So-net無料ブログ作成
検索選択
かんたん美容法 ブログトップ
前の5件 | -

10秒でできるお手軽ケア [かんたん美容法]

788474.jpg


キレイになりたいけど、忙しくてそんな時間はない!とか、面倒なことは続かない!など女性は色々とわがまま。


そんな欲張りでわがままな女性必見!たった10秒でできるお手軽ケアをずらりとご紹介します。



●朝起きたら「10秒チェック」


朝、顔を洗う前に、 鏡を見ながら顔の水分&油分をチェックしましょう。


指先を頬やおでこ、小鼻の周り、顎などを指で触ってみましょう。べたべたしているところがあれば、それは昨夜の過剰なお手入れが原因かも。


逆にカサカサしていたら、潤いが足りない証拠。顔を見ることで、お手入れの反省もできるし、どこにうるおいを与えたらよいかという、今後のお手入れの参考にもなります。



●たるみ防止に「ムンクの叫びマッサージ」


ムンクの叫びのように口を縦長に開け、へこんだ部分に手の親指の下の膨らんだ部分を当てましょう。そして10秒間クルクル回しながらマッサージ。


ほおのリフトアップに欠かせない咀嚼筋がほぐれて、たるみ防止になります。パソコン作業が多いなど、日頃無表情になりがちな人にオススメです。



●目の下のたるみには「あっかんべー」


目の下を軽く指でひっぱりあっかんべーの状態にします。そのまま、目線を上に向け、まばたきを10回。


この時できるだけ下まぶたを動かすようにするのがポイント。たるみ防止はもちろん、目が疲れている時にもオススメです。



●目の充血解消には「おしぼり蒸し」


どんなに美人でも目が充血していては魅力も半減。最近では、目の疲れを癒す温熱シートなどがありますが、外出先などでお手入れできない時に活躍するのが「おしぼり蒸し」。


お店で出された温かいおしぼりを、ビニールに入ったままの状態で目の上に乗せて10秒数えます。


じんわり温まり疲れた目元をほぐしてくれます。ビニールの上からだから、メイクが崩れる心配もなくて安心です。



●血行を良くするには「シャワーマッサージ」


顔色がすぐれない、肌がくすむ・・・それは血行不良が原因かもしれません。


そんな時は、シャワーのお湯を少し熱めにして、首の後ろ側の骨のあたりにあてて10秒数えましょう。


いきなり首をあたためることで、リンパが末端にまで流れて血行促進、桜色の肌が手に入ります。



ほかにも、いつものスキンケアの後に、10秒のハンドプレスを加えるだけでも美容効果がアップするなど、10秒あれば様々なことができます。


忙しいから、時間がないからと言って諦めずに、色々チャレンジしてみましょう。






かんたん裏ワザ美容 [かんたん美容法]

687486.jpg


1日でキレイになれるものではありません。だからと言って毎日あれこれと難しい美容法を続けるのはズボラ女子にはハードルが高すぎますよね。


毎日ちょっとの手間でキレイを作りましょう。ここでは、ズボラ女子でも続けられる簡単美容法をご紹介します。



●シャンプー前にリンスを


美髪にはシャンプー前にブラッシングが欠かせません。


とは言え、髪をこれから洗うって言うのにわざわざ髪を梳かすのは面倒。お風呂場にクシがない場合、部屋まで取りにいくのも面倒です。


でも絡まってしまった髪にシャンプーをしては髪が傷んでしまいます。


そこでまず乾いた髪にリンスやコンディショナーを付けましょう。手櫛で梳くように少し馴染ませたらシャワーでよく流し、その後は普通にシャンプーします。


シャワーで流す際は3分程度かけて良く流すようにしてくださいね。


初めにリンスをしておくことで、髪のもつれや絡まりも解消でき、シャンプー時の髪同士の摩擦も軽減できます。



●ボディケアはお風呂で


お風呂あがりに、ボディケアをするのも面倒ですよね。これからの時期、お風呂場は寒いですし裸でボディクリームを探してうろうろなんて出来ないですよね。


そこで、ボディケアはお風呂場で済ませましょう。お風呂にボディオイルを置いて置くのがおすすめです。


体がまだ濡れている状態でOKなのでそのままオイルを全身に塗りましょう。オイルを濡れた肌に付けることで良く伸び、塗りやすくベタつきも少なくなりますよ。


この時、髪にも付けてしまえば、ヘアケアまで済みますね。お風呂なら湿度もたっぷりなので、潤いをそのまま閉じ込めることが出来ます。


後は優しくタオルに水分を移すように体を押さえればケア完了です。



●スキンケアは乳液だけ


スキンケアって、クレンジングして、洗顔して、化粧水を付けて、美容液…と工程がたくさんあるのが面倒ですよね。


一度面倒と感じたら続かないものです。ネガティブな気持ちでしっかりケアをするのなら、いっそ洗顔後は乳液のみにしてしまいましょう。


乳液は美容成分も油分も含んでいるので、1本でもまあ大丈夫です。


ただし化粧水がない分、浸透を良くするためにしっかりと手で温めるようにして下さい。


ごちゃごちゃしていた洗面所もすっきりしますし、時短にもなりますね。



●メイクスポンジはカットして


ファンデーションやチークに使うパフ。しっかり洗っていますか?


