So-net無料ブログ作成
パートナーの悩み ブログトップ

男性不妊と精子について [パートナーの悩み]

158222.jpg


男性不妊とは、男性側に不妊の原因があることを言います。これまで不妊について語られるとき、ほとんどが女性の側に原因があるとされてきました。


しかし「不妊の原因の半数は男性側にある」とも言われており、近年は男性不妊が注目されています。


男性は子どもができない原因を、女性側に押し付けてしまいがちで、病院などにも行かず、不妊の原因が不透明になってしまうこともあります。


しかし、精子チェッカーなどを使い、最近では簡単に無精子症・乏精子症などを見つけることができます。そのため、早い段階で調べ、生活習慣や食生活の改善などをすることで、精子運動率もアップすることも可能です。


また、男性不妊の要因として、ストレスも挙げられます。ストレスがセックスレスに繋がることもありますので、夫婦関係での注意が必要です。


ストレスによる精子量の減少など、女性不妊以上に男性不妊が現在、問題視されてきています。ここで男性の精子について、おさらいしておきましょう。



●精液について


睾丸で作られた精子は、 副睾丸に運ばれて、ここ10日~20日間蓄えられます。この間精子は成熟して、前進運動をする能力などを獲得します。


そして、副睾丸から精管といわれる管を通り、精嚢から分泌される精嚢液によって成熟して、前立腺から分泌される精漿と混ざり合って、精液が作られます。


精子がつくられはじめてから、射精まではおよそ70日かかります。1回の射精で放出される精子の数は、1~4億匹にも及びます。



●精子(精液)寿命


女性の体内での精子の寿命は3日~7日といわれバラつきがあります。 文献によって書いてあることがバラバラだったりします。



●オタネニンジンの精子欠乏(男性不妊)改善


オタネニンジンの果実が使った実験を神戸大学で行われております。不妊治療の男性24人に2~5ヶ月間投与しました。その結果、精子数増加が70.8%、精子の運動率が66.7%増加したという結果になりました。


また、愛媛大学では、ストレス性のインポテンツにオタネニンジンの果実が有効だという報告もあります。


単純に精子欠乏症だけでなく、回春作用、精神抑制、ストレス解消作用なども考えられ、男性・女性も体調がどんどんよくなります。



●オタネニンジンの精子欠乏(男性不妊)改善


酵素が活性化するのに不可欠なミネラルです。なかでもたんぱく質の合成と大きな関係があります。 また、亜鉛はセックスミネラルとも言われており、精子をつくるには亜鉛が不可欠だと言われています。



●マカと精子について


マカは、学名を「レピディウム メイェーニ ワルプ」というアブラナ科に属し、アンデスの海抜4000メートル以上の高地・フニン県で栽培されている植物です。


炭水化物、タンパク質、アミノ酸、脂質、ミネラル、ビタミン、などの栄養素のほかに、アルカロイド、アントシアニン、サポニン、ステロイド、テルペノイドといった機能性成分が含まれています。


欧米でマカの研究が盛んになったのは、この栄養価の高さと薬効作用に着目されたためです。



亜鉛、マカを配合    ラブサプリ       大人のコーヒー





加齢臭の原因と対策 [パートナーの悩み]

090213.jpg


男性がある一定の年齢に達すると出てくる『加齢臭』。中年男性の、あの独特の臭いは、女性としてはちょっと気になりますね。


通勤電車では、ヘアトニックの香りや前日の焼肉などが一緒になって、朝から大変です。その臭いが、彼から出てきているとなると、それは大問題。


なんとかしなくては!出ているかのチェックとして、彼の衣服から青臭さと脂臭さの臭いがしたら、加齢臭を疑ってみてもいいかもしれません。


ですが、ちょっとした工夫で簡単に対策できるんです!年齢による臭い、加齢臭の原因をしっかり探り、予防対策をしっかり行って、彼をあの加齢臭から、守ってみましょう。


加齢臭の臭いのもとはノネナールという物質と言われています。人間の肌には、潤いを保つための皮脂腺があります。この皮脂腺の中に、脂肪酸が含まれています。


それが年をとるにつれて、酸化されてできるのがノネナールです。若者の皮脂のなかにはほとんど存在せず、40歳代から急増するようです。


ノネナールは、性別問わず出るのですが、同じ年齢の男女を比べると、男性よりも女性のほうがノネナールが少ないようです。


それは、女性に比べて男性は、汗をかきやすく皮脂の量が多いので、酸化してノネナールが出やすいため。さらに、動物性脂肪の多い食事や、たばこやお酒の飲むことによって増えるとも言われています。


