So-net無料ブログ作成
検索選択
デリケートゾーンの悩み ブログトップ

デリケートゾーンの痒みの原因と治療法 [デリケートゾーンの悩み]

089163.jpg


「最近、アソコが痒い」という女性、いませんか?アソコの痒みは、通気性の悪い下着や、生理用ナプキンの「蒸れ」によって引き起こされることがほとんど。


ですが、性感染症の可能性も十分考えられます。性感染症は、一度でもセックスの経験があれば、かかってしまうことがあります。



とはいえ、人前で性感染症の話をするのは、ちょっぴり勇気の要ることですよね。ここでは、誰にも言えないデリケートゾーンの痒みの原因と治療法をご紹介します。



1.「カンジダ膣炎」


まるでカッテージチーズのような、白くてポロポロしたおりものが出てきたら、「カンジダ膣炎」の可能性大。


痒みもそうですが、アソコが腫れ上がるという症状も出ます。セックスだけでなく、他の病気疲労によって引き起こることもあります。


産婦人科に行くと、まず、膣内洗浄を行ってもらいます。そして、膣坐薬、軟膏薬を使えば、3週間ほどで完治します。長い期間に感じるかもしれませんが、くれぐれも、治療中はセックスをしないようにしましょう。



2.「トリコモナス膣炎」


黄色や緑色のおりものが出て、悪臭と痒みがあったら「トリコモナス膣炎」を疑いましょう。


トリコモナス原虫によるもので、セックスだけでなく、プールやトイレ便座での感染も考えられます。産婦人科で処方された薬を2週間ほど服用すれば、完治します。



3.「性器ヘルペス」


アソコに水疱ができたり、痒みがあったり、排尿時に痛みを伴ったりしたら「性器ヘルペス」の可能性があります。


塗り薬と内服薬を正しく使えば、2週間ほどで治りますが、ストレスや疲労で再発しやすいのでご注意ください。



4.「尖形コンジローマ」


アソコや肛門にイボができ、痒みや痛みを感じたら「尖形コンジローマ」かもしれません。放っておくと、イボが数cm大になることもあります。ヒトパピローマウイルスが原因で感染するといわれています。


軟膏薬で2週間ほどで治りますが、イボが大きすぎる場合、レーザーで取ることもあります。また、痛みなどの自覚症状がない場合もあるので、変だなと思ったら病院へ。



5.「淋病」


「淋病」は症状が軽く、気づきにくい性感染症です。


セックスだけでなく、共有のタオルから感染することも考えられます。風邪のような症状が出たり、アソコが痒くなったりしますが、あまり大きな症状も出ない場合があります。


無自覚のまま放っておくと、妊娠・出産が難しくなることも考えられます。「自分が感染するはずがない」と思わず、念のために、産婦人科には定期的に通いましょう。



いかがでしたか?アソコに少しでも異変を感じたら、すぐに産婦人科に行きましょう。産婦人科には出産を控えている女性だけでなく、アソコの痒みに悩んでいる女性が大勢います。


また、パートナーにも泌尿器科に行くことをすすめましょう。お互いの将来のためですから、恥ずかしがる必要はありませんよ。




デリケートゾーンのニキビ対策 [デリケートゾーンの悩み]