1回使っただけでも雑菌がついてしまって大分汚くなるのは分かっています。次こそ洗おうと思っているのに、つい毎回メイク後には忘れてしまうものですよね。


そこでおすすめしたいのが大きめの四角いスポンジです。これをランダムに切って面を増やしておくのです。


キレイな面が増えるので洗う回数も少なくて済みますよ。一度にたくさん作っておけば、それほど面倒にも感じないはず。


細かいところもしっかり塗れるようになるのでメイクの仕上がりもキレイになりますよ。



いかがでしたか?面倒くさがりでズボラな性格だって、キレイにはなりたいもの。日々続けられる簡単な美容法で賢くキレイを作っていきたいですね。



Original Design
  らちたるや 



裸で寝る美容効果とは? [かんたん美容法]

104193.jpg


裸族はさすがに無理でも、寝ている間限定の裸寝ならできそうな気がしませんか?


裸は裸でも寝ている時だけ限定で生活に取り入れると、女子にとって嬉しい美容面での効果がいろいろとあるといわれています。


裸が良いらしいと聞いたことはあっても、「日常的に裸でいるのは無理だから!」という女子がほとんど。でも、ベッドタイム限定なら、布団という隠れ蓑もあることですし、挑戦しやすいかもしれませんよ。


そんなシチュエーション限定の裸寝であっても十分に期待できる美容効果を4つご紹介します。



●開放感と解放感


何にも縛られない体の開放感から心の解放感を味わうことができ、安眠を手に入れられるといいます。


安眠がもたらす美容効果はいうまでもありませんね。イキイキとした艶肌を作り出し、ハツラツとした気分で目覚めることができます。



●蒸れ解消


眠っている間にかく汗で、からだのあちこちはかなり蒸れます。パジャマを着ているかどうかはその蒸れを防ぐ通気性に大きく関係します。


蒸れそのものは寝心地に関係するだけでなく、実は「ニオイ」にも大きく影響するのです。脇の下、デリケートゾーンなど、蒸れやすいポイントのニオイ予防にも裸寝がぴったり。



●新陳代謝アップ


裸は着衣よりも体温調節が難しくなります。簡単にいうと冷えやすいわけです。ところが、体には自然に体温を調節しようとする働きが備わっているので、冷えてきたと感じれば、発熱作用を高めます。


それが、新陳代謝アップにつながり、肌の若々しさを保ち、太りにくい体作りにも役に立つのです。冷え性の改善にも効果的。



●ダイエット効果


新陳代謝がアップすることもダイエットにつながりますが、それ以上に驚きの効果が発見されています。


体を少し冷やして眠ると、温かい寝床の中よりも褐色脂肪が著しく増加することが分かったそうです。


褐色脂肪とは、体脂肪を減らす働きを持つ組織のこと。活性化させ、体温と基礎代謝を上げましょう。



いかがでしたか?「裸で眠る」。簡単なようで意外にハードルが高く、特に女子は普段から下着などのたくさんの鎧をつけるのが習慣化しているので、体に何もまとっていない状態は不安です。


でもこのハードル、一度越えてみると病みつきになるという声もたくさんあります。また、夏のこの時期だからこそ、挑戦しやすい裸寝ですね。


そうはいっても、体質などによって、向き不向きもありそうなので、いきなり一糸まとわぬ姿とはいわず、下着なしとかトップスだけといった部分裸から挑戦してみてはいかがでしょうか?






女子力がUPするドリンクとは? [かんたん美容法]

132681.jpg


小さい頃から給食で親しんでいますし、お風呂あがりに飲む、という方も多いこのドリンク。冷蔵庫に常備してある家も多いのではないでしょうか。


そうです、牛乳。


実は、牛乳はただ飲んでも確かにカルシウム豊富で整腸作用をもたらすので良いのですが、美しさを保つためにも使える万能アイテムなのです。


では、この牛乳を使ってどのような美容効果を得られるのでしょうか。その方法をご紹介します。



●お肌のパック


牛乳はフェイスパックにもなります。まず少し温めて、それをはちみつと一緒に混ぜましょう。混ぜた物をコットンにしみこませ、お肌につけてそのまま放置するだけで、あっという間に肌がしっとりします。


