So-net無料ブログ作成
検索選択
黒ずみの悩み ブログトップ

イチゴ鼻を解消する方法 [黒ずみの悩み]

414993.jpg


鏡を見ると鼻の毛穴が黒くなっていたり、ところどころ黄色いブツブツしたものがありませんか?それは「イチゴ鼻」と呼ばれるもの。


イチゴ鼻を解消するために、はがすタイプのパックで角栓を取るのも一つの方法ですが、もっと身近なものでケアできますよ。ここでは角栓についてと、その解消法をご紹介します。



●イチゴ鼻ってどうしてできるの?


そもそも角栓とは古くなった角質と皮脂が混じり合ったもの。皮脂は鼻の毛穴の奥にある皮脂腺から分泌され、毛穴を通って外に排出されます。


毛穴の中の角質は通常、古くなってはがれ落ちたものが皮脂によって外に排出されるのですが、肌の再生の働きを持つターンオーバーが遅れてしまうと、古い角質が毛穴に残ってしまうことがあります。


上手く角質が再生できないと皮膚が厚くなり出口である毛穴が狭くなります。すると角質と皮脂が排出されにくくなり、毛穴の中にたまって角栓になってしまうのです。


この角栓が乾燥すると黒くなり、イチゴ鼻となってしまいます。イチゴ鼻を解消するには角栓を除去し、肌のターンオーバーを促すことが大切です。



オリーブオイルでクレンジングする


オリーブオイルは実は人の皮脂に近い成分を含んでいるのだとか。オリーブオイルが含まれたクレンジングやエクストラバージンオイルを使って毛穴を掃除しましょう。


クレンジングをすることで毛穴の中の脂を溶かし、毛穴をすっきりできます。


しかし人の皮脂に近い成分を持っているといってもやはり油です。クレンジングで掃除した後はしっかり洗顔をして油を落としてくださいね。



●酵素系の泡で洗顔する


洗顔をするときは酵素洗顔料を使うのがオススメです。酵素は角質やたんぱく質を分解し、肌をやわらかくする効果を持っています。


酵素洗顔料を使うときに気をつけたいのが温度。酵素は温度が低いと働かず、効果を十分に発揮できません。40度前後のお湯で泡立て、泡で洗うように優しく洗うようにしましょう。


乾燥肌の人は余計に乾燥させ、肌トラブルを起こしてしまうことがあるので鼻の部分だけにすることをオススメします。



●週に1度ピーリングする


角質が上手くはがれないトラブルを解消するために、週に1度はピーリングを行いましょう。


ピーリングをすることで古い角質を取り、新しい肌に生まれ変わらせる働きを促します。小さく円を描きながら軽くマッサージすることがポイント。


またピーリング後は非常に乾燥しやすいため、保湿は絶対に忘れないでくださいね。



化粧水はビタミンC誘導体を使う


ビタミンCには美肌効果がありますが、肌に浸透しにくい性質を持っています。そこで肌に浸透しやすいように改良したのがビタミンC誘導体です。


ビタミンC誘導体が含まれた化粧水を使うと、肌を引きしめ、余分な皮脂の分泌を抑制する効果があります。


またさらに毛穴のひきしめ効果を強くするために、化粧水は冷蔵庫で冷やすと良いのだとか。肌を冷やすことで新陳代謝が活発になり、ターンオーバーを促すことも期待できるのだそうです。



●ベリー系のドライフルーツを食べる


ブルーベリーやクランベリーには抗酸化作用があるアントシアニン、サリチル酸など肌に嬉しいポリフェノールが含まれています。


特にクランベリーに含まれるプロアントシアニジンは、肝臓の機能を活発し体内の余分な水分の排出を促す効果があるため、美肌効果だけでなくむくみの解消にも効果的ですよ。


ドライフルーツなら手軽に持ち歩くことができますので小腹が空いたときに積極的に食べましょう。



いかがでしたか?イチゴ鼻が気になって手を使って角栓を出すなど、ついいじってしまいがちですが、毛穴を大きくしないためにもここは我慢しましょう。




毛穴の黒ずみケア [黒ずみの悩み]

320391.jpg


「鏡を見て最初に気になる場所はどこですか?」と聞かれたら・・・「毛穴黒ずみ」と答える人も多いのではないでしょうか。


顔の中心にある鼻の毛穴だから、その黒ずみは気になりますよね。


でも、気になるからと言って無理矢理毛穴の黒ずみを押し出そうとしたり、洗顔の際、ゴシゴシと強くこすったりすると状況を悪化させてしまうことも。


また、なんとか黒ずみを取り除いても、毛穴を開いたままにしておくと、皮脂や角質、汚れが溜まりやすくなり、ますます黒ずみが目立つという負のスパイラルに陥ってしまう場合もあるので気を付けたいもの。



●毛穴はなんで黒ずむの?


