So-net無料ブログ作成
心の悩み ブログトップ
前の5件 | -

ストレスを解消する食べ物 [心の悩み]

512989.jpg


会社で叱られてイライラ、恋人とケンカしてイライラ、家に帰っても寝る時間が少なくてイライラ…。今の社会でストレスを感じずに生きるのは至難の技ですよね。


でも、そんなイライラを抱えていると、いいことが起こったことにも気がつかなくて負の連鎖が始まってしまいます。日頃から溜まったストレスに対抗できる身体は持っておきたいところです。


ここでは、ストレスを解消するために食べたい食べ物をご紹介します。



●ブルーベリー


目の疲れに効くといわれているブルーベリーですが、コルチゾールの生産を抑える効果があります。コルチゾールはストレスを感じると分泌されます。


イライラしてきたなと感じたら、ブルーベリーを食べてみるといいですよ。



●牛肉


ストレスを感じて焼肉を食べたくなったという話もよく聞きますよね。牛肉に含まれるタンパク質は、ストレスから起こる不安を軽減する作用のある副腎皮質ホルモンの合成に必要な酵素です。


牛肉以外でも、豚肉やまぐろ、卵などもタンパク質を多く含むのでOK。タンパク質は炭水化物より多く摂っても太りにくいので、体重を気にする女性には優しいですよね。



●カカオ


カカオといえばチョコレート。カカオにはフラボノイドという成分が含まれています。フラボノイドを摂るとリラックスした気分になることができますよ。


チョコレートで選ぶなら、カカオ70%以上の物を選ぶのがオススメです。また、スムージーなどに加えてみるのも手ですね。



●くるみ


くるみには精神的な不安に効果のあるリノール酸やビタミンEが多く含まれています。ただし、量を多く摂らないとあまり効果がありません。


職場でのおやつやサラダと一緒に摂るなどして、量を増やす工夫をしてみるといいでしょう。



●牛乳


ストレスを感じて胃が痛くなった時には、胃の粘膜を守るためにも牛乳を、なんてことを聞いた事がある人も少なくないのではないでしょうか?


そして忘れてはいけないのが、カルシウム。カルシウムは神経を沈静させる効果があるので、ストレスを感じた時に飲むと自然と落ち着いてきます。夜眠れないときにホットミルクなどがいいのもこのお陰です。



いかがでしたか?ストレスを受けないように生活していくことは難しいので、解消方法や改善方法を身につけておくことが重要ですよね。




先が見えなくなった時に [心の悩み]

425945.jpg


仕事、恋愛、日常生活の中で時にふっと先が見えなくなることってありますよね。


目標を持って切磋琢磨していたのに、その目標がうまく自分が思っていたように達成できなかったときなどに起こりやすいもの。


ここでは、先が見えなくなった時に頭をクリアにする4つの方法をご紹介します。



1.目標に向かって走っている人の話を聞く


周りの友人や同僚で、目標に向かってポジティブに走っている人がいるはず。


そういう人達のモチベーションの高さにふれるようにしましょう。そして、彼らが物事につまずいてしまった時の対処法を聞いて参考にしてみましょう。



2.人生計画を立て直そう


1つの予定が狂ったところであなたの人生が終わりというわけではありません。今一度あなたの長期的な目標、そして短期的な目標を紙に書きだしてスケジュールを組みなおすようにしましょう。



3.作戦Bを考えよう


あなたが温めてきた作戦Aが失敗してしまった場合、作戦Bを考えましょう。作戦Aを考えることが出来たあなたなら、作戦Bを考えることができるはず。


作戦Aが失敗した理由と原因を追究し、解決策を見出すのです。自分一人で難しい場合は他の人の意見を取り入れましょう。



4.できないことに固執しない


作戦Bを考えても、自分には出来ないと判断した場合、すっぱりと諦めましょう。


諦めるというとどうしてもマイナスのイメージがあるかもしれませんが、ストレスを感じながらできないことに固執しつづけるより、他の得意なところを伸ばしたほうがよっぽど生産性もあがり、自分のためにも周りのためにもなります。