牛乳にもはちみつにも保湿効果があるので、「肌に水分が足りない」「乾燥している」と感じた時にやってみてくださいね。



●牛乳洗顔


クレンジング、洗顔後の泡を落とすために牛乳を使用するという洗顔方法があります。よく水やお湯で流した後、肌がつっぱってしまうという方は多いですよね。


しかし牛乳には保湿効果がありますから、つっぱらず洗顔なのに保湿をしてくれるのです。とはいえ、最終的には軽くぬるま湯で流し、牛乳のニオイを取りましょう。



●髪の毛を丈夫にする


牛乳の中に黒豆と黒ゴマを入れて飲むだけで、髪の毛を丈夫にする働きがあります。


季節の変わり目などで、髪の毛が抜ける時期であっても、これを飲んでおけば抜け毛も抑えることが出来ますよ。


ちょっと飲みづらいという方は、ここにはちみつを少量足しましょう。



●牛乳で美肌ドリンク


牛乳とはちみつという王道の組み合わせに、長いもとりんごを入れてミックスしてください。これが美容ドリンクとなります。


長いもに含まれているムチンが新陳代謝を促進させ、肌荒れ予防などの効果が期待出来ますよ。


同時に、牛乳と蜂蜜に含まれる保湿成分、さらにはりんごのビタミンと老廃物を除去してくれる効果が重なり、美肌に◎。



●牛乳マッサージ


塩と牛乳を大体3:1の割合で混ぜて下さい。それを人肌程度に温めます。そして指につけて、皮脂が多く分泌するTゾーンとその周辺などにマッサージをしながら塗りましょう。


そうすることで、気になるテカリも抑えられ、オイリー肌を改善できますよ。



いかがでしたか?特におすすめの牛乳の種類はありませんが、できるだけナチュラルな物を使った方が肌に刺激が少ないでしょう。


飲むのが苦手な方でも、マッサージやパックに取り入れてみてはいかがでしょうか。






美人になれる寝る前習慣 [かんたん美容法]

110822.jpg


寝る前のたった5分が、翌日の美人度を左右しますよ。この5分の行動をしたか、しなかったかで5年後、10年後の姿が変わってくるのです。


ここでは、「寝る5分前」にする美習慣をご紹介します。



1.「カモミールティー」を飲む


コーヒーや紅茶といった飲み物には、「カフェイン」が含まれています。「カフェイン」には覚醒作用があるので、寝る前に飲んでしまうと、不眠の原因になることも。


また、タバコの「ニコチン」にも同様の作用があります。お風呂あがりのアイスコーヒーやタバコはやめておきましょう。


そこでオススメなのが、カモミールティー。「カフェイン」の含有量がゼロなのはもちろんのこと、鎮静効果と美肌効果があります。


飲めば、寝ている間に勝手にキレイな肌に導いてくれますよ。温めたミルクと合わせ、ミルクティーとして飲むのも美味しく、リラックス効果があります。



2.「フランキンセンス」のアロマで部屋を満たす


ぐっすり眠れないと、肌や体に影響がでますよね。そこでオススメなのが「フランキンセンス」のアロマです。ウッディーレモンの爽やかな香りで、呼吸をゆったりさせる効果があります。


日々の疲れも癒えるので、是非、この香りで部屋を満たしてみましょう。アロマオイルならティッシュに1、2滴垂らして枕元に置いておくだけでも◎。


きっと、ぐっすり眠ることができますよ。時間が経つと香りに深みが出るのも特徴です。



3.「ホットミルク」を飲む


「ホットミルク」には睡眠ホルモンの原料になる「トリプトファン」が豊富に含まれています。飲めば、安眠できること間違いなしですよ。また、「ビタミンB2」が豊富に含まれており、毛髪の成長を促してくれます。


髪をきれいに伸ばしたい人は、寝る前に「ホットミルク」を飲みましょう。はちみつを少量加えてもOK。翌日ぷるぷるのお肌になっているはずですよ。



4.「モーツァルト」を聴く


胎児に聴かせる「胎教」としても、評判がいいクラシックといえば「モーツァルト」の曲。高い周波数の音が多いので、神経を落ち着かせる効果があるといわれています。


変調が少ないことも特徴です。目を閉じて寝る前に聞けば、副交感神経が優位になり、体をリラックスさせる準備が整いますよ。


寝る5分前に聴けば、安眠効果バツグンです。



5.「涙」を流す


寝る前に涙を流しましょう。感動出来る話を聞いたり、本を読んでその世界に浸る、泣ける話を思い出す、など手段は何でもOK。


涙を流すことが重要です。何もなくとも泣くことで、ストレスは解消されるもの。


心のバランスも整えることが出来るので、翌朝だってスッキリリフレッシュして目覚めることが出来ますよ。



いかがでしたか?どれも寝る前のたった5分で出来ることばかりです。これらの美習慣を身につけて、別人のような美人になりたいですね。




前の5件 | - かんたん美容法 ブログトップ