一番の原因は、 「皮脂の過剰分泌」により毛穴が開いてしまうから。その「皮脂の過剰分泌」の原因の1つは食生活です。


脂っこい食事にコッテリとした肉料理、ファーストフードやコンビニ弁当など、外食中心の生活を送っている人は要注意。


体内血液中の脂肪の量は増加し、皮脂の量も必然的に増えて毛穴が開いてしまうのです。そして、最悪なことに開いた毛穴には皮脂が詰まり、白い塊(角栓)になります。


この角栓にごみが付着したり、空気に触れたりすることで酸化し、黒ずみを生み出してしまうのです。



●毛穴の黒ずみを予防するお手入れ方法


黒ずみを予防するには、毛穴を開いて汚れを浮き上がらせるのがポイント。ここでは、毛穴の汚れを浮き出す手軽な方法をご紹介します。


1.肌を温める入浴中の「蒸しタオル」


電子レンジで温めた「蒸しタオル」を顔にのせて毛穴を開かせる方法ですが、入浴中に行えばさらに簡単。


お湯から立ち上がる蒸気の相乗効果でまさに「蒸す」お手入れができます。肌を温めることで、汗とともに汚れが流れ出るので、肌のキメも整い一石二鳥です。


2.蒸しタオルが面倒という人は「ホットコットン


洗顔する前に、クレンジングミルクか乳液を黒ずみの気になる部分になじませる。その後、お湯を含ませたコットンを置いて1分パック。


油分と蒸気力で毛穴の周りが柔らかくなり、汚れが浮きやすくなります。


3.手軽に行うなら「マグカップ蒸し」


温かい飲みものを飲むときに、カップに鼻を近づける。これだけで、簡易スチーマーの出来上がり。


帰宅後、コーヒーなどのホットドリンクで一息ついてから洗顔するならこの方法がオススメです。会社などで顔全体に行えば、乾燥対策にもなります。



そして何より、汚れを浮き上がらせた後は、優しく洗顔してあげることが大切です。よくすすいだら、最後に水で毛穴をきゅっと引きしめてあげるのも忘れずに。


このお手入れを続けるだけで、汚れの入りにくい毛穴になりますよ。汗や皮脂の分泌が過剰になる夏を前に、毛穴の大掃除してみませんか?




デリケートゾーンの黒ずみを改善する方法 [黒ずみの悩み]

022548.jpg


デリケートゾーンの黒ずみを改善したいけど、お手入れ方法が分からないと諦めてしまっている女性は多いのではないでしょうか。


そこで、デリケートゾーンの黒ずみを改善するお手入れ方法をご紹介します。



●専用のソープで優しく洗う


デリケートゾーンはとても刺激を受けやすいものです。刺激を受けると黒ずみの原因となってしまうので、体と同じようにゴシゴシとこすって洗うのは避けてくださいね。


弱酸性の無添加石鹸を使い、顔を洗う時のようにしっかり泡立てお肌を刺激しないように優しく包み込むように洗いましょう。


●しっかりと保湿


美白効果のある成分(ビタミンC誘導体等)が入っているものを使うのがオススメです。化粧水をつける際は、コットンを使って優しく塗ってあげましょうね。


ここでも注意しておきたい事は肌への刺激なので、敏感肌用のものやデリケートゾーン専用のものを使ってください。



●集中パックはヨーグルトのホエー


ホエーとは、ヨーグルトを食べる時に上に溜まっている液体と言えばピンときますよね。


ホエーには美白効果やピーリング効果があると言われており、含まれている乳清タンパク質には抗炎症作用があると言われています。


パックの前に水切りヨーグルトを作る事をオススメします。


パックの作り方は、水切りヨーグルトを作った後に残るホエーをコットンに含ませ、気になる部分に優しく当て、そのまま10分置いて流すだけですが、あなどれない効果があるようですよ。