099973.jpg


かゆかったり、痛かったり、でも人には相談しにくい、そんなデリケートゾーントラブルの一つがニキビ


小さく赤いポッチができて、大きくなったりつぶれて黒くなったりと、女子をブルーな気持ちにさせることの多いのが特徴です。


そこで、自分でもできる予防と対策をご紹介します。



1.清潔一番


体のどこにできるニキビにも共通のケアが、清潔に保つこと。


特にデリケートゾーンは顔や手に比べて、石鹸などできちんと洗う機会が少なめ。許す限り優しい薬用石鹸でこまめに洗ってキレイに保ちましょう。



2.乾燥&保湿


初期の小さなニキビであれば、清潔な状態にしたら、次はきちんと乾かして、さらに適度な保湿効果を狙って乳液などでケアしてあげればかなり改善されます。


乾燥しすぎても、しっとりしすぎてもダメなのでさっぱり乳液タイプから試してみましょう。



3.下着選び


ニキビの原因として意外に多いのが下着。素材によっては蒸れたりかぶれたりして、ニキビの原因となってしまいます。


また、ピッタリと張りつくタイプも擦れや蒸れの原因になります。天然素材で緩やかフィットタイプの下着を試してみましょう。



4.洗濯洗剤や柔軟剤


洗濯した時の洗剤が残っていたり、柔軟剤が濃すぎたりすることで肌が荒れ、ニキビとなることもあります。しっかりすすぎ、柔軟剤の使用を控えめまたは中止してみるのも一つの手です。



5.ニキビケアクリームまたは市販の抗生物質入り軟膏 


1~4を試してもニキビが減らないようならば、薬局で相談してみましょう。


多くの場合、程度に合わせてニキビケアのクリームか、抗生物質入りの軟膏を勧められます。薬剤師さんに相談できる安心感を得られるのに、診察がないので恥ずかしさはかなり軽減されます。



6.ストレス解消


ニキビは蒸れやかぶれなどの外的な要因だけでなく、精神的なストレスも原因となります。夜更かし、食べ過ぎ、飲み過ぎ、座りっぱなしなどで、ストレスをためこまない工夫も必要でしょう。



いかがでしたでしょうか?普通のニキビであれば、以上6つに気をつけることで症状の改善が期待できます。


ただし、ニキビが悪化したり、しつこく治らない場合には早めにお医者さまなど専門家に相談しましょう。





デリケートゾーンのかゆみについて [デリケートゾーンの悩み]

121517.jpg


誰でも経験したことがある、でもちょっと他人には相談しにくい、デリケートゾーンのかゆみ。


その多くは、ムレやおりもの、ナプキンによるかぶれ、汗などが原因で、深刻な病気ではないことがほとんどです。


下着やパンティストッキングなどで締め付けられやすい陰部は、ムレやすく、さらにナプキンも使う生理中にかゆみが起こるというケースが多く見られます。


最近は吸収性に優れたナプキンも多く、汚れてないからと言って換える回数が減ってしまうことも。


見た目では汚れていなくても、湿気などで雑菌が繁殖し、かゆみの原因になることがあります。こまめにナプキンを換えたり、ウォッシュレットを使うなどして、陰部の清潔を保ちましょう。


とくに、敏感肌やアレルギー体質の人は、デリケートゾーンにもかゆみが起こりやすい傾向があります。


また、普段は何ともなくても、ストレスや疲れで身体の抵抗力が落ちているときは、かぶれやかゆみが起こることも。


糖尿病、妊娠中、抗生物質を服用中の人なども、陰部にかゆみが起こりやすいので気をつけましょう。


ホルモンバランスが乱れる更年期にも、身体が暖まったときにかゆみが起きることがあります。


カンジタ菌は健康な女性であれば、誰でも持っている常在菌ですが、風邪や疲労、ストレスなどによって増殖し、おりもの・かゆみなどの症状が起こります。


おりものの状態が普段と違って、カッテージチーズのようにポロポロしていたら、膣カンジタの可能性あります。


これ以外に、陰部のかゆみの原因として考えられるものには、大腸菌、ブドウ球菌が原因の感染性外陰炎、トリコモナス原虫によるトリコモナス膣炎、パピローマウィルスが原因の尖圭コンジローマなどがあります。


陰部の皮膚がただれたり、痛みを伴うかゆみが起こることがありますので、ひどくなる前に早めに婦人科を受診しましょう。





膣のゆるみを治すには? [デリケートゾーンの悩み]

013156.jpg


女性は妊娠をしている間だけでなく、出産の時にも筋肉に負担が掛かり、出産後に筋肉の収縮が上手く出来ないことなどが原因で、膣が緩み締りが悪くなってしまいます。


そのほかにも、加齢による靱帯のたるみや、肥満によって下腹部に脂肪が付くことで骨盤底筋を弱めること、姿勢の悪さによる筋力低下なども、その原因となっています。


膣が緩くなって締りが悪くなってしまうと、パートナーとのセックスをお互いに気持ちよく感じることが出来なくなる、といったことも出てくるので、なるべく早めに解決をすることがベストです。