いかがでしたか?先が見えなくなった時って、気持ちがネガティブになりがち。でも1つ心得ていてください。先が見えなくなる状況って、あなたが頑張って何かをやっている証拠なんです。


そんなあなたには絶対に光が先に見えてくるはずです。




心を穏やかに保つためには? [心の悩み]

453504.jpg


予定が詰まりに詰まっていると心の余裕もなくなってくるものですよね。


イライラしたり、やっちゃいけないと分かっているものの、誰かに八つ当たりしてしまったりなどなど、心の余裕がないといいことがありません。


そこで、心に余裕を持たせ、穏やかに保つためのとっておきの4つのアドバイスをご紹介します。



1.忙しいのは自分だけではないことを理解する


自分だけが時間や仕事に追われて忙しくて押しつぶされそうだと嘆いていませんか?周りを見てみましょう。


みんな同じ一日24時間の中でやらなければならないことをやりくりしているんです。忙しいのはあなただけではありません。まずはそれを理解しましょう。



2.出来ないことは他の人にお願いしよう


今あなたが抱えている、やらなければならないことは、本当にあなた自身がやらなければならないことですか?


他の人にお願いできることもあるのではないでしょうか?自分が不得意なことは、友人や家族でその事柄を得意としている人にお願いして助けてもらうようにしましょう。



3.やるべきことを紙に書きだして順位をつける


頭の中だけでは整理しきれないことってあるんです。そういうときは、やらなくてはいけないことを全て紙に書きだしてみましょう。


そして、2でお話したように他の人にお願いできるものはお願いする。その後、自分でやるべきことに優先順位をつけてこなしていきましょう。



4.合間合間で自分を褒める


心の余裕がなくなってしまうほど忙しいあなたはきっと、色んなことをがんばっている証拠なんです。


そんな中で、自分が達成したことや、がんばっていることを褒めてあげるようにしましょう。そうすることで。やる気がまた湧いてくるものです。



いかがでしたか?忙しくがんばるあなたに、心の穏やかさが加わればもっと魅力的な人になれるはずですよ。




自分の考え方のクセを知る方法 [心の悩み]

376305.jpg


あなたは、自分の「考え方のクセ」を、どこまでわかっていますか?何かに悩んだり、うまくいかないなーと思った時、もしかすると自分の「考え方のクセ」に原因があるかもしれません。


例えば、アドバイスをもらったときに責められていると感じてしまったり、何かを断られたときに嫌われていると思いこんでしまったり・・・。


そんな自分の「考え方のクセ」を知り、別の考え方ができるようになると、ちょっとしたことでは落ち込んだりしなくなり毎日ハッピーに過ごせるようになりますよ!


自分自身の「考え方のクセ」を知るためにオススメなのが「日記」です。ただ普通に出来事を書くだけの日記ではなく、「自分の感情が動いたときの出来事」を日記に書いていきます。


「考え方」が変わると「行動」が変わります。その結果として周りの環境もいい方向にだんだんと変わっていくものです。


具体的にその方法についてご紹介しますので、ぜひ試してみてくださいね。



●どんなときにネガティブな感情が出てくる?


誰かに見せるわけではありませんので、自由に、思うままの表現で「感情が動いたときの出来事」をそのまま書いてみましょう。


特にネガティブな感情を感じたときのことを詳しく書いてみてください。そうすることで、 「何で不安なのか」「何で嫌なのか」が文字になって現れてきます。


今までもやもやしていて、漠然としていた「ネガティブ感情の正体」が見えくることで、落ち着くことができます。


また、日記を書くことで「自分はこういうときに怒りの感情がでるんだ」「自分はこんな小さなことでクヨクヨしていたんだ」というように客観的に自分を見る視点を持つことができます。


例えば、他人のことでイライラしてしまうことが多い人は、自分にもとても厳しい人なのかもしれません。その自分に対する厳しさを、他人にもおしつけてしまっている可能性に気付くことができます。


客観的に自分をみつめ、小さな気づきを繰り返す・・・これが、自分を知り、自分を変えていく力になるのです。



●日記を書いた後に大切なこと


色んな感情を日記に書き、自分のネガティブ感情と向き合った後は、今日嬉しかったこと、自分の良かったところだけ思い出してみてください。



良かったことや自分のいいところもきちんと認めて、いつでもハッピー女子を目指しましょう!