●お肌に優しい下着・洋服選び


摩擦による刺激が黒ずみに繋がってしまいますので、直接お肌を刺激する下着選びはとても重要です。


毎日は無理でも、一人でリラックスする時間くらいは、お肌に優しい綿素材のものを着けるように心掛けてみてください。


ストッキングやタイトなパンツも摩擦を引き起こしますので、たまにはお肌を休ませるファッションも取り入れてみるといいですよ。



●体の中からケア


ビタミンCやビタミンEを摂取する事がメラニン色素の抑制に効果的です。ビタミンCは、パプリカ、ピーマン、イチゴ、キウイ、ゴーヤ、アセロラジュース等に含まれています。


一方ビタミンEは、パプリカ、さつまいも、うなぎ、ほうれん草、卵(卵黄)等に含まれています。日頃から、たっぷり摂取できるように心掛けたいですね。



いかがでしたか?少しの知識を持つことで、デリケートゾーンの黒ずみの改善に繋がります。どれも簡単にできる事ばかりなので、悩んでいる方は早速試してみましょう。





肌の黒ずみの原因と対策 [黒ずみの悩み]

132923.jpg


「肌の黒ずみ」は、女子の深刻な悩み。しかし、どうしたらいいか分からないものですよね。そこで、肌の黒ずみの原因と解決法を4つご紹介します。



1.ビタミンC不足


しみ・くすみといった、メラニン色素による肌の黒ずみは、「ビタミンC」不足が原因。「ビタミンC」には、メラニン色素の生成を抑える効果があります。


そんな「ビタミンC」は、アセロラドリンクやローズヒップティーといったドリンクで摂るのがオススメ。これらのドリンクには、レモンの10倍~20倍もの「ビタミンC」が含まれていますよ。



2.冷え性


冷え性になると、肌の新陳代謝が下がり、黒ずんだ肌になってしまいます。冷え性を予防するには、七味唐辛子が一番。


七味唐辛子には、血行を良くし、肌の新陳代謝を上げる「カプサイシン」という成分が含まれているので、蕎麦や丼ぶりにかけて、「カプサイシン」を摂りましょう。


小さな瓶サイズのものなら、持ち歩くことも可能ですよ。



3.便秘


便秘は、体に老廃物が溜まっている状態。老廃物は毛穴を黒くし、顔全体を暗い印象にしてしまいます。そこでオススメなのが、蜂蜜入りヨーグルト


蜂蜜に含まれる「オリゴ糖」とヨーグルトに含まれる「ビフィズス菌」が、腸内の善玉菌を増やし便秘を改善させてくれます。



4.疲労


疲労が溜まると、肌のバリア機能が衰え、肌が黒ずんでしまいます。疲労を回復するには、魚に含まれる「DHA」「EPA」といった「不飽和脂肪酸」、お酢に含まれる「クエン酸」が必要となります。


それらを上手に摂るには、お寿司を食べるのが一番。自分へのご褒美として、週1でお寿司を食べるのもオススメです。



いかがでしたか?これらの項目を参考に、肌の黒ずみを防ぎ、綺麗な肌を目指しましょう。



nichiei 農薬不使用 野生 ローズヒップティー ファインカット 500g 5ccスプーン付 UB



毛穴の黒ずみ [黒ずみの悩み]

002834.jpg


毛穴の黒ずみは、一般的に加齢による毛穴の開きや、肌に合わないスキンケアなどが原因とされていますが、特に小鼻の周りは角栓も気になるという方が多いようです。


角栓は、古い角質と毛穴に詰まった皮脂が混ざって固まったもので、これが毛穴の黒ずみの原因になっています。


毛穴の黒ずみは、自分の肌に合うものできちんと洗顔して、汚れを洗い流すことも大切ですが、もっともやっていただきたいケアは、毛穴が開かないようなお手入れをするということです。


そもそも、なぜ毛穴が開いてしまったのでしょう?幼い子どもの毛穴はどこに毛穴があるのかわからないくらい、つるつるで、きれいですよね。


もちろん毛穴は、年齢による肌のゆるみで目立ってきてしまいますが、20歳前後の年齢の方は加齢によって毛穴が開いているのはないと思います。


加齢が原因ではない場合、おそらくケアの仕方に問題があったり、洗顔料、スキンケア、メイク品のどれかに、肌に合わないものがある可能性が高いです。


もちろん年齢を重ねても、日頃からケアをしていれば今より良い状態になることもできます。毛穴の黒ずみで悩んでいる方は1度、自分のケア方法を見直してみましょう。


まずは何と言っても、洗顔が重要。黒ずみ、角栓の元となる皮脂汚れをきちんと洗い流しましょう。


メイクの残りは、黒ずみだけではなく肌荒れにも繋がっていきますので疲れて帰った日でも、帰宅したらすぐにメイクを落とすように心掛けたいですね。


「疲れた~!」と言ってそのままベッドでお休みなんて絶対にNGです!きちんとメイクを落として、しっかり洗顔を行いましょう。













お尻の黒ずみ [黒ずみの悩み]

056559.jpg


おしり黒ずみは、見えないので気が回りにくい部分ですが、事務職の女性は特に注意が必要であること…ご存知でしたか?