膣の緩みの確認は自分で行なうことも出来るのですが、膣の中に自分の指を入れて確認することになるで、爪と指をしっかりと清潔にしてから行わなければなりません。


婦人科や婦人科形成クリニックでは、基本的な治療方法にはヒアルロン酸や脂肪やパールフィラーといった効果的な素材を注入する注入法、レーザーや高周波を原因部分に当てる方法、切開や縫縮手術などの治療方法があります。


ですが、最近では膣トレといって膣を緩くさせないためのトレーニングというものもあり、多くの女性がこれを行なっています。


以前ご紹介した『膣圧トレーニング』でも、そのトレーニング方法に触れましたが、ここではさらに踏み込んだ内容のトレーニング方法をご紹介いたします。


骨盤底筋を鍛えて、膣圧をアップさせる膣トレとして、ケーゲル体操をご紹介します。さまざまなやり方がありますが、手軽にできるのがこの体操のいいところです。


ケーゲル体操にはさまざまなバリエーションがあります。まずは仰向けの姿勢で行なうケーゲル体操をご紹介します。



●仰向けで


1. 仰向けになり、足を肩幅に開いてひざを立てる。


2. 身体の力を抜いて息を吸いながら肛門、膣を胃のほうに吸い上げるようなイメージでおよそ5秒引き締め、力を抜く(5回繰り返す)。


3.肛門、膣を速いテンポで締めたり緩めたりする(5回繰り返す)これを1セットとして3~10セット繰り返します。この方法なら朝晩、布団の中でも行なえます。



●立って


1. 手足を肩幅に開き、手を机につく。


2. 体重をすべて腕にかけ、背中をまっすぐ伸ばし、目線は正面を。


3. 肩やお腹の力を抜いて肛門・膣をゆっくりと引き締める。



●座って


1. 椅子に座ったまま手足を肩幅に開く(足は床につけ、手は机につける)。


2. 体重をすべて腕にかけ、背中をまっすぐ伸ばし、目線は正面を。


3. 肩やお腹の力を抜いて肛門・膣をゆっくりと引き締める。



立って行なう方法も座って行なう5回を1セットとして1日3~10回繰り返します。このとき、お腹に力が入らないように注意しましょう。



●ひじ・ひざをついて


1. 四つん這いになり、ひじの下にクッションを入れてアゴを手に乗せる。


2. その姿勢のまま肛門と膣を5秒締める(5回を3~10セット)。


人前ではなかなかできませんが、1人のときはリラックスしてできる方法です。


これらがどうしてもうかくいかない場合は、トイレで行なう方法も。これはオシッコをしているときに2~3回止めてみるという方法です。


ただし排尿に支障をきたすことがあるのでひんぱんに行なうのはNG。あくまで骨盤底筋を意識するためのひとつの方法ととらえてください。


いかがでしょうか?このほかにも、専用のグッズを使った膣トレの方法もありますので、興味のある方はためしてみてくださいね!



詳細はこちらから






正常なおりものと異常なおりもの [デリケートゾーンの悩み]

095358.jpg


「おりもの」の量や色がいつもと違うとき、ありませんか?婦人科の内診が怖くて、そのままにしている人も多いのではないでしょうか。


しかし、「おりもの」の異変をそのままにしておくと危険な場合があるのです。「おりもの」は身体からのサインがすぐに出やすい場所です。女性の健康のバロメーターといっても過言ではありません。


ただし、やみくもに悩んだり不安になったりしないよう、問題ない「おりもの」と異常な「おりもの」を知っておきましょう。


どんな「おりもの」だったら問題ない? 「おりもの」があること自体、成熟した女性なら普通のこと。「白っぽく透明」「のり状」「クリーム状」の「おりもの」は健康である証です。


