歯磨き粉に直接混ぜても良いですし、重曹を水で溶かし、歯ブラシに直接つけてもOK。


しかしやり過ぎには注意が必要です。特に重曹は研磨作用が強すぎるので、1、2週間に一度を目安に行いましょう。


磨き過ぎることで歯のエナメル質を傷つけ、知覚過敏になったり、かえって汚れをつきやすくしてしまう恐れもありますよ。



●唾液をたくさん出す


唾液には自浄作用というものがあります。歯の表面についた汚れを流してくれるのです。


さらに唾液は口臭、虫歯予防や、エナメル質を修復してくれる力も持っていますから、多く分泌される環境を作りましょう。


ガムなどを噛むようにしたり、食事のときは意識的に咀嚼回数を増やしたりして下さい。


また口呼吸をやめて、鼻呼吸にすることも忘れたくないです。気づいたら、つい口が半開きになっている人はいませんか?口は閉じましょう。口の中を乾燥させないことが大切です。



いかがでしたか?一方で、加齢により歯の内側から黄色くなるものもあります。

歯の内部にある象牙層という部分はもともと黄色っぽいのですが、徐々にこの色が濃くなることで歯が黄ばんで見えるのです。表面のエナメル質が薄くなるのも一因。


どうしても改善しない場合や、気になりすぎる場合にはお医者さんに相談するのも手ですよ。キレイな白い歯で輝く笑顔を作りましょう。





口臭を予防する食品 [マウスケアの悩み]

022318.jpg


デートや大切な人に会う前には、お口のにおいを予防する食べ物で口臭対策!接近戦であなたの魅力を十分にアピールするためには、出かける前の口臭予防が重要です。


しっかり歯磨きをしていても気になるのが口臭です。大切な人と会う前は、口臭を防ぐ食べものでしっかり対策しましょう。


距離が近くても、気にせず話すことができます。話が弾んで、あなたの好感度はグンとアップするはず!


●リンゴ


りんごに含まれるポリフェノールの一種「アップルフェノン」に口臭を防ぐ効果があります。特に多く含まれるのが、皮や皮のすぐ下の部分。そのため、皮をむかずにそのまま食べるのがおすすめです。


口臭の特有の臭いといわれるのが、野菜が腐ったような腐敗臭。アップルフェノンには、その腐敗臭の元になっているメチルメルカプタンを抑える働きがあります。


大切な日は、食後のデザートにリンゴを食べて口臭を予防しましょう。



●梅干・レモン


梅干やレモンの酸っぱさの成分「クエン酸」が口臭を防ぎます。クエン酸には、殺菌やタンパク質を分解する効果があるのです。さらに、酸っぱさによって唾液が増えて、自浄効果がアップします。


人前で梅干を食べるのは抵抗があるという人には、レモン水がおすすめ。あらかじめミネラルウォーターに、レモンの果汁を数滴垂らしておきましょう。口臭を予防できるだけでなく、口の中がさっぱりします。



●緑茶


緑茶の苦み成分「カテキン」が口臭を防ぎます。風邪やインフルエンザを予防するカテキンの殺菌作用が、口内殺菌に効果的。さらに強い抗酸化作用によって、口臭や歯周病の原因になる活性酸素を除去するのです。


緑茶は、朝食や昼食の後、少し時間をおいてから飲むのがベスト。また、緑茶にはカフェインが多く含まれることから、寝る前に飲むのは控えましょう。そんな時は、緑茶でのうがいがおすすめです。





前の5件 | - マウスケアの悩み ブログトップ