デスクに向かって1日中座っていることが多いため、おしりを圧迫し、自分で思っている以上に負担をかけているのです。


特に、やせていて、おしりのお肉が人より薄い人や、通勤距離が長く、自動車・自転車・電車に座っている時間が長い人は、おしりの黒ずみができやすい傾向にあります。


大好きな彼に見られる体は、すみずみまできれいでいたいもの。彼だけに見せる部分ともなれば、なおさらですよね。


ちなみに、8割の男性がラブタイム中におしりを見ているというアンケート結果もあります。


おしりの黒ずみをしっかりケアし、彼に「きれいだよ」と言われるような体を目指すためには、どうすればいいのでしょうか。


まずは自己チェックをしてみましょう。おしりの黒ずみは、鏡を使っても見えにくいですが、自分で確認することができる方法もあります。


皮膚が乾いている状態で、手のひらでおしりに触れてみてください。 ざらざらしていませんか?


もしざらつきがあるようなら、おしりに黒ずみの元である古い角質が蓄積している可能性があります。これは、肌のターンオーバーが乱れてしまっていることが大きく関係しています。


おしりの黒ずみをつくらないためには、日ごろのケアも大切です。座り仕事が多いなら、時々席を立ち、おしりの負荷を下げましょう。


座り方を変えて刺激を減らしたり、ふかふかのクッションをしいておいたりするのもいいですね。日常生活を少しずつ見直して、彼に見られても自信が持てる体を目指しましょう。



黒ずみ用泡パック石鹸






ビキニラインの黒ずみ [黒ずみの悩み]

039968.jpg


ひじやひざなど見える部分はケアをしていても、見えない部分のお手入れはおざなりになってしまいがち。


特にビキニラインの黒ずみは、「どうしたらいいかわからない」「恥ずかしいから相談できない」など、人知れず悩んでいる方も多いのではないでしょうか?


また、可愛らしい下着やおしゃれな水着など、「ここぞ!」というおしゃれの時に気になる、ビキニラインの黒ずみ。


「彼にどう思われてる?」など、悩んでいる方も多いようです。実は、黒ずみを「汚れなのでは?」「清潔感がない」など、 マイナスのイメージにとらえている男性も少なくはありません。


デリケートゾーンの黒ずみについて、男性を対象にとったアンケートの結果は以下のとおりです。


Q.女性のデリケートゾーンをみて「黒ずんでいるな」と感じたことはありますか?

・はい / 68人

・いいえ / 28人


Q.黒ずんでいるデリケートゾーンは、どのような印象ですか?

・経験が多いのかな、と思う

・若々しさを感じない

・実際そうじゃなくても普段みえないところだから気を抜いて手入れしてないのかなと思ってしまう


Q.黒ずんでいないでデリケートゾーンは、どのような印象ですか?

・きれい(興奮する)

・清楚でかわいらしいイメージ

・清潔感があり若々しくみえます

・清潔感がある。女性らしい。生活が丁寧そう。

キレイでちゃんとお手入れしてる感じ


多くの男性が女性のデリケートゾーンを見たときに「黒ずんだ印象」を感じ取っていて、 「清楚さ」や「若々しさ」などの印象を抱いているとなれば、やはりできれば良い印象を持ってもらいたい…と思う女性が多いのではないでしょうか。