乾いて黄色や褐色になる場合も問題ありません。また、膣内は酸性です。少々の酸っぱい匂いは気にする必要はないでしょう。


セックスの後、一時的に「おりもの」が増えるのも問題ナシ。「性的な興奮で分泌量が増えている」もしくは「腟の自浄作用が一時的に強まっている」ことが考えられます。


「透明の水のようなもの」または「少々の血が混じる」のは、排卵期の特徴。正常に排卵が行われている合図ですから、心配しなくても大丈夫。


ただし、 3日程度で終われば問題がありませんが、長く続く場合は婦人科を受診して検査をしてもらいましょう。排卵期に何らかの問題が発生している可能性があります。


一方、「おりもの」が全くないのも問題です。子宮の働きが低下している可能性があります。特に20代~30代で無月経や生理不順にも心当たりがある場合は直ちに病院へ行きましょう。


ストレスで「おりもの」の量が多くなる!? 「おりもの」の量が多くなったときは「身体を休めなさい」のサインだと考えてください。


よくあるのがストレス。ハードスケジュールで活動しているときなど、一時的に「おりもの」の量が増えることがあります。


身体からの「ホルモンバランスが乱れているよ!」という警告でもありますから、真摯に受け止めましょう。ゆっくり休めば、元に戻ることが多いようです。


量・臭い・色がおかしい・・・それは危険信号かも いつもの「おりもの」と比べて明らかに臭いや色が違ったり量が多すぎる、しっかりと休んでも元に戻らないときは身体が何かサインを発信しているのかもしれません。


異常な「おりもの」の原因は、卵巣機能の低下が原因である可能性が高いです。先述した健康時のような「おりもの」であっても、量や臭いが明らかにおかしいときも同様です。


卵巣機能の低下を放置すると、いわゆる「妊娠しにくい身体」になってしまう可能性が。また、性感染症にかかった場合や子宮や膣の病気でも「おりもの」に異常が出ます。


婦人科に行くのはなんとなく怖いと感じる人もいるかもしれません。「おりもの」の異常の場合、診察と飲み薬で解決することがほとんどなんだとか。怖がらずに異常を感じたら早めの受診をオススメします。









膣圧トレーニング [デリケートゾーンの悩み]

131589.jpg


あなたは自身のデリケートゾーン(性器)を見たことありますか?個人個人顔が違うように、デリケートゾーンも色や形、大きさなど人それぞれです。


いわゆる上付き、下付きという言葉があるように、入り口の位置も違うし、さらに膣道の角度も様々です。


一度、鏡を当ててデリケートゾーンを見てみましょう。自分のどのあたりに穴があるのか、クリトリスは包皮をかぶっているのか、いろいろな発見がありますよ。


70年代、ウーマンリブ活動が盛んだった頃、女性同士がお互いの性器を見せあって、「なんて小さくて可憐な性器なんでしょう」「黒バラのようで美しいわ」などの言葉で誉めあうというワークショップがあったそうです。


まずは自分のデリケートゾーンを見て、認めて、自信を持つところからはじめましょう。


女性の膣や子宮は筋肉の塊といって差し支えないほどの臓器です。膣や子宮には血管が多数集まり、いつもあたたかい場所です。


一般的に 出産を経験すると「ゆるくなる」と言われますが、それは産道が伸びてしまったからでなく、伸びてしまった筋肉がきちんと収縮しなかったから。腹筋が産後弱ると言われるのも、そのためです。


今、結構多いのが胃下垂の女性です。細くてスタイルは良いかもしれませんが、筋肉が薄く、弱くなっているから胃下垂になってしまう。


そのような女性の中には尿もれをしたり、膣圧が弱く「膣がユルイ」など言われたりする悩みも抱えている方もいるようです。


膣圧の強い、締まりのいい膣は、トレーニング次第でいくらでもつくることができます。


まず膣圧向上のために、1番簡単かつ重要なのが、正しい姿勢を保つこと。お腹とお尻に力をいれて、背骨をまっすぐ伸ばします。


意外と正しい姿勢が出来てない人が多いです。膣圧にお悩みの方は、まずは普段の姿勢から見直してみましょう。


座るときも、きちんと座る。お尻がだら~んと広がらないように、きゅっとすぼめたスタイルで座る。そして、腹筋に力をいれて、猫背にならないように気をつけて。これだけで、筋肉の弱い方は違うはずです。