心を軽くするコツ [心の悩み]

397939.jpg


いつまで経っても悩みが無くならない。一体どうしたら、この悩みが消えてくれるのかと考えることはありませんか?


いつも楽しそうで悩みなんてなさそうな軽やか女子になりたいって思いませんか?でも、悩みが一つ消えても、また一つ生まれ、それらが全て無くなることはなかなかありません。


なぜなら、悩みを作りだしているのは他でもない自分の考え方だからなのです。


でも、もし発想の転換ができれば・・・?重い心を引きずらずに、悩みなんてなさそうな軽やか女子に近づくことができるのです。



●選択の自由があることを知る


例えば・・・お腹を空かせた小さな子供を抱えたある母親が、ポンと外に放り出されたとき、まず一番初めに考えることは「この子に何か食べさせなければ」です。


そして次に「寝る場所を探さなければ」。それから「働いてお金を得て、子供を育てなければ」。つまり、母親は悩むヒマも、選択の余地もなく、すぐに考えて行動しなければならない状況なのです。


もしも、ずっと悩んでいることがあるのならば、自分は今、悩むヒマも、選択の余地もあるのだと考え直してみてください。自分で選択できる自由を持っているのです。



●『発想の転換』で思い込みから自由になる


“こうでなければいけない“という思い込みにとらわれると、ココロが苦しくなります。


例えば学生で勉強ができないと悩んでいる方・・・。勉強ができなくてもいいんです。偉人と呼ばれる人も、著名な人にも、勉強が苦手だった人は沢山居ます。


学校の勉強以外で自分が得意なことを探してみましょう。好きなことでもOKです。


社会にでたものの仕事がうまくいかないと悩んでいる方・・・。仕事がうまくいっている人なんて世の中で少数。


誰もが、良いときも悪いときもある。それに、仕事で成功すること、それだけが人生じゃありません。


人間関係がうまくいかないなら、無理せず距離を置きましょう。人にはそれぞれの心情があり、それがうまくかみ合わないときは誰にでもあります。


女性として自信を持てないと悩んでいる方・・・。自信に満ち溢れた女性が羨ましく感じる時もありますよね。


しかし、彼女たちは、もともとそうであった訳ではなく、いろいろな悩みや苦労を経てそうなっているのかもしれません。


また、自信があるように見えても人には見せないだけで悩んでいることがあるかもしれません。人と比べるのを止めて自分らしさを認めてみましょう。


唯一共通している人間のルールは、精神的にも肉体的にも『人と自分を傷つけないこと』。それ以外、本来ならば“こうあるべき”は、無いに等しいと考えてよいでしょう。



●明るく生きることを選ぶのは自分次第


答えのない苦難の道を生き抜くことが人生だとも言われます。しかし、ある思想では、悩みを捨てて、気楽に楽しく、明るく生きよと説かれています。


どちらをとるかは自分次第。せっかく生きるなら後者の考え方を選んでいつも楽しそうな軽やか女子になりたいですよね。



●発想の転換をしても悩む!そんなときは・・・


もし『発想の転換』だけで悩みがなくならない場合、実際にその『環境から抜け出す』ことを考えてみるのもアリではないでしょうか。



思い込んでいた“こうあるべき”を捨てて、肩の力を抜いて、いつも明るくて楽しそうな軽やか女子を目指しましょう!




前の5件 | - 心の悩み ブログトップ