男性の中には「経験人数が多いのでは?」と考える方もいるようですが、「黒ずみ=経験人数が多い」は間違いです。


ビキニラインの黒ずみは、汚れの蓄積だけではなく摩擦などの刺激や、皮膚のターンオーバーの乱れによる色素沈着などが原因で起こります。


日々体を洗っていてもビキニラインの古い角質を洗いきれないこともありますし、不衛生にしている、経験人数が多いなどで黒くなるわけではないのです。


それでは、どんなケア方法があるのでしょうか?おすすめするのはこんな方法です。


●肌への摩擦や刺激にならないような下着を身に付ける

ゴムで締め付けないようにサイズの合った下着を身に付ける、肌を刺激しない素材のものを選ぶなど下着選びに気をつけましょう。


●正しい方法でアンダーヘアのケアを行う

Vラインの皮膚にトラブルが起こらないように、アンダーヘアを短くカットする、毛質をしなやかにするなどお手入れをしましょう。


ケアをしなくてはと思ってはいても、他のボディパーツのお手入れの方を優先して、後回しになってしまいがちなビキニラインケア。


しかし、後回しにすればするほど、黒ずみは時間とともに蓄積されてしまいます。早めにお手入れを始めるのがおすすめです。


1人で抱えがちなデリケートゾーンの悩みも、最近ではお手入れに対する女性の意識も高まって、積極的にケアをしている方が増えてきました。


Q.デリケートゾーン(Vラインなど)を1度でもケアをしたことがある人に質問。お手入れは何のためにしましたか?

恋人のため/552件

●自分のため/253件

●興味があったから/55件

●その他/12件


アンケートでも、多くの女性が「恋人のために」お手入れをしていることがわかりました。 女性の身だしなみの一つとして、ケアを取り入れていきたいですね。






泡パック石鹸   アンダーヘアトリートメント Vライントリマー  Iラインシェーバー  パーフェクトセット





ひざの黒ずみ [黒ずみの悩み]

032829.jpg


膝の黒ずみ、気になったことはありませんか?スカートになったときなど、擦れた跡なのか、黒ずんでいるように見えたりすることがあります。


普通にお風呂などで洗っていても、なぜか汚れが目立ってしまうのが膝。


特に電車などで吊革につかまって立っているときに、ちょうど目の前に座っている人の目先に自分の膝があるときなど、とっても気になりますね。


しっかりケアしておらず、膝の黒ずみなどがあると、それだけで恥ずかしい気持ちになってしまうこともあります。


そもそも膝は体の中でも比較的皮脂腺が少ないパーツなので、皮脂や汗がほとんど出ません。うるおいが少ないため、刺激に対してかなり弱い部分なのです。


そのわりに膝は酷使されやすく、膝をついてしまったり、ぴったりしたジーンズをはいたり脚を組んだりと、膝がこすれる動作を繰り返すことで肌が刺激され、色素沈着を起してしまいます。


膝の黒ずみをケアするなら、まず第一に、黒ずみの原因となっている“習慣”を見直しましょう。手厚いケアをしても、クセが治らないと再び黒ずみを作ってしまいます。


黒ずみの原因となる習慣とは、必要以上に床に膝をついたり、入浴時にナイロンタオルで体を洗ったり、締め付けすぎるパンツをはいたり…などです。これらのクセを改善するだけでもかなり変わってくるでしょう。


すでに黒ずみになってしまった部分のケアも大切です。皮膚が硬くなればなるほど黒ずみも進んでいきます。まずは膝の皮膚をやわらかくするために、湯船にゆっくりと入ったり、スクラブでやさしくマッサージを。


ゴシゴシこすると刺激になってしまうので注意してください。頻繁にやりすぎてもよくないので、月に1~2回程度がおすすめです。また、お風呂から出たら化粧水で保湿し、クリームやオイルなどで水分にフタをしてあげます。


膝の黒ずみを放置していると、毛穴が目立ったり、角栓ができてしまったりと、良くなることはありません。


反対に、黒ずみができやすくなるクセを正したり、ケアをするだけで肌のターンオーバーが正常になり、黒ずんだ肌をどんどんとはがしてくれます。


とにかく、日々の継続が大切!この機会に、膝の黒ずみケアを始めてみてください。



気になる黒ずみ集中ケア




シルク垢すりタオル




シルク垢すりタオル&泡パック石鹸






乳首の黒ずみ [黒ずみの悩み]

018546.jpg


ちくびの黒ずみ、気になりますよね。一説には、性体験が多いと黒くなる、と言われますが、実際は迷信であるようです。性体験が多くても、きれいなピンク色のちくびの人もいれば、性体験が少ない人の中にも、黒い人はいます。


「乳首が黒いから、『初めてじゃないでしょ?』と言われた」という女性もいるほどですが、乳首の黒ずみの原因は、性体験のせいではありません。


こんな男性からの勘違いは、悲しいですよね。男性にも女性の体のこと、分かってほしいものです。


肌の色が人それぞれ生まれつき違っているように、バストトップの色も、その人の持つ肌色次第で変わります。ピンク色、小麦色…カカオやブドウのような色など、乳首の色も様々あります。