次に実際のトレーニング方法をご紹介します。


1.お尻の穴に力を入れる、弱める、入れるを繰り返す。

2.尿をするときに、している途中で止める。これを1日1回してみる。

3.下腹部の腹筋を鍛える。寝そべって、脚をまっすぐにして、床から15cm上げて、そのまま15~30秒ストップ。これを5セット


それから股関節のストレッチ。これは股関節が伸びるのならばどんな形でもOK。自分が伸びてちょっと痛いけど気持ちいいというところを見つけてください。


気持ちいいところが縮んでしまった筋肉です。股関節が固いと肩も凝りやすいそう。股関節のストレッチは肩こり改善にも役立つので、こり性の人はぜひ、毎日行いましょう。


膣壁の筋肉は意識的に動かせる筋肉ですが、ペニスを締め付けるまでの太い筋肉ではありません。ポイントは、膣口。

膣口を締める膣括約筋は、会陰部で肛門括約筋とつながっているため、肛門をすぼめると自然に膣口も締まります。ということは、肛門の締まりを良くすれば、膣の締まりも良くなるということ。


いずれの膣圧トレーニングも、ちょっとの時間で、日常生活に簡単に取り入れられるものなので、習慣づければ、きっと男性を魅了してやまない締まる性器ができあがることでしょう!







彼がセックスでクンニをしてくれない理由は? [デリケートゾーンの悩み]

144167.jpg


「彼がなかなかクンニをしてくれない」というお悩みを持っている方は、じつは少なくないようです。 「本当はしてほしいのに、恥ずかしくて言い出せない」「そんなお願いをしてエッチなんだと思われたらどうしよう…」


そんなことを思っている方も多いのではないでしょうか?そもそも、そういった男性はなぜクンニをしてくれないのかというと単なる好みの問題もあるでしょうが、もしかしたら別の原因もあるかもしれません。


別の原因…それはズバリ、臭いです。クンニをしないのではなく、臭いを感じて嫌がっている可能性があります。まずは積極的に陰部の臭いのケアを行いましょう。


さて、デリケートゾーンのケアも終わって準備は万端! それでもどんなふうに切り出せばいいのかよくわからなくて…という方は、彼に先にフェラをしてあげましょう。


自分が先にしてあげることでオーラルセックス自体のハードルが下がりますから、打ち明けやすくなるはず。フェラを終わらせたら、さりげなく、でも素直に「わたしもしてほしい…」と甘えてみましょう。


~彼にクンニしてもらうには~

1.においの元をしっかり洗浄

2.自分が先にフェラしてあげる

3.素直に甘えておねだりする


この3ステップを踏むのがいいでしょう。中でも、特に大事なのは1。きちんと臭いの元をケアしていれば、自信を持ってその後のステップに進めるようになります。


自分に自信が持てるように、今日からさっそく臭いケア、始めてみませんか?






詳細はこちら↓



自信を持ってオーラルをしてもらえます!デリケートパフュームで美味しいデリケートゾーン






デリケートゾーンの臭いについて [デリケートゾーンの悩み]

029060.jpg


身体のニオイで気になる部分と言えば、よく聞くのがワキのニオイですが、ワキのニオイと同じくらい多くの女性を悩ませているのがデリケートゾーンのニオイ。これを「すそわきが」とも言います。


ワキの臭いと同じメカニズムで、これもアポクリン腺が原因です。大昔では、このニオイの元のアポクリン腺は、身体中に分布していたのですが、現在ではほとんどが退化したとも言われています。


しかし現代人でも一部に残っており、その大部分がワキの下なのです。このため、ワキ以外から強いニオイを発することは珍しいのですが、稀にデリケートゾーンでもニオイを出すことがあるのです。


この季節、薄手のパンツスカートを履いた時、ちょっとしゃがんだりすると「今ニオッたかも」と思うことなどありませんか?