現に、某メーカーの研究でも、男性の年齢による体臭は、男性よりも女性に不快感を与えている、という結果が出たとか…。


加齢臭を予防するためには、まずは清潔にすること。きちんとお風呂で洗って、洋服なども常にキレイなものにしましょう。


食事は、体が酸化されるのを防ぐために、ビタミン類や食物繊維を多く採ることが大切です。動物性脂肪の多い食事や、お酒・タバコは控えるようにしてください。清潔で規則正しい生活が1番ですね。


お風呂でのケアは、消臭石鹸をおすすめします。肌の汚れや余分な油っぽさは、消臭石鹸で洗い落とし、さっぱりしましょう。毛穴に詰まった臭いの原因の過酸化脂質は、普通の石鹸での洗浄では充分に取れない場合があります。


ワキの臭いや足の裏の臭い、ムレたデリケートな部分の臭いをキレイに洗い上げます。すっきりとして肌やデリケートゾーンの、不快な思いもさっぱりとした気持ちへ。


消臭石鹸で清潔にすることで、臭いをもとから清潔にしたら、次は衣類や布団の臭いケアです。体がきれいになっても、十分ではありません。長年こびりついた衣類や布団の臭いもケアする必要がありますね。


毎日同じスーツを着たり、布団を乾かさなかったり…。特に汗をかく夏などは、こまめに下着等を変えて、清潔にする必要があります。


また、消臭スプレーなども上手に活用しましょう。よくある芳香剤の多くは、より強い芳香成分で悪臭を感じさせないようにします(マスキング消臭)。


このような方法では、悪臭がきついとき、臭いが混ざり合ってさらに悪臭になってしまったことはありませんか?加齢臭で特にマイナスなのは、ヘアトニックなどと混ざった臭いになってしまうことです。


消臭スプレーを使うときは、除菌・消臭をして『臭いを元からとる』タイプのものを選びましょう。




包茎について [パートナーの悩み]

151900.jpg


日本人の多くが包茎であると言われております。包皮を除去する手術もありますが、医学的・健康的な理由はまったくないという意見もあります。


包皮を除去するとペニスを清潔に保てると言われておりますが、これはきちんと洗えば済むことで、清潔にしていれば問題はないとも言われています。


包茎とはそもそも亀頭部に包皮がかぶっている状態をさします。この状態は寒い時などは誰でもなることがあります。決して異常ではありません。


包茎は大別すると3種類あります。 いったい包茎とはどのような状態のことを言うのでしょうか?


●仮性包茎

その程度によって、手術が必要な場合と手術しなくとも支障がない場合とに分けられます。

手で包皮を反転させると自然に亀頭部が露出し、痛みもなく、内部を清潔に保てるようであれば、早急な手術は必要ありませんが、問題もないわけではありません。

手術するしないは、専門病院の医師に相談した方がいいでしょう。包茎矯正リングなどのお助けグッズもあります。


●真性包茎

真性包茎とは、包皮の口が狭くて亀頭を露出できない状態のことをいいます。

また、程度によっては、排尿時に包皮が風船のように膨らんだり、包皮の内側に雑菌や恥垢が溜まってしまい、泌尿器系の病気の原因になったりします。

乳児期は包茎の子供が多く、成長とともに自然治癒もありますので1歳頃までは経過観察でもよいのですが、炎症をおこしたり痛みがある場合はできるだけ早く、泌尿器科を受診することが肝心です。


●カントン(嵌頓)包茎

真性包茎に比べ包皮口が広いが、亀頭よりは狭く、亀頭が露出できない状態。

無理に亀頭を露出させると、 めくれた包皮に亀頭が締め付けられ、ソフトボール大になったり、壊死を起こしたりします。すぐに泌尿器科医か形成外科医を受診してください。


真性やカントンにつきましては、泌尿器科にご相談することをおすすめします。仮性包茎につきましては、ご自身の努力によって克服できる場合があります。



包茎矯正リング    男性自身を鍛える





ED(勃起障害)の悩み [パートナーの悩み]

135241.jpg


ED(勃起障害)には様々な原因があげられます。メンタル的なものだったり、体の疲労、年齢・・・などなど。男性だからと言って、いつも発情していられる訳ではないんです。


EDだと思っていたら、実は違う病気だった、なんて怖い話しもあるくらいです。パートナーとしては、男性のことをもっとちゃんと考えてあげなくてはいけません。


ED(勃起障害)には大きく分けて、3つの要因があげられます。ひとつは勃起機能は正常であるが、心理的要因によって性交が出来ない「機能性勃起障害」。


ふたつめに陰茎の支配神経、血管、組織などの障害や内分泌機能障害により充分な勃起が得られず性交ができない「器質性勃起障害」そして、最後に両者の混合型や原因が不明の勃起障害があげられます。