ただし、古い角質の蓄積や色素沈着など、年齢を重ねるにつれて昔の透明感が失われてしまうことがあります。たとえば、最も女性の乳首の色が変化するのは、妊娠の時です。


なぜ妊娠をすると、バストトップが濃く黒くなるのでしょう?それは、授乳に備えて、肌を守るためです。妊娠や出産で、色素沈着が加速し、黒褐色になることもあります。


大きさも変化します。出産を経験し、「バストトップが黒くなった」と感じる女性は、とても多いのです。


「妊娠や出産で黒くなったちくびをピンクにする方法があったら、知りたい!」そんなふうに思っている方も多いはずです。バストトップの色は、元には戻らないのでしょうか?そんなことはありません。


古い角質による乳首の黒ずみは、角質をしっかりケアすることで解消できます。きちんとバストトップをケアすれば、その人本来の肌色に近づけることができます。









鼻の黒ずみ [黒ずみの悩み]

125446.jpg


鼻の黒ずみ は、多くの女性が悩んでいる、肌トラブルです。小鼻の黒ずみが気になって、好きな人に近づくのをためらってしまう…そんなケースもあります。


もし、お手入れをすることで、プツプツがなくなったら?自分から積極的に、彼にアプローチできるかもしれません。


鼻が黒ずむ原因は、何なのでしょう?理由の一つは、毛穴にたまった汚れが取り切れていないせい。汚れを毛穴から浮かせ、しっかりと洗い流すことが必要です。ツルツルの肌のために、まず洗顔を見直しましょう。


洗顔を見直すといっても、間違った方法では、ますます鼻の黒ずみが目立つ結果になってしまいます。


毛穴の汚れを吸着するシートやパック。これらの使い過ぎには注意が必要です。肌に負担がかかるだけでなく、汚れが取れたとしても、毛穴が開きっぱなしになりやすいのです。


結果、さらに汚れがたまりやすくなって、以前よりも小鼻が黒ずんで、プツプツしてしまうことも。


鼻の黒ずみの原因は、毛穴が汚れで詰まること。毛穴が汚れて詰まっていては、肌にうるおいが届かず、乾燥してシミやシワ、たるみの原因にもなります。汚れの詰まりは、多くの肌トラブルを招いてしまうのです。


そのため毛穴対策としては、毛穴の汚れをきちんと落とし、うるおいをしっかり補うことが不可欠。毛穴の奥にある汚れもしっかり浮かせ、洗い流して清潔に保つことが大切です。


鼻の黒ずみの原因は、年齢で異なります。


●10代: 皮脂分泌が活発な時期。ベタベタし、毛穴が詰まりやすい。

●20代:皮脂分泌に、個人差が出始める。
     ケアを間違うと、汚れや化粧残りが毛穴に詰まる。

●30代:加齢により、肌に影響が出始める。
     乾燥や弾力・ハリ不足どから、毛穴が開き、汚れがたまりやすい。


また、鼻の黒ずみにはさまざまなタイプがあります。


●たるみ型
年齢を重ねることで増加してくるのがこちらのタイプ。鼻や、鼻側の頬から生じます。加齢によるコラーゲン不足などで、スカスカ状態に。弾力が足りず、毛穴が大きく口を広げています。

●ポツポツ型
皮脂の分泌が盛んなことで、毛穴の中に、汚れや余分なものが詰まった状態です。皮脂と角質が混ざり合い、角栓状態。これでは汚れが詰まり続ける一方。ほこりやヤニ、ファンデーションも汚れに混ざってしまいます。

●黒ずみ型
ポツポツ型がさらに進んだ状態です。詰まった皮脂、角栓に汚れがくっついて酸化し、毛穴が黒ずんでいます。間違ったお手入れや紫外線の影響で、色素沈着を起こしていることも考えられます。

●クレーター型
炎症を起こしてしまったプツプツがつぶれるなどして、ポコポコしたクレーター状態になったものです。プツプツができる⇒つぶす、を何度も繰り返していくうちに、復旧できにくくなることも。


クレンジングオイルの多くは、強めの界面活性剤や洗浄成分が配合されています。それによって、油性のメイクを浮かし、落とします。


この洗浄成分などのために、肌に刺激を感じるケースもあります。また、クレンジングオイルの中には、肌の油分やうるおいを取り過ぎてしまうものもあるようです。


ツルツルな肌のために、小鼻の黒ずみを解消する正しいケアを身につけましょう。






詳細はこちら↓



ダブル洗顔不要の毛穴ケアD.U.O.クレンジングバーム







黒ずみの悩み ブログトップ



さまざまな女性のお悩みを解決する”悩み解決”の総合情報サイト

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。