ちょっとした時に、ふいに臭うことは当たり前のことです。しかし、きちんと入浴しても体臭が消えにくい方や、椅子に座っただけでニオイが付いてしまい部屋中に臭いが広がってしまう等、深刻に「ニオイ」という悩みを抱えている方も少ないくはないのです。


そしてたまに聞くのが「セックスするとニオイが強くなる」という意見です。


人間は昔、このアポクリン腺がフェロモンと同じような働きをしていたとも考えられ、このニオイで異性を惹きつけていたとも言われています。


アポクリン腺の活動は性的な興奮によって活発になり、さらに強いニオイを放つそうです。セックスでニオイが出る事は、人体の重要な機能だったのかもしれません。


女性のすそわきがが気になる、という男性も実は多く「パートナーに言えないけれど、どうしたら…?」という方も多くいらっしゃいます。


ニオイケアは自分のためでもありますが、それと同時に身だしなみ、パートナーへの思いやり、など色々な面での自分磨きにも繋がっていくようです。


気持ちの良いセックスをするためにも、臭いが発生する前にデリケートな部分のケア、特にニオイのケアはしっかりやっておきたいですね。









おりものの悩み [デリケートゾーンの悩み]

121326.jpg


おりものの臭いと量が気になる。考えられる原因はいくつかあります。まず、病気が原因の場合。子宮口や膣内に傷などができていて、おりものが増え、その結果臭いを感じるようになっている場合。


この場合、まずは病院で、しっかり診てもらいましょう。その他として、もともとその人の持っている体質的なものもあります。


おりものは医学的には「帯下(タイゲ)」といいます。生理的なものと病的なものとがありますが、膣内の異物(セックス時の精液など)やタンポンの残留によっても生じることがあります。


生理的なおりものの代表は排卵期によるものです。排卵の時期になると、精子が侵入しやすくなるよう、普段はドロッとしている頸管粘液が水っぽく変わり、量も多くなります。少量の出血をみることもあります。


このような症状の2週間後に生理が始まったのであれば、ほぼ間違いなくその帯下は排卵によるものと考えてよいでしょう。そのほかでは、妊娠期にもおりものは増えます。


それから、びらんができてしまった場合。これは出産などでできるケースも多く、意外と自分でも気づかずにいる人も多いと思います。夏などはおりものと一緒にかゆみを感じるケースもあるでしょう。


そういうときは、軟膏などを塗って、ベビーパウダーをまぶせば、かなりかゆみを押さえることができます。傷は、乱暴な愛撫やHでできる場合がほとんどです。粘膜は弱いものですから、優しく扱ってくださいね。


また、体質的なものでおりものが多い場合もあります。これはよくワキガの人はおりものも臭うとも言われています。その真偽は確かではありませんが、実は本人の気にしすぎの場合も多いようです。


でも、そう言われてもやっぱり気になるのがオンナ心ですよね。


病的なおりものにもいろいろありますが、多いのはバイ菌による感染です。性病ではクラミジアや淋菌による頸管炎が原因で起こることがありますが、特にクラミジアでは何の自覚症状もないことがあります。


その他、トリコモナスという原虫による膣炎では、白濁した水っぽいおりものが増えます。この場合はかなりのカユミがあります。


よく「オリモノが白い…」と悩むかたがありますが、おりものは白いのが普通なので、白いこと自体は病的だということではありません。かゆみがある場合や、あまりにも量が増えたなどの場合は病院に行ってください。


色が異常だ、血が混じっている、量が異常に多くとても臭う。など、明らかに正常でない場合は意外と自分で分かるものです。


治療には抗生物質を用います。膣洗浄と薬の挿入で簡単に治りますが、繰り返すことも多いようです。









デリケートゾーンの悩み ブログトップ



さまざまな女性のお悩みを解決する”悩み解決”の総合情報サイト

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。