器質性勃起障害の場合は泌尿器科的な手術などの治療が必要になる場合が多くなります。


機能性勃起障害は、精神的な原因が多く、カウンセリングなどで改善が見られるケースもよくあります。男性は勃起できないことに対してとてもナイーブなもの。


決して傷つけるような言葉はかけないで。治療が終了するまでは彼をいたわってあげるような、愛の交わし方を模索してみるのもいい経験かもしれませんね。


男性が勃起できなくなることは、よくあることです。疲れていたり、他のことを考えていたり、ストレスでセックスをする気になれないときは、起たないことがよくあります。


このようなときには勃起しないという事実を無視してしまいましょう。


あまりこのことを気にしてしまうと、心因的な機能性勃起障害になってしまうこともあります。 普通でしたら、次のときにセックスをしたくなれば自然に勃起できるはず。 あまり気にしないで・・・。


■バイアグラについて

1998年に男性にとって、特別な薬が登場しました。それがバイアグラです。セックスの30分から1時間前に服用すると、男性の血液の流れに影響を与え、勃起できるようになります。この薬は医師の処方箋がないと服用できません。バイアグラを服用すると、副作用を経験することもありますので、必ず医師の指導のもとに使ってください。



ミネラル、亜鉛配合!夜のやる気と愛情を応援




男性の燃えるような心に火をつける!?ラブサプリ




ちょっとエッチな気分。クセになるコーヒー!










早漏の悩み [パートナーの悩み]

142367.jpg


射精のタイミングを上手くできずに悩んでいる彼氏も多いかもしれません。早漏というのは基本的には「射精したい」と思う前に射精してしまうことを言います。


早漏は、男性がペニスを挿入した数秒後に射精してしまう場合もありますし、あまりにも興奮しているときは、入れる前に射精してしまうこともあるかもしれません。


2人の間で、Hが盛りあがって、2人とも「いきたい」と思い射精するというのがベストですが、そこまで行かずに早漏で終わってしまうと、ちょっと寂しいです。


女性としても寂しいのですが、男性としてはもっと寂しい思いをしているはずです。


いいことじゃないですか!それだけあなたに感じてるってことです。「本当に好きな女性を相手にすると緊張してしまって、やたら早く出てしまう」という男性は割と多いようです。


遊びでのセックスだとコントロール可能な人も、本気のセックスではコントロール不可能になって早漏になってしまうようですね。多分1番多いのはこのパターンです。


困っているのは彼が早くイッてしまうことではなく、「そんなに早く出ちゃうと私、物足りない」って不満に思っていることでしょう。


ここで逆に質問です。前戯はどうですか?


前戯で充分に感じられていれば、挿入自体が短くても、早漏でもかなり満足できるはずです。前戯でも何もしてもらわないで、こっちだけフェラチオするばっかりで、入れられたらすぐ終了では、誰でも満足できるはずがありません! 


思い当たる人は前戯を変えてみてはいかがでしょう。


あとは「若い男性」にも当てはまるかもしれません。特に10代の男の子に長いセックスを求めるのはちょっと難しいかもしれません。そのうち、早漏ではなくきっといいセックスができるようになる!今は準備期間なのかもしれないです。


それから本当に早い人。なかには本当に入れたらすぐ出ちゃうって人もいますよね。でも膣内での刺激を味わいたい。指だけで物足りないなら、そのときはグッズを使うのも手です。


強い人なら2回、3回のチャレンジを。10代の男の子でも、絶倫を誇る男性でも1回目よりは2回目、3回目の方が持続時間は長くなり、早漏を防ぐことができるかもしれません。


盛り上がった気持ちが冷める前に2回目にチャレンジしてみるのもオススメです。


早漏を治すのには、ある程度訓練が必要のようです。気持ちよくなって、いったん止めるというようなことを繰り返したりします。しかしこれはすぐに治るものではなく、ある程度の期間が必要です。


また、「握り締めテクニック」などもあります。イキそうになったら、動かすのをやめ、ペニスの根元か亀頭の下の部分を強く抑えます。これをすると、興奮が減少し、射精したいという感覚が少し収まり、早漏の防止につながります。


しかしそのために努力するのはとっても大変です。 そんなときは早漏防止をサポートするグッズに頼るのもいいかもしれません。



「早い」を防止!内側に塗られた特殊ゼリーがロングプレイを可能に!




早めの方に厚めコンドーム。ロングプレイを楽しめる、極厚スキンです。




亀頭にすっぽりかぶせて、吸引&振動しながらカリ部分を刺激する。










パートナーの悩み ブログトップ